男女がベッドで顔半分出して驚いている

恋愛はもういい!恋愛したくないリアルな男女別の深層心理って?

2017/06/17
恋愛は男性と女性にとって素敵な経験となるはずなのですが、ふとしたことがきっかけでプラスのイメージよりもマイナスのイメージが強くなり、できる限りそのような行為からは離れたほうが良いと考えてしまうようになります。この考えが意識してのモノだったらまだよいのですが、ちょっとしたトラウマになってしまって無意識レベルで拒否反応が出ている人もいるでしょう。はたして、この原因や解消法はあるのでしょうか?

恋愛をしたくないという男女の深層心理とは何なのか?

恋愛というのは人によって重要度の位置づけが異なっており、かなり大切であるという認識の人たちと、そこまで重要ではなくしょせん遊びであるという軽い扱いの人もいます。

しかし、一部の人たちは恋愛そのものを不要であると感じてしまっていることがあり、その行為自体がいらないものだと断言してしまっている人もいるのです。

はたして、それらの考えはどこからきているのでしょうか。

忙しくてそれどころではないと感じている

シンプルな理由ではありますが、仕事や家庭環境で忙しい状況に追い込まれている人にとって恋愛は不要なものかそれどころではないものと考えられてしまうので、遠のけられてしまうことが多々あります。

この考え方の中には「自分が忙しすぎて時間を作ることが困難だからしたくない」という自分主体に考える人と、「忙しすぎる中で恋愛をすると相手に対しても集中できずに迷惑をかけたくない」という相手主体の考え方があるので、一様に同じとは言えないでしょう。

現代日本では、女性の社会進出も急速に進んでいるので男性だけでなく女性の中でもこのような声はよく出るようになり、恋愛をすることよりも自分の状況の改善のほうに全力を尽くさなければいけなくなっているので、恋愛をしたくないと考えるようになってしまうのです。

しかし、このタイプの人たちは忙しさから解放されることで、また恋愛への熱がでてくるようになりますので、深層心理というよりも表面上の理由で動けないと考えたほうがいいでしょう。

ただし、忙しさを理由にして恋愛からあえて距離を置いている人は、深層心理の中にトラウマを潜ませている可能性があります。

自分の時間を大切にしたい

こちらはおそらく多くの方が持っている考え方でしょうが、自分を大切にしたいという考え方が強い人は深層心理にこの考え方が根付いているので、無意識レベルで他人を排除しようという考え方がにじみ出てくることでしょう。

別に、攻撃をして無理やり追い出すとかそういうものではなく、自分自身が使える時間、所謂プライベートの時間を他の人のために使いたくないという考え方があり、できる限り自由な時間は一人で使いたいと思ってしまうようになってしまったのです。

これは筆者を筆頭に当てはまる人が非常に多いのではないでしょうか。

誰にも会いたくない

これは一時的な考え方になってしまうかもしれませんが、誰にも会いたくないという考え方が根底にある人たちというのは、人と接触する必要があり、コミュニケーションをし続ける必要性も高い恋愛を億劫に感じる人が多くなります。

先ほど説明した自分の時間を大切にしたいという考えにちょっと似ていますが、こちらの場合は仕事の失敗や日常の疲れによって体力も気力も消費してしまっているので、これ以上負担になる可能性の高い行為は避けたいという考え方が出ているのでしょう。

要するに、自分の時間を大切にしたいという人たちは趣味等のプラス方面にかじをきっているのにたいして、こちらは人に会うのも疲れる状況に陥っているためにほおっておいてほしいというマイナス方面にかじをきっていると言えるでしょう。

恋愛をしたくないという男女の深層心理の原因は何?

男性と女性は同じ人間でありながらも思考回路が違うので、異なる発想や考えに行きつくことが多くあります。

そのため、男性と女性ではその深層心理における考え方には異なっている部分が多く、比較してみると似ているかもしれないけど違いが出てくるものなのです。

仮に、このような思考に陥っている人たちと恋愛をしたいと考えているのなら、無意識レベルでの思考パターンをある程度読み切る必要性が出てきます。

それでは、男性の場合と女性の場合と分けて考えていきましょう。

男性の場合

男性の考え方の根底にあるのはいわゆる、恋愛に使う労力や時間及びお金が割に合わないという考え方でしょう。

いわゆる、それらの労力やお金をコストとして考えているため、このコストに見合わないと考えてしまうと、一瞬で身を引くようになるのであらゆる女性から手を引こうと考えてしまいます。

コストを消費して入手できるものにはそれ相応の対価を入手したいと考えているのですが、恋愛というのは計算できない部分が多く一瞬ですべてが無駄になってしまう可能性もありますので、そのような博打をうつ必要性のある行為は無駄であると思ってしまっている人が増えております。

この考え方は保守的な日本人ならではの思想で、たとえリターンが少なくても必ずそのリターンが戻ってくるものを選ぶ、つまりローリスクローリターンなものを選ぶ人が多いというのが恋愛をしたくないという考え方に結びついてしまっております。

