同棲のメリットとは?

旅行先でビールを飲みながらキスするカップル

結婚前にお互いの事がよくわかる

結婚するカップル 一緒に住んでみないとわからない事って意外と多いんです!日々の生活習慣などは一緒に生活していく中でお互い気付くもの。結婚してから一緒に住むようになってどうしても許せない事を彼が習慣としていても後の祭。いきなり変えてって言われても治せない事もあるので我慢するしか方法がないなんて事も。 でも、結婚する前に同棲生活をしておけば、結婚前に気付く事ができるという事が同棲する最大のメリットです。早くに相手の嫌な部分がわかっておけば、結婚後も割とスムーズに生活していけるので一度結婚を考えている方は同棲してから結婚を決めても遅くはないと思います。

生計を一緒にすれば早く結婚資金が貯まる

もし、結婚しようと決めているのなら同棲はおススメです。結婚式をこれから挙げたい、と考えているのであれば2人それぞれが家を借りて家賃を払うより、同棲して一緒に結婚資金を貯める方が賢明です。 すべてのお金を一緒にするとなると万が一の場合に揉めてしまう可能性も否めないので、まずは家賃や光熱費、食費などお互いが生活費と貯金をそれぞれ出し合って結婚資金用と自分の貯金用でそれぞれ管理するという方法が一番うまくいくのではないでしょうか? 以前、筆者の友人で結婚前に彼氏と同棲しておりすべてのお金を一緒にしてしまっていたのですが、結局結婚する前に別れようとなってしまい、一緒に貯めていたお金などをどうするか、という事が一番大変だった、と言っていたのでやはりすべてのお金を一緒にするのは危険かもしれません。

生活リズムが一緒なので浮気などの心配がない

仕事以外は今まで以上に一緒にいる時間というのは必然的に格段に増えます。そういう理由もあり、浮気をしたりする隙が今まで以上にないという事にもなります!もし、家でスマホを見る回数などに変化があるなどちょっとした変化にもすぐに気付く、という事でもあるので浮気の心配をする時間が少なくなる事もメリットといえます。

同棲のデメリットとは?

常に監視されているので友人などと遊びに行きにくい

友達に相談する女性 大抵の場合には当てはまらないかもしれませんが、もし束縛の強い相手であれば今まで以上に友人との時間は削られてしまう可能性があるのは否めません!また遊びに行くの?なんて聞かれれば余計に行きづらくなってしまい友人たちとも疎遠になってしまいます。 あまりにも束縛が強く、もう耐えられないという気持ちが強まれば結婚前に別れる事も可能です。結婚してからでは一生そのような気持ちを抱えて生きていかなければいけないのでもし、同棲時にそのような事が続けば別れるという選択肢もアリです。

結婚のタイミングを逃しかねない

同棲あるあるでよく言われるのが、同棲してる時間の方が居心地がよくて一生このままでもいいか、という気持ちになってしまい結婚のタイミングを逃してしまう、という事です。子供ができたり、など結婚を意識するきっかけがあれば話は別ですが、そうでもない限り特に男性は結婚を意識しなくなる事も多いんです。 女性があまりにも結婚を急かせば、男性は引いてしまって婚期が伸びるどころか別れに繋がってしまう、なんて事も。それを防ぐには、まず同棲する前にはっきり期限を決めて同棲を始める事が重要です。期限を設ける事により、結婚を常に意識する事にも繋がるので期限を決めて同棲を始める事はおススメです!

一人の時間が減ってしまう

一緒に生活する、という事は自分一人の時間というのはないものに等しい、という事です!特に、一人暮らしの期間が長かった人にとってはこれは苦痛に感じるかもしれません。しかし、結婚して生活を共にしていくという前準備と考え方を変えてみるのはどうですか? もし、それでどうしても一人の時間が欲しければ一人の時間を楽しめる場所を見つけるのもいいし、相手に正直に言って一人の時間をもらうという事もできます。同棲や結婚生活というのは、お互いの事を理解していく中で成り立つものです!それを認め合う事で共同生活は上手くいくという事は忘れないでくださいね。

同棲カップルの喧嘩の原因とは?

部屋の掃除や料理など家事分担に関する事

料理を作るカップル 部屋の掃除や料理、ゴミ出しなど家事がどちらかに偏っている場合、その事が原因の喧嘩は増えてしまいます。このままの状態では結婚したとしてもずっとその状態が日常化してしまい、離婚なんて事も。 やはり、お互い仕事をしているという事前提にはなりますが、同じ状況であれば完全に家事を分担化する事は一番効率よく同棲生活を進める上で大事な事になってくると思います。向き不向きもあると思いますので、苦手な場合には相手が得意分野であれば代わってもらうなど無理せず家事を行える環境作りは非常に重要です!

