同棲はストレスがたまるもの?

男女がベッドで顔半分出して驚いている 家賃が半分になるから。いつも一緒にいられるから。結婚を決める前の予行練習。同棲をはじめるきっかけは様々ですが、多くの人が同棲してみて彼氏彼女の見方が変わったようです。 同棲ってしない方がいいの?出来るなら知らないでいたかった彼氏・彼女の一面を見ちゃってからショックで異性を見る目が変わったという人も少なくありません。 お付き合いに慣れ始めた同棲カップルのあるある話を覗いてみましょう。

同棲してみてわかること

女性が頭を抱えている そんなに気にするほどことでもないけれど、一緒に暮らさないとわからない同棲あるあるってありますよね。まずは、そんな小さなあるあるから・・・。

男も女も部屋ではだらしない

同棲後に相手の見方が変わりましたか?というアンケート結果で多くの男女が「彼氏・彼女が部屋ではだらしない格好をしている」ことを気にしていました。 特に注目したいのが、女性は家でもいつも化粧をしていると思っている男性が多かったこと。彼女のすっぴんを見て「だらしない」と感じたという人までいました。 これから同棲や結婚をしようと思っている女性は、彼にすっぴんを見せるか見せないか、よく考えてから決めた方が良いですね。

意外な趣味が発覚

同棲あるあるで、趣味のことで相手にびっくりされたのは男性に多かったです。特に男性は収集癖がひどく、アイドルグッズやアニメのフィギュア、ゲームソフトや車やバイクの雑誌など様々な物を集めていて部屋が物だらけに! それぞれ一部屋ずつあるならいいけれど、広めのワンルームを2人で使用するとなると彼の趣味のグッズで部屋が占領されておかんむりの彼女がとっても多いんです。

テレビの好みが全く合わない

デートの時に話さなければ絶対にわからない家での生活。私の友人Aは、子供の頃以来久しぶりのチャンネル争いを同棲相手で体験したと言っていました。 あなたは彼の好きなテレビ番組を知っていますか?自分が見たい連ドラの裏でやってるアクション映画。彼とチャンネル争いをしたりしていませんか? つまらないことと感じがちだけど、そんな好みの違いが2人の距離を広げたりすることがあります。

同棲カップルのトラブル7選

ダイエット食材 同棲あるあるのジャブはこのくらいにして、多くのトラブルの素となるあるある話をご紹介しましょう。

1.作った料理にダメ出しされた

同棲して困るのは「女性だから料理は出来るもの」と思っている男性が多いことです。私の友人は、遠距離恋愛が嫌で地方から東京の彼の住むアパートへ転がり込みました。 でも、その彼女は今まで親と同居で料理経験がまったくゼロ。唯一作れるのがレトルトを利用した麻婆豆腐。 さすがに1週間続けたら彼からダメ出しされましたが、あまり料理上手にはなれないまま破局してしまいました。 別れた理由は料理ではなかったけれど、とっても苦労している姿を見ました。同棲をはじめるには、少しは料理が出来るようにしておくと良いかも・・・。

2.料理を作ってもらったらものすごい出費

男性が料理をしている これは私の体験です。今は結婚して、離婚しましたが結婚する前に2年ほど籍を入れずに同棲してました。 男の人って時々何かやりたがることってありますよね。彼が突然「料理する」と言い出して作ってくれたのはビーフシチュー。 味はとっても美味しかったけれどお肉や調味料にこだわって、ものすごい金額のビーフシチューを食べました。 せっかく作ってくれたけど微妙な心境でしたね。味が良かったので余計に・・・。毎日これを作れと言うのならその分働いてくれれば問題ありませんが。

3.趣味のグッズが多すぎる

定期的に出てくる「夫のフィギュアを捨てる妻」スレッドをご存知ですか?知恵袋やはてぶで夫の私物を捨てる鬼妻について話題になります。 奥さんが悪い、ものを集めすぎる旦那が悪い。意見は両極端ですが、そのことからも分かる通り、男性はとかく趣味にお金を使いたがるものです。 自分のお小遣いの範囲で集めるにしても、部屋を圧迫するのは許せません。集めるだけなら良いけれど、そこから派生する別の問題にもつながってきます。それは・・・。

4.私のこと家政婦と思ってる?

