Big shutterstock 286739063

目次

女性に聞く!連絡がない不安

女性がスマホを見てうんざりしている

心変わり

毎日連絡をくれた彼氏から、急に連絡がなくなると「自分に興味がなくなったの?」「他に好きな人が出来たの?」と、誰でも疑心暗鬼になりますよね? そういえば、最近、「彼氏との距離感が近くなり過ぎてしまい、ついわがままを言ってしまっていたかも?」と、あなたにも思い当たるふしがあるかもしれません。 とにかく自分の非が原因で、彼氏から連絡が来ないと思ってしまうものです。こうして悩んでいるのに、いきなり連絡を絶つというのは、ちょっと酷いですよね?

浮気

頭を抱える女性の後ろで男女が楽しそうにしている 次に彼氏から連絡がない時に不安なことは、「浮気」ですよね?「浮気をするような彼氏じゃない!」とわかっていても、いざ彼氏から連絡がないと、マイナス思考になってしまいます。 その感情はよくわかります!好きであれば声が聞きたいと思いますし、放っておくのも心配になります。「あなたは私を放っておいて、大丈夫なの?」と彼氏に言いたくもなります。 自分がこうして悶々として連絡を待っている間に、彼氏は他の女性と楽しく過ごしているのかもしれないと考えると、本当に生きた心地がしません。

不測の事態

あんなに仲が良かった彼氏から連絡がないのは、「何か事故に遭ったのか?」、「急病で病院に運ばれた?」など、不測の事態も考えられます。 また、仕事でトラブルが発生し、落ち込んでいるかもしれないと考え、こちらから連絡する事もためらいますよね? 彼氏はもしかしたら、精神的に落ち込んでいて、あなたにその姿を知られたくないために、連絡をできずにいるとも考えられます。

理想の彼氏の連絡頻度は?

微笑みながらメールをする女性

第5位】週1回

少数派ですが、毎日連絡をすると話すネタにも困ってしまうし、飽きてしまうので週1回の連絡頻度が良いと考えている人もいます。 それでも「最低でも週1回は連絡をしてお互いの生存確認をしたい」と考えているようです。 また、「次に会う約束の連絡だけでいい」と思っている人もいて、女性だから毎日連絡したいと思っているとは限らないようです。

【第4位】用事があるときだけ

電話やメールが嫌いな人は男女問わずいます。また、同時にそれらをただ単に、連絡手段としか思っていない人も結構多いものです。 「連絡を頻繁に取りたいとは思わないから、よほどのことがない限り連絡はしない」、「用事もないのに毎日連絡するのはしんどい」、「用がないのに必要性を感じない」が主な理由のようです。 結構ドライな人もいますね?

【第3位】1日おき

1日おきを理想と考えている人は「毎日だと話すネタがなくなる」、「毎日だとお互いに負担になるからちょうど良い」と考えているようです。 特に、元々お互いに必要以上に話さない人同士や、つきあい初めのカップルには1日おき位が、適当なのかも知れませんね? このペースなら、沈黙が走ってしまったりすることは、避けられるかもしれません。

【第2位】週2、3回

週2,3日と考えている人は、「毎日だとなんとなく義務的な感じがするけど、週1回だとなんとなく寂しい感じ」と思っており、このくらいがちょうど良い距離感だと考えているようです。 また、「毎日だと疲れるからこのぐらいがちょうど良い」と考えていて、お互い信頼できる関係であれば、週に2,3日でも不安になることもないのかも知れませんね?

【第1位】毎日

やはり多くの女性は、彼氏から毎日連絡が欲しいと思っているようです。 「その日の出来事をその日のうちに聞きたい」「最低でも週に2、3回はたとえ用事がなくても、連絡を取りたい」と思っている女性が大半のようです。 例えば、「おはよう」や「お疲れ様」「おやすみ」などの挨拶だけでも、1日1回は彼氏の声を聞かないと不安になるようです。 興味深いのは、男性側も女性の理想とほぼ同じ回答をしている事です。 男性も「毎日連絡をとりたい」人が最も多く、連絡頻度が低くても大丈夫という男性は、女性よりは割合は少数ですが若干高めです。 男性は女性ほど彼女に頻繁に連絡したいとは考えていないのでしょうか。

男性の本音!連絡しない理由

忙しい

彼女に連絡したいとは思っていても、優先順位は仕事が1位で彼女が2位と考えている男性も多いものです。 男性は女性が考えているより、仕事での成功がとても大事なことなのです。 忙しくて仕事のことで頭がいっぱいで、帰宅しても疲れてしまい、彼女に連絡する気力がないのかもしれません。 または、あなたに連絡しようと思っていたら、取引先からクレームが入り対応に追われていて連絡をし損なっているのかもしれません。

