仮面夫婦ってなに?3つの特徴

楽しそうに会話するカップル

会話は必要最低限

仮面夫婦は形式上夫婦という形を保ってはいますが、基本的に会話やコミュニケーションがほとんどありません。必要最低限のことを話す・・・といった関係性とでも言い換えましょうか。 家族ですから何か用意があれば話しかけますし、話しかけられたらちゃんと応えます。しかしいい意味でも悪い意味でも「これだけ」なのです。 プラスアルファの会話というのもはほぼなく、雑談ということをしないのが仮面夫婦。物事を要約して相手に伝えるような間柄になってしまうのです。

セックスやスキンシップは基本的にはなし

ケンカしている男女 無駄な会話がないのですから、触れ合ってコミュニケーションを取る・・・なんてこともほとんどありません。セックス・キス・ハグなどの恋人のようなスキンシップはしません。 割り切った夫婦関係でしたら子供を作るためにセックスすることはあるかもしれません。しかしそれもあくまで「子供をつくるため」という大義名分があるからできることです。 お互いを性愛の対象として見る、なんてこともほとんどなくなってしまうのが仮面夫婦の実際のところ。寂しい感じがしますが、こういった夫婦はかなり多いです。 とくに肌の触れ合いは夫婦生活が長くなるほど少なくなっていって、どちらともなくパッタリ・・・なんてことも珍しくないありません。 とくに日本は夫婦のセックス回数がとても少ないようです。「家族として見てるからもう異性として見れない」なんて言って、家族の一員としての働きだけ求めるという形ばかり。 始めは仮面夫婦になるつもりはなくても、次第にこうしてコミュニケーションやスキンシップがなくなって仮面夫婦に陥ってしまうんですね。

子供の前では仲のいい夫婦

仮面夫婦は完全に破綻した関係ではなく、家族としての役割分担はキッチリこなすという特徴を持っています。つまり子供や家族外から見たら「いい夫婦」に見えているのです。 あそこのウチは仲がいいわね~なんて思われている夫婦の中でも、実際は仮面夫婦だった・・・なんてことも多々あります。 これはいいお父さん・いいお母さんを演じているからこその結果。仮面夫婦として割り切って、外面だけは良くしようと心がけているのです。 一見大変そうに見えますが、割り切ってしまえばそう辛くはないといいます。ただ冷め切っているので、温かみのある家族とは言い難いですね。

仮面夫婦を脱却したい・・・その理由は?

喧嘩をしている夫婦

まだ相手に異性としての魅力を感じている

仮面夫婦に一度陥ってしまっても、「また仲のいい夫婦に戻りたい」と思う人たちもたくさんいます。やはりコミュニケーションやスキンシップがなくなるのは思っている以上に寂しいことなんです。 とくに恋愛結婚した場合は、冷め切ってしまった関係をどうにかしたいと再び思うケースが多いといいます。やはり一度愛し合った関係ですから、仮面夫婦で終わってしまうのは寂しい気持ちになりますよね。 相手とキスやハグ、セックスをしたいと思う夫婦も一度仮面夫婦になるとなかなか再開しづらい・・・という部分がありますがやはり元に戻りたいならば努力すべきです。

仮面夫婦を続けるのに限界が出てきた

仮面夫婦は割り切って家族の一員を演じ続ける、いわばロールプレイングゲームです。割り切っている分余計な感情には支配されませんが、やはり気疲れはします。 精神的な負担も大きいので、長年仮面夫婦をしていると「もう疲れてしまった」と思う人も少なくないんです。 そうなるとどうにかして仮面夫婦を解消したい、という感情が生まれてきます。とくに周囲から「いい夫婦」と思われていれば思われているほど、ギャップに辟易としてくるでしょう。 仮面夫婦をするのに限界を感じてきた、というのも仮面夫婦解消の大きな理由はの一つとなっているんです。

老後も仲良し夫婦でいたい

幸せそうな老夫婦 30代・40代は仮面夫婦として冷め切った関係を続けていても・・・だんだんとそれが寂しくなってくるということも多くなってきます。 せっかく縁あって夫婦になったのに、老後もこうやって仮面夫婦を演じ続けるの?と自問自答するようになるのは子供が独立してからです。 やはり子供のために仮面夫婦を続ける人たちが多いので、子供が家を出たり新しい家庭を持つようになるといろいろ考えさせられてしまうのでしょうか・・・ 老後まで仮面夫婦を引きずるのではあまりにも寂しすぎます。いっそ離婚して新しい生活をスタートさせるか、それとも長年付き添った相手ともう一度仲睦まじい夫婦になるか。 とくにアラフィフになる、この二択を迫られる人が増えてくるのです。誰しも老後を心配するご時世ですから、しょうがない部分もあるかと思います。

仮面夫婦を脱却する4つの方法!これで冷え切った仲を解消

ディスカッションするカップル

相手の話をしっかり聞く

とにかくまずは相手の話をしっかり聞きましょう。現状の仮面夫婦としての生活をどう思っているのか、変えたいという気持ちはあるのか・・・そこを確認しないことには始まりません。 頭っから「自分はこうして欲しい」という願望を押し付けてしまうのは、あまりおすすめできない方法です。 相手の願望を受け入れてから自分の意見を伝えた方が、いろいろとスムーズにいきやすいといいます。まずは自分よりも相手の話を優先して聞いてあげましょう。

自分の考えをハッキリ伝える

背を向けている男性に謝っている女性 相手の話を聞いたら、今度は自分の気持ちを伝える番です。ここではハッキリわかりやすく、かつ具体的に意見を伝えるというのが理想になります。 「察して欲しい」「なんとなく気づいて欲しい」と思ってしまうのは女性の悪い癖です。いわゆる察してちゃん、になってしまっては仮面夫婦は解消できません。 相手に伝わりやすく具体的にハッキリ、ということは仮面夫婦解消の話し合いの上でかなり重要なこと。仮面夫婦でいた年月が長ければ長いほど・・・です。 また「自分さえ我慢すればいい」なんて考えも危険。それでは仮面夫婦を解消できたとしても、また元の冷め切った夫婦関係に戻ってしまう可能性があります。 相手の話をしっかり聞いた上で相手の意見も取り入れる・・・ということを常に念頭においていきましょう。それが仮面夫婦を脱却する大きな一歩になります。

笑顔を絶やさない

色っぽい女性 やはりしかめっ面で話し合いをするよりも、できるだけ笑顔で話を進めたほうがうまくいきます。仮面夫婦を脱してこれから血の通った夫婦になる、ということなら尚更です。 仮面夫婦でいた期間が長いとなかなか二人っきりで笑い合うなんてことはなくなっているかもしれませんが、やはり冷めた関係を解消したいのであれば笑顔で話し合いするべきでしょう。

「共感すること」を忘れない

相手の話に共感してあげるのも、相手を説得する上で重要になります。とくに相手と主張が行き違ってしまった場合、まずは共感してあげてください。 例えば「僕は仮面夫婦でいるのもありだと思う」と言われたら・・・「そうだね仮面夫婦だと○○という点では都合がいいね、だけど~」という感じで共感→意見の流れを作ります。 これをするだけでかなり話は進みます。意見が対立してしまったときには、共感から入るようにしてみてください!

まとめ

仮面夫婦で悩んでいる方は思っている以上に多く、脱却したい!と考えている人もたくさんいます。小さな一歩・話し合いから、まずは初めてみてください! 仮面夫婦解消は一日にしてならず・・・時間をたっぷりかけて、仲睦まじい夫婦関係に戻れるといいですね♪

記事が気に入ったらシェアしてね!