恋愛やその後の結婚をハイリスクハイリターンと捉えている人たちは、恋愛の必要性もそこまで感じられないでしょうし、結婚なんて絶対にしたくないと考えてしまうようになります。

また、男性の場合は自分で稼いだお金を使われたくないという考え方が深層心理に潜んでいる可能性もあり、恋愛対象を結局は他人であると捉えていることも多くなっています。

一部の人たちは、手に入る確率が低い現実の女性よりも、確実にものとして入手できる漫画やアニメといった2次元世界のキャラクターにお熱の方々もます。

そのような人たちも、根底にはコストに合わないという考え方があるのではないでしょうか。

女性の場合

男性と同じくコストパフォーマンスを考えている人もかなり増加しているようですが、それよりも増加傾向にあると言われているのが友達との約束や遊びのほうを大切にするという考え方です。

人によっては彼氏ができたとしても同性の友達との遊びを優先したいため、適当な理由を付けてデートの約束を取り消したいと考え、しまいにはその適当な理由を考えることすら面倒と感じて別れてしまおうという結論に達してしまうと言われております。

全く恋愛をしたくないわけではないのですが、最も大切なのは自分自身であり、自分自身の環境が整ってきてから、恋愛をしたいと思っている人も中にはいるようですが、主体は自分なので身を削ってまでお付き合いする人は減っていると言えるでしょう。

要するに、こちらの考え方の基本となっているのは男性と同じくハイリスクハイハイリターンではなくて、ローリスクローリターンになっているということです。

ただし、こちらはチャンスがあればトライしたいと考えている人たちが男性の恋愛したくない脳の方々よりも多いように感じられます。

恋愛したくないというトラウマの具体例は?

先ほどの深層心理以外にもトラウマを植え付けられてしまっているために恋愛できないという考え方になっている人もいます。

いくつか具体例を列挙していきましょう。

浮気される

シンプルですがなかなかにダメージが大きいのが浮気です。

浮気されてしまうと裏切られたと感じてしまうので、どのような性格の人であったとしてもダメージを負うことになります。

都合の良い男or女扱いされる

いわゆる、お金目当てとか体目当てという考え方で付き合っていたということが判明すると大きなダメージを負うことになります。

ドラマである「お金目当てだったのね!」とか「身体しか興味がない!」というセリフを自分自身の立場で体現することになると、相当のトラウマになります。

人によっては人間不信になってしまうでしょう。

ストーカー被害にあう

ストーカー法案は昔よりも整いつつありますが、ストーカー被害はなかなか減りません。

実際にこの被害にあってしまった人たちは異性に対して極端におびえるようになってしまい、異性そのものが信用できない存在と考えるようになってしまいます。

トラウマを乗り越える方法はあるのか?