面倒臭い

携帯を置いといて寝ている男性 男性にもズボラな人は結構います。連絡がない彼氏には、実はこのタイプが多いかもしれません。 好きな女性へのアプローチはとても積極的ですが、いざ射止めてしまうと、連絡もマイペースで、急に途絶えたりします。 しかし、このタイプの男性は、けっして悪意はなく、しばらく待っていると必ず連絡が来るのです。 自分の彼氏がこのタイプであれば、あまり彼氏に連絡を強制するのは逆効果なので、放っておく位の余裕を持った方が、お互いに居心地の良い関係が築けるのかもしれません。 女性は「どんな些細なことでもいいので、彼氏から連絡して欲しい」と考える人が多いですが、男性は「些細なことならわざわざ連絡する必要がない」と判断します。

駆け引き

携帯を持って女子を睨む男子 連絡をしないことで、相手の気持ちを確かめる。これって女性に多いと思われがちですが、実は男性にもいるんです。 連絡を絶つことによって、相手を心配させてより自分に興味を持たせるやり方ですね? また、連絡が遅れるのは、「あなたに興味がない」という本心とは裏腹なものなのです。 すぐに返信すると、好意を悟られてしまい恥ずかしいという気持ちが働いて、そういう行動に出てしまう男性もいます。

心変わり

すれ違いカップル もう好きではなくなったので、連絡はしたくないという「心変わり」で連絡を絶つ男性がいます。 とてもあからさまに感じてしまいますが、男性は基本的に好きな人以外との連絡は無駄なものだと考える傾向があります。 連絡をしない男性は、わざと連絡をしないことが意思表示と考えており、相手に自分の気持ちに気づかせようという本音が隠れています。

1人の時間が欲しい

楽しそうにスマホを見る男性 男性は、自分の趣味を邪魔されることをとても嫌がります。特に仕事が多忙な男性は、「自分の趣味を邪魔しないで欲しい」「自分の時間が欲しい」と常に思っています。 それを邪魔されてしまうと、彼女の存在が疎ましく感じてしまう男性もいるのです。 彼女を作ると、1人の時間がなくなってしまうので、あえて彼女はいらないと公言する男性もいます。 付き合っている彼女のために時間を使うことが億劫で、束縛されているように感じてしまうのかもしれません。

連絡がない時こそ、考えよう!

スマートフォンを笑顔で見る女性

男女の認識のズレを理解する

連絡がない男性だから、100%あなたが嫌われているとは言い切れません。男性と女性の心理の違いを少しでも理解すると、少しは楽になるかもしれません。 女性は割とこまめにメールの返信をしますよね?それは女性が、相手の言葉や気持ちが重要と考える傾向にあるからです。 男性はというと、言葉よりも現実が重要と考える傾向にあります。自分が彼女を好きな現実が最も大切であり、それを無理に形にしようという考えになりません。 なので、彼女とはうまくいっている、気持ちも通じ合っていると安心してしまっている可能性が高いのです。

彼は本物のパートナーかを見極める

カップルがハートのパズルを作っている 男女のお付き合いはスタートであり、けっしてゴールではありません。 彼氏から連絡がない=気持ちがないの?とメールなどの返信だけで、彼氏の自分への愛情を判断してしまう女性が多いのも事実です。 男性の性格によっては、安心しているからこそ、連絡をしない場合が多々あります。今までの彼氏を振り返ってみると、不安なことはありましたか? ここで少しだけ立ち止まってみて、彼の性格、二人の価値観のズレなどについて、ちょっとだけ考える機会を持ってみませんか? 2人の良い関係を保っていくためにも、今焦ってしまい思わぬ結果を招いてしまったら、もったいないですからね? 特に付き合いが長くなると、お互いに安心してしまい、相手のことを理解しているつもりになりがちです。

自分一人の時間を大切に過ごす

心の悩みが晴れて喜んでいる女性(風船) あなたは連絡しない彼氏に、モヤモヤした気持ちのまま、勝手に不安になり、自分を苦しめていませんか?筆者も経験がありますが、待っている時間がとても無駄に感じてしまい、余計イライラしてしまうのです。 浮気をしている心配がない彼であれば、連絡がない時間を自分のために使いましょう。彼氏からの連絡がないことで悩んでいるあなたは、とても心が疲れています。 少しだけ彼氏の事は忘れて、友達と出かけるのも良いですし、部屋で趣味に没頭するのも良いでしょう。 1人暮らしの人は実家に帰って気分転換も良いです。そうしているうちに、彼氏から何事もなかったように、連絡がくるかもしれません。 彼氏の存在は、自分の寂しさを埋めてくれるものではないという事に気づく事が大切です。彼氏と会う時までに自分を磨いておきましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。