Middle shutterstock 149296511

目次

抱いてしまいがち?彼女だからこそ感じてしまう5つ不満

ッションを抱きしめて泣いている女性

なるべくやめてほしい‥他の女性との交流

彼女という特別な存在だからこそ、彼氏の女性関係はどうしても気になるもの。そして、もともとモテる男性を彼氏にしてしまった場合に、気になり始めたらキリがない不満とも言えるでしょう。会うことはもちろん、女性の中にはちょっとした連絡のやり取りにさえも不満に感じ、敏感になりすぎてしまう方もいるのではないでしょうか。

どう思っているの?愛情表現不足

おそらく彼氏がいる女性のほとんどは、日常的に愛情表現をしない男性に不満を抱いているハズ。自分から積極的に、「好き」などの言葉を言える女性ほど、言葉に表さない男性の心理が分からなくなってしまうものです。言葉でのコミュニケーションもさることながら、連絡の少なさなどから「本当に好きなのかな?」と不安になった経験がある方も少なくなハズ。

だらしない!2人の約束を守らない

割れたハートを持っている女性 付き合ってから少しの時間が経過し、冷静に彼氏の人間性を見ることができるようになった時に、彼氏のだらしなさに気づいてしまいます。待ち合わせの時間など、付き合いたての頃は彼女としても大目に見れる部分がだんだんと許せなくなってくるものです。ルーズな彼氏の態度は、気になりだす次々に不満を生み出すきっかけになるとも言われています。

気がつかない?女性の欲求に無頓着

もともとコミュニケーションが得意でない彼氏に対して抱いてしまいがちな不満が、「分かってくれない!」というものです。例えば、「今はそっとしておいてほしい」や「話を聞いてほしい」などの彼女側の欲求を、その仕草やLINEなどから察することができないことが大きな原因。彼女としては、相手の言動に気を遣えない彼氏についイラッとしてしまうこともあるでしょう。

もったいない‥ファッションに関心がない

彼氏があまりにも身だしなみに関心がないということにも、彼女は不満に感じがち。「デートの服装がダサい」「ファッションの話が通じない」など不満の抱き方はさまざまですが、彼氏と彼女のファッションへの感度の違いがそもそもの原因です。「自分でもどうして良いか分からない」という彼氏もいますので、適切な対処法を考える必要がありそうです。

原因ごとに考えよう!不満を解消するための3つの対処法

キャリアウーマン

寂しさは自分で解消!自分の時間を充実させる

不満の形は数え始めればキリがないように見えますが、実は彼氏と彼女という関係だからこそ生じていまうものがほとんどです。さらに、「彼氏がいるから他の友人関係も我慢する」というスタンスの彼女は、彼氏のリアクションによって一喜一憂してしまいがち。彼氏以外と過ごす楽しい時間を設けることで、彼氏との関係が良好になる場合もあることに目を向けてみましょう。

すぐにはなおらないもの!長い目で見てあげようと決める

そして、不満の原因の中には、彼氏の人間性から生じるものもあります。もともとのだらしなさなどが、これまで紹介してきた不満の中では該当するのですが、これが非常に難しいものなんです。すぐになおそうと考えてしまうと、お互いのストレスに関係を歪めてしまいがち。彼氏の人間性を否定せずに、「約束を破ったら罰ゲーム」などのように遊び感覚で楽しめるような工夫が大切です。

言い方が重要!思い切って伝える

原因が恋愛関係と人間性のいずれであっても、しっかりと言ってあげることも愛情表現のひとつですよね。もちろん彼氏も人間ですので、言われない限り気づけないことがほとんどでしょう。ただし、言い方が非常に重要になりますので、しっかりと男性心理を考えて、伝え方を整理してからアクション移していきましょう。