お互いの生活リズムの違い

もし、どちらかの仕事に夜勤などがあった場合、生活リズムは必然的に逆転してしまう事もあります。そんな時も、相手の事を思いやる気持ちが大事です。相手が寝ている時間に帰宅時間が被ってしまう場合には相手を起こさないような配慮をしたり、逆に朝行く時間に相手がまだ寝ている場合には起こさないように静かに外出したりするなど、相手を思いやる気持ちが非常に大事だと思います。 これは、結婚生活にも似たところがありますのでこれができれば相手の事を大事に思っているという事にも直結します。

同棲した途端、セックスレスになってしまう

一緒に住むようになった途端、セックスの回数が極端に減ったと感じている人はいませんか?これは、お互い一緒にいる時間が増えたせいでいつでもできるという思いからそれが続いてしまうとその行為自体が面倒に感じてしまう、という事に繋がってしまうために起こるものです。 セックスという行為は相手の気持ちを確かめる行為ともいえると共に、相手を思いやる事で成り立つものなのでこの行為が減ってしまうとお互いストレスが溜まって喧嘩が絶えない、という状況を作ってしまいかねないのです!もし、減ってきたなと感じた場合には、正直に相手に気持ちを伝える事も大事な事です。

外にデートする頻度が減ってしまう

元々、インドア派の人であれば一緒に住むようになって外でデートするよりも家で過ごす時間の方が格段に増える傾向にあります。相手もインドア派なら問題ないのですが、相手は外でデートしたいと思っている場合には喧嘩の原因にもなってしまいます! 筆者の場合には、主人も筆者も家で休みの日を過ごすのが嫌なタイプなので休みの度にどこかへ出かけるのが常となっていますが、どちらかがそういうタイプでなかったらお互いが我慢しなければならず、大変だっただろうな、と思います。 もし少しでも、もしかしたら休みの日のお互いのしたい事が少し違うな、と感じたら相手に聞いてみましょう。相手の本当の気持ちを知ってこれからどうするかしっかり話し合う事で回避できる事も多いと思います。

長続きカップルに見る対処法とは?

お互いを束縛しすぎない

過度な束縛をする女性 長い結婚生活をこれから一緒に歩もうと考えている相手が自分の事を束縛する相手だったらどうしますか?一緒に生活していく自信はありますか?結婚生活が上手くいく事に一番重要なのは相手を尊重する事です。 相手がしたい事、場合にもよりますが相手を上手く手放す事も同棲生活を上手くやるコツなのです!相手を束縛して引き留めるよりも、常に相手の幸せを想う事の方が相手にもきっと気持ちが伝わると思います。

金銭で揉めそうならすべて折半する

同棲するというのは、結婚している事とはまた少し違うために必ずしも生計をすべて一緒にする必要はありません。自分の貯金とは別に二人の通帳を作るのもいいでしょう。2人でそれぞれお金を出し合って、それで生活していくというやり方もあります。 もし、万が一別れてしまった場合に一番揉める理由がこれなのです。すべて生計を一緒にしてしまうとどちらかが損してしまったり、後腐れなく別れるという事も難しくなってしまいます。それを防ぐためにも、すべての金銭を折半にするという事も一つの手かもしれません。

生活習慣の違いはあるのでお互い妥協する

今まで何十年と培ってきた生活習慣というのはそう簡単には治るものではありません!それがきっかけで喧嘩になってしまうという事もあるでしょう。何年も一緒にいる夫婦でも我慢している事はたくさんあるくらいですから。 それでも上手く夫婦生活が成り立っているのは、お互いがそこを妥協できるかできないかという事だと思います。目を瞑る事も同棲生活を長続きさせる事ができるコツと考えてください。

まとめ

今回は、同棲生活をしていく上で多くのカップルが直面する喧嘩の原因やそれを解決するために長続きするカップルが実践している対処法をまとめてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか? 同棲していく上で、別れるカップルもいれば結婚まで続くカップルもそれぞれおり、それはお互いの事を許せるか許せないか、という事が関係しているのではないでしょうか?これから同棲を始めようと考えているカップルは、ぜひこの記事を参考に結婚に結び付くように頑張ってください!        

記事が気に入ったらシェアしてね!