夫婦の半数がセックスレス

喧嘩中のカップル

1.結婚した夫婦の半数、5割がセックスレスである

最愛の人と結婚してラブラブでウキウキな毎日と新婚さんは浮かれますよね。ですが現状は結婚した夫婦の半数の5割がセックスレスで悩んでいます。 今、恋人がいて結婚したいと思っているならば「なぜ?」と思う事でしょう。確かに現在レス夫婦だって新婚当時は…。と思っています。

2.セックスレスが離婚の原因の上位を占めている

そしてもう1つ悲しい現実をご紹介しましょう。なんと夫婦の離婚の原因の上位をセックスレスが占めているのです。 離婚原因の1位は「不倫問題」、そして2位に義親問題となっています。問題はこの1位である不倫問題ですよね。 この原因にもセックスレスが絡んでいる確率がとても高いのです。

3.年代が上がる程にセックスレス率は急激に高くなる

そしてもう1つは年代です。20代の夫婦に比べて夫婦ともに年代があがっていく度に情事の方もおろそかになっています。 それは体力的な問題や家庭という安定しているものが確立されて男性の狩り本能が身を潜めたのか…。

SEX三昧でエッチな夫婦とセックスレス夫婦の違いは?

ベットでキスをするカップル せっかく最愛の人と結婚して毎晩OK!になってもラブラブSEX三昧夫婦と、セックスレスで悩んでいる夫婦の違いとは何でしょうか。

〇SEX三昧でエッチな夫婦の場合

1.二人の時間が多いので行為がしやすい

まず夫婦になれば毎日一緒です。仕事が休みの日ならば24時間トイレ以外は一緒という夫婦もいます。そうなればいつでもどこでもSEX三昧になるという事です。

2.マンネリ解消の為に色々なプレイをしてみる

SEXで恐ろしいのは「マンネリ化」です。毎回同じことを繰り返していればお互いに飽きて来ますよね。そうなるとセックスレスに突入してしまうわけですが、SEX三昧夫婦にはマンネリなんて皆無。 たまには違う場所や思考をこらして、いつだって準備オーケーなのです。

3.お互いに「したい」と言いやすい関係性が出来ている

ベットの上で仲良くしているカップル 妻側からするとなかなか「今日…しよ?」と言うのは恥ずかしいですね。断られたりしたらショックで百年の恋も冷めてしまう事だってあります。レスにならずSEX三昧夫婦は妻側も「したい」と言いやすい関係性が出来ています。 例えばストレートに伝えなくても、さりげなくボディタッチをしたり甘えてみたりと合図のようなものを作っておけば恥ずかしさも半減しますね。 それにその恥ずかしがる姿すら愛しき妻へ燃える愛へと変わるのです。

〇セックスレス夫婦の場合

1.子供の有無

「子供が産まれるまでは私たちだってSEX三昧だったよ」という声が聞こえてきそうですね。実際子供が産まれるとレスになる夫婦はとても多いです。理由は簡単で子供の夜泣きや1歳までならば3時間ごとに呼ばれる忙しさ。2歳位になると夜泣きはなくてもいきなり起きて来る事だってあるのです。 その中で昔のような時間をかけて愛し合うって…。というのが本音です。

2.共働きなどお互いが疲れている状態が多い

子供の有無は関係なく、共働き夫婦にはよくある状況です。朝から夜までガッツリ働いている夫とパートの主婦で想像してください。妻には身体的にも精神的にも余裕があったとしても夫は疲れ切っています。そこで妻はあわよくばマッサージをしながらそのまま…。と考えていても、夫はそのまま寝落ちする可能性の方が大いにあります。 他にもお互いに朝から夜まで働いていてSEXより寝る方が良いとなる場合もありますね。

3.毎回同じプレイでマンネリしてしまっている

これは大問題です。人間、ずっと同じ事の繰り返しでは飽きてしまいます。最初はそれでも良くても1年、2年と経てばどうでしょうか。

激白!友達には聞けない情事のリアル事情

セックスするカップル

〇SEX三昧エッチ夫婦

1.妻から誘う事だってある!

