Middle shutterstock 567805189

目次

付き合って3年目は大事な年

お互いのことがわかる

付き合って最初のころはお互いの性格や好みや癖などはまだそこまで理解していなかったと思いますが、付き合って3年も経つと「いつもあの飲み物も飲む。」「映画はどういうのが好き。」など好みや癖などが口に出さなくても分かってきます。お互い一緒にいて居心地がいい頃でもあります。

色んなイベントをある程度経験

3年も一緒にいると、クリスマスやお正月などのイベントも経験していますが、花火大会や旅行などのカップルらしいイベントなどもある程度経験している頃です。喧嘩なども経験して頃なので、これから先もずっと一緒にこの人と一緒に過ごせるかどうか判断ができる年でもあります。

落ち着いて考えれる

付き合いたてはお互い大好きで気持ちも盛り上がっていますが、3年経つとお互いの気持ちが少しはいい意味で落ち着いてきます。そしてお互いのいいところや悪いところも冷静に見ることができます。感情だけではなく、落ち着いて2人の将来について考えることができる大事な年です。

3年目あるある

倦怠期

3年目ともなると、いい意味でも悪い意味でも感情に落ち着いてくる頃です。2人でいるのが当たり前にもなっていますし、デートなどをしてもいつも同じパターンになってしまい、刺激がなくなっています。カップルの年齢にもよりますが、若いと刺激がないと一緒にいることがつまらなく感じてきます。

同棲

3年も一緒に付き合えたなら同棲してもいいかなと同棲するカップルもいます。ただ、付き合って3年目での同棲となると結婚を意識しての同棲の可能性が高いです。両親にもキチンと挨拶してからの同棲なら、結婚も目前です。

愛じゃなくて情になる

嫌いじゃないから一緒にはいるけど、もう以前のような愛はないと感じるカップルも増えるのが3年目。しかし決して嫌いというわけではないため、別れるという選択はなくて、ついダラダラと付き合ってしまうパターンも多いのが3年目の怖いところです。このダラダラ感が続いてしまうと、時間だけが過ぎてしまいます。

別れる

ケンカしている男女 ズルズルとお付き合いをするという選択をするカップルもいますが、3年目とキリがいいというのもあり、別れを選択するカップルも多いです。筆者も3年で別れたことがあります。3年付き合ってきたら、もう相手のことも分かっているし、お互い時間ももったいないということで別れを選択しました。

浮気

お互いの嫌なところが見えてきて、いいところが見えなくなってしまうのが、お付き合い3年目。お互いのパートナーじゃない人に目がいってしまい、そのまま浮気をしてしまうのも多い3年目です。他の人に目がいくなら別れてからすればいいのにとなるのですが、情などがあって別れていないのも3年目になります。

結婚

別れや浮気も多い3年目ですが、結婚も多いのが3年目です。それだけ人生の岐路が別れる年です。3年も付き合えたなら、これからこの人となら一生一緒に過ごしていけると実感して結婚を選択するようです。お互いのことを知るのにちょうどいいお付き合い期間が3年だと感じる人が多いのでしょう。

4年目までに起こりうること

手を繋ぐ男女

子供ができる

長く付き合っているカップルにあるあるは“子供ができる”です。できちゃった婚という言葉があるように、お付き合い中に子供ができて結婚するカップルも多いです。また、避妊に気をつけていても正しい避妊方法でない場合は、妊娠する場合もあります。 あるいは3年付き合って避妊してこなかったからできないと思っていたのにできた、というカップルも筆者の友達にいるので、4年目に妊娠する可能性もあります。

転勤などで遠距離

駅のホームで抱き合うカップル お互いの年齢や職業にもよりますが、転勤や転職などで遠距離になる可能性も出てきます。今までは会いたい時に会える距離だったのが、遠距離になると中々会えなくなって辛い時期でもありますが、2人の関係がぐっと盛り上がる時でもあります。このまま2人の関係が続くか大事な試練です。

周りが結婚する

付き合って3年が過ぎると、友達や親せき、会社の人たちも結婚したりもしてきます。その結婚式に参列したりする機会も増えてきて、彼との結婚を意識してくる時期に突入します。彼氏もまた同様に色んな人たちの結婚式に参列したり、周りの人に結婚を急かされる時期になります。

気持ちが冷める

悲観的な倦怠期カップル 付き合って3年目の時は、まだかろうじてあった情さえもなくなってしまう時期なのが3年目以降。気持ちが急になくなってしまい戸惑うかもしれませんが、別れの時期でもあるため、仕方がないのかもしれません。

親が結婚を急かす

もちろんお互いの年齢にもよりますが、付き合って3年以上と聞くと、「そろそろ結婚は?」と思うのが周りです。特にお互いの親からすればまだ結婚していないの?と不安に思っているかもしれません。親世代としては、男の子なら早く結婚をして家庭を持ってほしいと思いますし、女の子ならあんまり待たせてはいけないと思って急かしてしまいます。 そしてあまり長く付き合うと別れてしまうのでは?と思って心配してしまいます。離婚は別れるのに労力がいりますが、カップルの別れは離婚に比べると大変ではないので、3年付き合ったなら結婚してほしいと親は思ってしまうものです。

付き合って3年目の別れをジンクスを乗り切る方法

男性に抱き着く女性

スキンシップは大切に

これは結婚でもそうですが、2人で一緒にいる時間が長くなればなるほど、スキンシップをあまりしなくなるカップルが多いです。スキンシップは年齢とともにあまりしなくなるという人もいますし、言葉で愛を伝えるのも大切ですが、スキンシップも大切です。肌の温もりで伝わる愛もあるので、別れを乗り切るためにはスキンシップも大事にしましょう。

旅行に行く

仕事の都合などもあるので、中々旅行にはいけません。だからこそ、いつもと違う日常を求めて旅行に行ってみてはいかがでしょうか。日本でもいいですし、思い切って海外に行って羽を伸ばして2人の空間を楽しむのもアリです。 結婚したら家計も1つになりますし、子供ができたらなおさら旅行には簡単に行くことができなくなります。なので、別れを乗り越えるための非日常を楽しむというのもありますが、2人の思い出として行くのも楽しいです。

記念日を祝う

ケーキを食べさせる女性 2人の記念日を祝ってみてはいかがでしょうか。ちょっと高いレストランでお祝いしてもいいですし、あまり外が好きでないのであれば、ケーキを買って、料理を作って家でお祝いでもいいです。お互いにプレゼントや手紙などを交換しても思い出になります。“いつも一緒にいてくれてありがとう。”と感謝の気持ちを伝えるのが大事ですし、初心に戻ることもできます。

1人の時間も大切に

お付き合い3年となると一緒にいることが当たり前になってくる頃でもあります。そして一緒にいすぎて窮屈になることも…。そういう時は1人の時間もお互い大切にして息抜きができるようにしましょう。1人で映画を観に行ったり、マラソンをしたりなどして1人の時間を楽しむことで、2人で会った時の時間を大切にしたくなるものです。

結婚を考える

お付き合いして3年となると結婚を意識してもいい期間です。お互いの将来の話をしたり、結婚式を挙げるためにはお金もかかるので、2人でお金を頑張って貯めようと話しあってもいいでしょう。お互いの将来が決まれば、倦怠期もどこかにいって結婚まで楽しい日々が過ごせそうです。

分かれ道になる3年目

付き合って3年目はお互いのことを知っているからこそ、別れるか結婚するかなど別れる大事な年です。自分はどうしたいか、彼はどういう風に考えているかなど、よく考えて3年目を過ごしましょう!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。