一度は体験してしまったトラウマは、その人を長期間にわたって苦しめ続け、心も体もダメージを負い続けることになってしまいます。

植え付けられたトラウマを乗り越えるのは非常に難しいですが、具体的な方法はあるのでしょうか。

全て許すという考え方にする

答えはなかなか申し上げられませんが、具体的に乗り越えてきた人たちの声の中でも具体性があり、実現性が高いものと共感したためやり方として紹介します。

これはトラウマになっている原因を許すというやり方で、許すことができれば認めることができるようになり一歩前進できるようになります。

過去の思い出をリセットする

これも実現できれば克服できるものではありますが、なかなか難しいものと言えるでしょう。

しかし、思い出をリセットすることができればトラウマを克服しやすくなるため可能なところからチャレンジしてください。

具体的には、その人との思い出の品物はすべて捨てるとか、そのトラウマを紙に書いて再確認した後に破り捨てるといった行為になります。

頭の中で考え続けても悶々としてしまうので、一度紙に書くと意外とスッキリすることがあるのです。

恋愛をしないメリットを見つめなおす

赤いセーターをきた男性を女性が抱きしめながらこちらを見つめている

コストパフォーマンスで恋愛を捉えている人が増えているので、そのような人たちが恋愛をしないことでどのようなメリットを得ているのかを考えてみましょう。

自分の時間を確保できる

シンプルな理由ではありますが、これが非常に大きいのではないでしょうか。

恋愛をしないということはそれだけ時間を確保できるようになるので、その時間を自分の好きな行動に費やせるようになります。

お金がかからない

恋愛はどうしてお金がかかります。

イベント代金や旅行代金や、衣服の代金やデートにかかる費用など、いろんな面でお金がかかってしまうものなのです。

恋愛をしなければこれらのコストが浮きますので、日常生活が楽になります。

恋愛をしないデメリットは何か

女性からのお願いに背を向けている男性

次に恋愛をしないデメリットとはどのようなものがあるでしょうか。

デメリットを理解することで、新たな恋愛の気持ちがわいてくるかもしれません。

今までと違う体験ができなくなる

恋愛は友達付き合いとは大きく異なる場面があるため、今までの人生経験では味わうことができない気持ちや感情を手に入れることができます。

思い出としても残り続けますので、人生の中でも重要な記憶となってくれることが多いのです。

それらの状況や気持ちを入手できなくなるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

異性への理解が深まらないので接し方がうまくならない

友達はどうしても同性が多くなりがちですので、同性の人たちとの付き合い方は自然とできるようになるのですが、異性との付き合い方や接し方はなかなかうまくなれません。

しかし、恋愛をすることで異性との接し方を必死に勉強するようになりますので、理解が深まって接し方がうまくなります。

これは社会人としても非常に優れた技能として表れてきますので、重要な体験ともいえるでしょう。

しかし、恋愛を全くしないという方はいつまでたっても異性との接し方を学ばないので上達する機会は一気に減ります。

恋愛イベントが楽しくない

クリスマスやバレンタインデーなどは恋愛を全くしていない人たちにとってはどうでもよいイベントと感じるでしょうが、恋愛をしている人たちにとっては貴重な一日となりますので、その日の重要度が増し、イベントが楽しいと感じるようになるでしょう。

つまり、恋愛をしない人たちにとってはそれらのイベントはどうでもいい一日として通り過ぎてしまうということです。

日本の未来の恋愛事情予想

部屋でイチャイチャしているカップル

こちらは今後の日本の恋愛事情がどうなるのかを推察するというものです。

30年前の恋愛事情と今の恋愛事情は大きく異なっていますが、ここから10年後、20年後も大きく変わってくるのは必然と言えるでしょう。

はたしてどのように変わっていくのでしょうか、皆さんも一緒に予想しましょう。

恋愛する人が激減する?

これは推測ではありますが、おそらくもっと恋愛をする人が減少して結婚をする人が減少すると思われます。

その理由はいたってシンプルで、恋愛以外にも楽しいものがいまだに増え続けているからです。

スマートフォン一つであらゆる情報コンテンツを入手できるようになり、無料で動画を大量に見られる時代に突入していますが、今後も無料や格安で入手できるような楽しいコンテンツや商品が増え続けるのなら、異性にかける時間が減少してそちらのシンプルで楽しいものに熱中するようになってしまうでしょう。

お見合いや出会いの場が増える?

しかし、一部の方々の結婚願望や恋愛願望は絶対に消えませんのでそのような人たちを合わせようとする場所は増えるのではないでしょうか。

恋愛をしたいとか結婚をしたいと考える人が減れば、それだけパートナーを探すのが厳しくなるので、パートナー探しが簡単になる場所の提供がより多くなると思われます。

つまり、本格的な恋愛や結婚をしたい人たちは昔のようにお見合い主体になるかもしれないということです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は恋愛したくないリアルな男女別の深層心理を探ってきましたが、その深層心理にはコストパフォーマンスに合わないというものがあり、より金銭面でシビアになっている人が急増しているということが分かっていただけたと思います。

現代社会はスマホもネットもパソコンも無い時代と比べて経費が掛かりすぎるため、生活が苦しいと感じている人が非常に多く、どうしても経済的な面で強くならざるを得ません。

その代償として、お金がかかる行為はしたくないという深層心理が根付いてしまったのではないでしょうか。

Pick Up

スタイリスト・樋口かほりさんが教える! 「絶対買い!」なコスパアイテム6選

...

普通のボブにはもう飽きた! 今旬なのは ふんわりかわいいワンカールボブ♡

くるっと巻いた毛先で女性らしさと大人かわいさが出るワンカールボブ。軽やかな雰囲気は、暑くなってくるこれからの季節にもぴったりですよね。いつものヘアスタイルにひと手間プラスしてできる、ふんわり大人かわい...

黒髪でも軽やか&おしゃれにきまるコーデの小技 初デートのおすすめモテコーデ♡

就活や学校、お仕事の関係で、明るいヘアカラーができないという人もいると思います。 黒髪ってすてきだけど、どうしても真面目に見えたり、重たく見えがちで、納得のいくコーデができずに悩んでいる……という方も...

甘すぎない上品モテコーデにはストライプ柄が大活躍♡

この春大活躍のトレンドトップスは、甘めシルエットのアイテムが多く、華やかでウキウキしちゃいますよね♡ でもうっかりすると“こってり系甘め女子”になってしまう可能性も……! ...

彼ウケ抜群♡ 仕事帰りのキレイ目デート服スタイル

人気ブランドでつくる“彼ウケ”コーデ。今回はRoomy's(ルーミィーズ)池袋PARCO店のショップスタッフ金光まさえ(かねみつまさえ)さんの提案。今日は仕事帰りに彼とデート♡ そんな日のベストなスタイルは?...

こなれ感たっぷりの着こなし♡イエローをスカートに投入しよう

今季の注目カラーといえば、ピンク&イエロー♡ なかでもイエローは、爽やかで春らしいカラーですよね。今回は、オシャレさん達が魅せる素敵なイエロースカートの着こなしをご紹介します。...

Keyword