情事というと、夫である男性から誘われるものであるという考え方をしている妻がいます。ただそうなると積極的でない妻にやる気がなくなってしまうものなのです。SEX三昧夫婦は妻である女性だって張り切って頑張ります。

2.ご奉仕だって夫任せじゃない

こちらも1と同じで情事中のご奉仕についてです。レスになる夫婦は妻側が全く何もしない状態、つまりマグロ状態が多いです。 考えてみてください。自分だけ頑張って相手は「あーいいわー」だけって…。夫婦がお互いを慈しみあって支えあうようにSEXだってお互いに努力せねばいけないのです。

3.子供が寝ているから・・と声を出さずにするのがドキドキで感度UP

こう見ると「変態」と思われがちですが、あながち悪い事でもありません。人のタイプにもよりますが、秘密ごとって女性は大好きですよね。子供に聞かれたら…。もし起きてしまったら…。というドキドキが感度をあげて夫もウキウキです。

〇セックスレス夫婦

ベッドの上で途方に暮れる男性

1.基本的にSEXは「子作り」の感覚である

SEXって簡単にまとめてしまえば「子作り」です。それは間違っていませんし何百、何千、もしかすると何億年前から人も動物も行っていたものです。 ただ、子作り感覚になると女性を濡らして痛くないようにして男性が果てて終わり、それだけです。凄く寂しくありませんか?

2.忙しい時間を縫って最低限の行為のみ

共働きや子育てで忙しい毎日。出来れば寝たい…。でも浮気や不倫はされたくないからするだけしようという感じです。イメージすればわかりますが「つまらない」この一言ですよね。

3.子供がいつ起きるかわからないのでさっさと済ませて!

こちらは妻目線です。「あと何時間でミルク…。おむつ…。」行為中も妻は全く関係のない事を考えています。 「いいわ」とは言っても心では「早くすませて」。これは言わなくても態度や雰囲気で夫に伝わります。なぜなら夫婦とは言わずともわかってしまうものなのですから。

セックスレス夫婦の原因は大半が夫にある!

悲観的な倦怠期カップル

1.疲れているから正直面倒

実際に「疲れてるから」と断られてくじけた戦士が何万といるでしょう。頑張って誘ったのに…。と心はボロボロです。ただ妻としてわかってはあげたいのですがなかなか難しいところですね。

2.自分で処理した方が早くて楽

悲しい話ですが、どれだけご奉仕したとしても自分の所有物であるものを気持ちよくして、果てさせるなら自分が1番早いのです。なぜなら良いところは熟知している男性の方が多いのですから。

3.じっくり愛されたい妻と違って夫は早急に快感を求めてしまう

したいとは思うからするものの、女性と男性では感じ方や高まり方が違います。女性はじっくりと愛されて感度が上がり、高まっていくものですが男性はそうでもないようです。 これでは妻側はつまらないですね。

SEX三昧夫婦から学ぶレス夫婦の対処法

男女がベッドで顔半分出して驚いている

1.普段の生活から夫をその気分にさせる

難しいと思う妻も多いでしょうが、そんなに難しくはないのです。例えば、さりげないボディタッチをする、マッサージで男性を高めるツボを押してみるなどです。マッサージは男性は大好きですから「このツボ押すといいのよ」と言っておいて性欲を爆発計画です。

2.とにかく会話!会話をしよう

これはレスの前に夫婦関係の改善にも有効です。会話とは言っても挨拶とかありがとうとか本当に小さな事からで良いのです。男性は女性のダラダラした話は苦手ですから長々と話すよりかは、毎日1回でも会話をする、それがレスを改善する事になりますよ。

3.ムードを考えてガンガンお誘いは逆にNG

これは男性側に言いたいものですが、SEXはムードが大半を占めます。ムードが悪ければ全て台無しと断言できる程にムードは大切です。

4.マンネリは夫婦の敵!二人で乗り越えよう

好きな人とエッチする女性 1度マンネリが来てしまうと乗り越えるのは1人では無理でしょう。お互いマンネリともなればこのまま老後、または離婚なんて事もありえます。夫婦とはともに乗り越えると誓い合ったはずです。2人で乗り越えた後の幸福感、連携感…。そしてベッドインは格別なものとなるでしょう。

5.お風呂場で・・とシチュエーションを変えるのはGOOD

レス夫婦には何より覚えてほしい事がシチュエーションを変える事です。何も毎回ラブホテルに行こうとか外でしようとかそんなハードな事ではありません。例えばお風呂に一緒に入ってムードを高め合いながらその場で…。という事です。 ソファだったり深夜に静かにベランダに近づき「声を出さないゲーム」なんてしたらレスなんてすぐ解決。SEXに清楚さはいりません。変態でナンボなのですから。

まとめ

幸せそうにベットの上にいるカップル SEXとは夫婦間にとても大切なものです。結婚したらいつでもできるなんて思っているとすぐにレス夫婦の仲間入りかも?今回の記事ではSEX三昧夫婦はお互いに試行錯誤している事がわかっていただけたかと思います。どちらかが頑張っているSEXはもうやめましょう。 夫婦だからこそのパワーで今、レス夫婦の皆さんもSEX三昧夫婦も愛しい人と出来る最高の愛のスポーツを楽しみましょう。

記事が気に入ったらシェアしてね!