女性から顔を背ける男性 同棲カップルの女性の悩みで多いのが、男性が家事をまったくしないこと。同棲は、ほとんどのカップルが家賃など折半にしているでしょう。 家賃を半分払っているのだから、家事も半分にして欲しいと思う女性は圧倒的です。更に、趣味グッズで部屋が乱雑になり、それを自分の家事をしないせいだと言われたら・・・。 堪忍袋の緒が切れるというものです。

5.自分がいない間に女を連れ込んだ

彼氏の浮気性が発覚して大問題になったカップルもいます。彼女は女性にしてはショートカット。彼氏も普通の男性に多い一般的なヘアスタイル。 掃除をしていて、長い髪の毛が落ちていて彼が2人の部屋に女性を連れ込んだのがバレたそうです。同棲している部屋にあがりこむ相手の女性も女性ですよね。 彼氏を問い詰めたら、同棲中に他にも何人かの女性を連れ込んでいたそうです。結婚する前に浮気性な彼氏だとわかってよかったですが、された方はたまったものではありません。

6.パンイチでウロウロしないで

ベッドの上で目を隠している女性 ある程度家ではくつろぎたいから、どうしてもラフな部屋着スタイルになりがち。でも、それにも限度があります。 特にトランクスを履いている男性は要注意。パンイチでウロウロしていると、あぐらをかいて座っているトランクスの隙間からアレがチラチラ・・・。 変な毛を落としながら歩いているようなものだし、いくらリラックスできるとしてもトランクスのパンイチは女性からしたら勘弁してほしいです。

7.いつの間にか彼氏がヒモ状態

ルームシェアならいざしらず、彼氏と彼女の間柄なら折半にしている家賃も、たまにはどちらかが持つということもありますよね。 彼氏が急に仕事を辞めてしまったので再就職までと思って家賃を負担していたら、それがずっと続いて最終的には彼氏におこづかいを渡すまでなってしまったカップルもいます。 彼氏に甘いのも良いですが、あまりにも限度を超えると男性をダメにしてしまいますよ。

同棲してよかった♡惚気話

同棲あるあるはトラブルばかりではありません。中には自分たちの幸せな生活をみんなに惚気けたい同棲カップルもいるのです。 10代から30代の同棲している独身女性に聞いた惚気話あるあるをご紹介します。

熱が出た時看病してもらえる

「彼が一緒に住んでいて良かったなと感じるのは、熱が出た時。1人暮らしでいつも熱が出ると心細さを感じていたから、同棲してよかったなーと一番感じたことでした。」(20代 会社員) 病気の時は誰でも不安になってしまいますよね。特に熱が高くてトイレにいくにもフラフラになった時など「もしかして自分はこのまま孤独死しちゃうの!?」とまで感じることがあります。

夜中にインターホンがなった時安心

「ほとんど別の部屋と間違いなんだけど、時々夜中にインターホンが鳴る時ってありますよね。あれって女1人だとすごい怖い。彼が押しかけてきて同棲になってからインターホンが鳴っても安心してられる」(30代 派遣社員) 同棲している時の男性の頼もしさを感じる瞬間ですね。

今から帰るよと来たメール♡

寝転んで携帯を操作する女性 「同棲をはじめたばかりの時は、彼氏から○○時頃に帰るよってメールが来るのがすごい嬉しかった」(10代 アルバイト) 「おかえり」、「ただいま」。家に帰って挨拶する人がいること、家で好きな人を出迎えるのって新婚さんと同じようなウキウキ感があります。

彼氏(彼女)が料理上手で良かった

「彼氏の趣味が料理で、ありもので美味しいものを作ってくれるので良かった。嫁をもらった気分です」(20代 金融業) 中には料理好きな女性もいるけれど、基本女性は料理は出来るけど嫌いな人が多いです。毎日毎日自分で料理を作っていた人なら、それをやってくれる人がいるってすごい嬉しいですよね。

デートの後同じ部屋に帰る幸せ

「デートの終わる時ってすごく寂しかった。同棲してから同じ部屋に帰るだけになってその寂しさがないのが一番です」(20代 会社員) カップルとしてラブラブな時は、ずっと一緒にいたいものですね。特にデートの別れ際のせつなさ、わかります!

同棲あるある|まとめ

同棲カップルあるあるは、トラブルも多いけれどよい事もありました。同棲のおかげで彼氏の浮気性がわかったら、入籍した後の失敗よりもずっと傷が浅くてトラブルというより良いことでしょう。 最近は離婚することに抵抗がなくなっているようですが、やはり離婚となると色々と面倒なのは変わりません。その前に同棲していればある程度の男女のトラブルは避けられるもの。 結婚とはまたちょっと違った同棲時代というのは振り返ってみると後で良かったなと思えるものです。トラブルを2人で解決しながら末永くお幸せに♡

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!