職場恋愛の片思いは隠せない?バレるなら告白した方が良い理由3選

2017/06/15
職場恋愛は早めに告白した方がいい!?仕事で恋愛する相手を見るける人も多いと思いますが、燻らせた恋愛感情をどう処理していいのか困っている・・・という場合はできるだけ早めに思いを打ち明けてしまってもいいかもしれません。告白した方がいい理由や、成功しやすい告白のタイミングなどを詳しくご紹介していきましょう♪

職場で恋愛が捗る人・捗らない人

仕事をしている男性に笑みを浮かべて話しかける女性

男女比が重要な要素

恋愛したいけどなかなか出会いがない・・・という方は、自分の働いている職場付近で相手を見つけるのはどうでしょうか。

仕事は一日の1/3~半分の時間を費やすものですし、職場で恋愛できたらいろいろなことがはかどりそうですよね!

ただ職場恋愛が残念ながらなかなか生まれないケースというのも少なくありません。それは男女比が偏りすぎている場合です・・・。

女性で「職場恋愛がしたい!」と思っていても、女性ばかりの仕事ですとなかなか難しいですよね。

社内に男性が比較的多い、という方は職場恋愛の絶好のチャンスです!女性ばかりで恋愛なんて絶対ムリ、という方もいる中で男性と仕事ができるのはラッキーなこと。

ぜひ恋愛に発展するような出会いを見つけてみましょう!

職場は恋愛の場所としてはおすすめ

女性の仕事の成功をハイタッチで喜ぶ男性

職場が恋愛する場所としておすすめなの理由は、単純に過ごす時間が長いから・・・というわけではありません。仕事では人間の本質を見極めることができます。

とくに仕事が忙しいときや切羽詰っているときに、どんな対応するかがチェックできるのが職場。人間は窮地に立たされたときに、本来の人間性というものを発揮していきます。

一般的な恋愛でしたら、やはり意中の相手に会っているときは取り繕った自分を見せると思うんです。もちろんそれは悪いことではありませんが、やはり「かりそめの自分」であることが多いです。

職場で精神的にあまり余裕がないときでも対応力に優れていた・みんなをサポートして窮地を脱した、なんて男性だったら信頼感バッチリですよね?

こんなふうに、職場で恋愛するということは相手をよく見れるというメリットもあるということ。職場恋愛は実はかなりおすすめなのです。

ただリスクも・・・

もちろんデメリットもあります。職場恋愛はオフォス内の限られた人間関係や空間の中で行われますから、何かこじれたときには非常に厄介です。

ケンカしたとき・なかなか仕事が忙しくて会えないとき・職場で他の異性と仲睦まじげにしているとき、などなど・・・こじれそうな可能性を多分に含んでいます。

別れる、なんてことになったら尚更面倒くさいです。元彼・元カノが同じ職場で毎日のように顔を合わせるわけですからね。

このようなリスクも持っているのが職場恋愛だ、ということは頭の中に入れておきべきでしょう。

職場恋愛はバレやすい?告白した方がいい理由3つ

相手に悟られている可能性がある

職場には、当たり前のことですがみんな仕事をしてきていますよね。そんな中で恋愛感情を持っている人間がいたら、どうでしょうか・・・?

完全にバレることはないかもしれませんが、やはりちょっと浮いてしまうと思います。恋愛感情に敏感な人がいたら、ちゃっかり気持ちが透けてしまうかもしれませんね。

そうなると逆に気まずさも出てきてしまうでしょう・・・ならばいっそパッキリと告白してしまった方が、職場環境的にもプラスに働きます。

一度芽生えてしまった恋愛感情をなかったことにする・消そうとする、というのはなかなか難しいと思いますからね。

いっそ告白してしまう、というのもアリではないでしょうか。

早めに見切りをつけて次へ!

失恋で悲しむ女性

職場恋愛をしていると、片思いでもなんだか仕事に行くのが楽しくなりますよね。今までは苦痛だった残業も、自然とはかどってしまうこともあるでしょう。

こういったプラスの効果を感じて、なかなか片思いの感情を処理しようとしない女性も多いです。それが危険な要素になってしまうこともあるので注意してください。

確かに好きな人が職場にいるのは楽しいですが、それは一種の脳内お花畑になっているだけです。本当に好きで恋人になりたいのであれば、その感情を早めに処理すべきということ。

もちろん好きになってすぐに告白する必要はありませんが、ダラダラ片思いを続けていてもなんの発展もしていきません。

思い切って告白して、成功したらまた楽しい職場恋愛を始めればいいです。ダメでもそこから新しいスタートが切れると思うと、告白する意味は大いにありますよね?

自分がどうしたいのか、というのに一度向き合って欲しいと思います。まだ恋愛感情を育てたいのか、片思いの相手と恋人になりたいのか・・・しっかり意思確認していってください!