男性心理を考えることが大切!正しく伝えるための5つのポイント

男女が2人並んで笑いあっている

無理はない?何を伝えるかを整理する

彼氏に対しての不満を口にする際は、絶対に整理してから伝えましょう。不満を話し始めると、「そんな無茶な‥」という要望を気づかないうちにぶつけてしまっていることもあります。そして、なんとなく気になっているような状態で話し始めてしまうと、要領を得ない伝え方しかできないというリスクもあり、彼氏との大切な時間をムダにしてしまうことにも繋がりますので、話す前に整理する癖をつけておきましょう。

過去は過去!昔のことを蒸し返さない

彼氏と彼女の関係に限ったことではありませんが、人は不満を口にし始めると芋づる式に昔のことまでも話してしまいがち。「最近、時間にルーズだよね」と話していたはずなのに、「そう言えば3ヶ月に女の子と会ってたでしょ?」と言ったように、話題がずれていってしまうんです。男性心理としては、「イライラしてるな」くらいにしか捉えられませんので、話題をずらさない意識も大切です。

否定はしない!相手のメリットになるように話す

嫌な話はお互いにしたくないはずなのに、彼氏と彼女というワガママが許される関係では、一方的にダメ出しをしてしまうこともあります。「だからダメなんだよ」という言い方は、大体彼の心に響いていません。「もし、なおったらもっと楽しい時間が増える」などのプラスで終わるような話し方を心がけてあげましょう。

一方的はタブー!妥協点を見つけるために話し合う

楽しそうに話す男女 これは伝え方のテクニックというより心構えのポイントですが、妥協点を探ることを目的にすることも大切です。この心構えがあるだけで、彼氏の話を聞きながら不満を口にできるという効果が期待できます。男性心理としても、長々と際限なく続くダメ出しはキツいものがありますので、話し合いながら努力できる範囲を見つけていきましょう。

聞き入れてくれる状況?不満を伝えるタイミング

彼氏がしっかりと不満と向き合ってくれる状況にあるかを確認しておくことも大切です。「忙しくて余裕がない」という状況にある時に入ってくる批判的な内容の話には、耳を塞いでしまいがちというのが男性心理。LINEなどの日常の連絡や彼氏の仕草などから、話を聞き入れてくれるタイミングかどうかも確認しておきましょう。

不満が爆発しがちな女性は設けよう!彼氏と冷静に向き合うための3つのルール

今にもケンカになりそうなカップル

相手に求めすぎないルール

ひとつ目におすすめするのは、彼氏に求めすぎてないために設けたいルールです。ワガママを言えてしまう彼氏だからこそ、要求も多くなりがち。そして、その要求があるからこそ不満が生まれてしまいます。また、不満を多く抱えてしまう女性は、彼氏以外の人間関係を我慢してしまいがちという共通点もあります。彼氏以外の人間関係を広くもつことも、不満を溜め込まないためには大切です。

連絡する頻度のルール

また、「彼氏から愛されていないのではないか?」などの不満は、連絡の頻度が減ってきた時に生じやすい傾向にあります。そのために、連絡についてもあらかじめルール化しておくことをおすすめします。例えば、しばらく連絡がなかったとしても、週に2回は電話で話すなどのルールがあることで、余計な不安を抱えることなく、時間を過ごすことができるはずです。

ひとりの時間のルール

彼氏と彼女の関係を良好に保つためには、力関係に目を向ける必要があります。例えば、「時間が空いたら彼氏に会う」ということをベースにしてしまうと、男性は「自分しかいない」と誤解してしまいがちです。そういった誤解をうまずに、あくまでフラットな関係性をキープするためにも、自分一人で過ごす時間を設けるようにしましょう。

不満を溜め込みすぎないことが長続きの秘訣

浜辺(海)でキスをするカップル もちろん男性との相性もありますが、関係を良好に保つことができる女性は、自分の不満との付き合い方も上手です。良い意味で、彼氏に期待しすぎずに、妥協することができます。また、不満を感じない距離感を大切にし、彼氏以外との時間を充実させる能力に長けています。不思議なものですが、男性心理として、彼女だったとしても「思い通りにならない」ということをアピールできる女性を追いかけたくなってしまうもののようです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。