上司・先輩・同僚・後輩でも変わってくる

社内恋愛をするカップルと上司

職場恋愛の相手によっても、告白すべきかどうかは変わってきます。やはり先輩や上司でしたら、早めに告白しておいた方が賢明でしょう。

上司や先輩は、あなたが思っている以上にあなたの感情に敏感です。自分を良く思ってくれているかどうかなんてすぐに分かってしまいます。

それにあなたよりも年上ということは、その職場での人間関係や人間の感情の機微にはより気づきやすいでしょう。そうなると、あなたの好意は早めに知られてしまっている可能性が高いです。

ヤキモキした関係のままだと、仕事にも支障が出てきてしまうかもしれませんよね。できるだけ早めに告白する・・・というのはけっこうおすすめな戦略なのです。

逆に後輩であれば、そこまでサクサク告白に持っていく必要はないでしょう。後輩はあなたが恋愛感情を持っていたとしても、なかなか気づきません。

あなたが後輩クンに良くしてあがても、それが先輩→後輩へ向けられる感情としてとくに不自然なところはありませんからね。

後輩を好きになってしまった、という女性はゆっくり恋愛していくのがおすすめです。

成功させたい!おすすめの職場恋愛の告白の仕方♪

仕事終わりに飲みに誘う

仕事が終わって二人だけでの時間を作る、というのが職場恋愛を成就させる上ではいちばん重要かもしれません。

やはり職場内のコミュニケーションだけでは足りないところが多いですから、仕事外でいかに交流を図るか・・・ということは恋愛を成功させる上でキーになってきます。

始めは二人きりでなくてもいいです。大人数、中人数で飲みやご飯へ行きましょう。さりげなく隣に座る・・・ということを忘れないようにしてください。

徐々に距離が詰まってきたら、二人での飲み・ご飯を提案してみましょう!

仕事の閑散期に告白する

仕事が忙しいと、やはりなかなか恋愛モードにはなりませんよね。告白する時期やタイミングですが、仕事の閑散期に行うとより成功しやすくなります。

間違っても繁忙期に告白しないようにしましょう。相手の心に余裕があるときでないと、職場恋愛の告白はなかなかサクセスしない・・・ということを覚えておいてくださいね!

好意を全面に出して相手に告白させる

甘え上手だったら、ぜひ好意を全面に押し出して相手に「俺のこと好きなのかな・・・」という自覚を芽生えさせてください。

相手の方も焦れったいと思ったら告白してきてくれるはずです。職場恋愛では「好意」や「恋愛感情」が伝わりやすいと言われています。

意識的に好きという光線を出して、相手をその気にさせる・・・という方法も選択肢の一つとしてあってもいいかもしれませんね。

まとめ

職場における片思いの恋愛感情はズルズル持っていてもあまりプラスに働きません。告白するのには勇気がいると思いますが、思い切って告白してしまうというのもおすすめできる方法です。

うまくいってもフラれても、あなたの気持ちの切り替えをするには告白が有効的。次のステップに進むためにも、あなたの気持ちを打ち明けていきましょう♪

Pick Up

スタイリスト・樋口かほりさんが教える! 「絶対買い!」なコスパアイテム6選

...

普通のボブにはもう飽きた! 今旬なのは ふんわりかわいいワンカールボブ♡

くるっと巻いた毛先で女性らしさと大人かわいさが出るワンカールボブ。軽やかな雰囲気は、暑くなってくるこれからの季節にもぴったりですよね。いつものヘアスタイルにひと手間プラスしてできる、ふんわり大人かわい...

黒髪でも軽やか&おしゃれにきまるコーデの小技 初デートのおすすめモテコーデ♡

就活や学校、お仕事の関係で、明るいヘアカラーができないという人もいると思います。 黒髪ってすてきだけど、どうしても真面目に見えたり、重たく見えがちで、納得のいくコーデができずに悩んでいる……という方も...

甘すぎない上品モテコーデにはストライプ柄が大活躍♡

この春大活躍のトレンドトップスは、甘めシルエットのアイテムが多く、華やかでウキウキしちゃいますよね♡ でもうっかりすると“こってり系甘め女子”になってしまう可能性も……! ...

彼ウケ抜群♡ 仕事帰りのキレイ目デート服スタイル

人気ブランドでつくる“彼ウケ”コーデ。今回はRoomy's(ルーミィーズ)池袋PARCO店のショップスタッフ金光まさえ(かねみつまさえ)さんの提案。今日は仕事帰りに彼とデート♡ そんな日のベストなスタイルは?...

こなれ感たっぷりの着こなし♡イエローをスカートに投入しよう

今季の注目カラーといえば、ピンク&イエロー♡ なかでもイエローは、爽やかで春らしいカラーですよね。今回は、オシャレさん達が魅せる素敵なイエロースカートの着こなしをご紹介します。...

Keyword