男性が触られたいボディタッチの箇所とは?

男女がカフェで彼のスマホを見ている 男性は女性よりもボディタッチに対してときめきを感じやすいですが、そんな男性がボディタッチで触られたい箇所というのがあります。男性を落としたいのであれば、是非参考にしてみてください。

一位「腕」

男性がボディタッチで触られたい箇所一位は腕です。腕の筋肉などを触られると特に男性はドキっとしやすい様です。また皮膚の違いなどもわかりやすく、男性からすれば女性らしさを感じやすい部分なのかもしれません。

二位「腰」

意外と男性が触られたいと思っているのが腰です。腰は普段であれば女性から触る事はほとんどない場所でしょう。だからこそ女性に触られる事で、ドキっとするのです。

三位「手」

三位に男性が喜ぶ箇所は「手」です。手を触られる事で女性との手の大きさの違いも感じやすく、女性らしさも感じられます。また、綺麗に整えられた爪や肌は男性にはないものなので、異性として意識しやすい箇所でもありますね。

男性は女性よりも勘違いしやすい!?

赤い帽子の女性と男性が向き合っている 実は男性は女性よりもボディタッチやスキンシップに弱いんです。なぜ男性はスキンシップやボディタッチに弱いのでしょうか?比較的、女性の方がボディタッチなどに反応してしまいそうにも感じますが。

女性は触られ慣れている

実は男性と女性の大きな違いは、女性は男性に触られる事に慣れているという女性が多いのです。例えば上司や取引先、もちろん好意を持っている男性からもボディタッチやスキンシップをされる機会が多いんです。その事から、女性は少しくらいのボディタッチやスキンシップでは動揺する事はほとんどありません。

女性が男性に触れる事はほとんどない

男性から女性に触れるというのはよく見る光景ですが、女性が積極的に男性に触るというのは、好意があるか何かしらの狙いがあるかでないとあまり見かけませんよね。それこそ、例えばキャバクラなどであれば女性から男性に触れる事がありますが、それはわざと触れているのです。 一般的に普通の会社の同僚などで女性から多く触る事はないので、男性は女性に触れられるという事に対して免疫がないのです。だからこそ男性は勘違いしてしまいやすいのでしょう。

男性と女性とのボディタッチやスキンシップの感覚の違い

ハイタッチしている男女 このボディタッチやスキンシップ、男性と女性で慣れも違ければ感覚も全然違うんです。どの様な違いがあるのか、いくつか見ていきましょう。

男性→女性

男性から女性へのスキンシップやボディタッチに対しては、下心という感覚が大きいです。もちろん男性自身も下心からボディタッチをする事もありますし、ボディタッチをされる側の女性も下心ととらえてしまう事の方が多いでしょう。 その為、男性から女性へのボディタッチなどはセクハラなどと言われトラブルになりかねないので、あまり男性から女性への積極的なボディタッチなどはしません。特に、同じ会社で上司と部下の関係の場合はセクハラと言われてしまえば、好意があるないにしろ、男性側が悪くなってしまう場合がほとんどでしょう。

女性→男性

女性から男性へのスキンシップやボディタッチに関しては、基本的に好意の表れと言えます。女性から男性は積極的にべたべたとスキンシップやボディタッチを求めたりするのは、軽い女性に思われてしまいます。それこそキャバクラなどの女性の様に思われ、男性からすれば悪くない気持ちですが、女性同士からするとあまり良い印象を持たれないでしょう。 その為、女性から男性へのボディタッチなどは、決めた人のみ、本当に好意がある男性にしかしないのです。

大事なキーワード「親和欲求」

後ろから抱きつかれる女性 スキンシップやボディタッチなどが与える影響や効果を知る上で大事なキーワードが「親和欲求」。 さて、この親和欲求というのはどんなものなのか?うまくスキンシップやボディタッチを使いたいのであれば知っておいて損はないでしょう。

「親和欲求」とは?

人は余程嫌いな相手でない限りは触られる事に対して苦痛に思う人はいません。恋人同士や夫婦であれば常日頃からお互いに触れるという事は日常茶飯事でしょう。また、好意のある相手や親しい友人などであれば、触れる事で今まで以上に仲良くなるという事もあります。 もともと人は誰かと仲良くいたいという願望があり、それこそが親和欲求といいます。その親和欲求は誰かと触れる事、触れられたりする事で満たされる人がほとんどです。この親和欲求を理解していれば、相手の親和欲求を満たす事で、うまく恋愛にも使えます。

こんなボディタッチはNG

恋愛に対しても使えるボディタッチにスキンシップ。上記で紹介した親和欲求も、理解していれば恋愛での正解の方法がわかりそうですね。しかし、だからと強引にスキンシップを求めたり、ボディタッチを繰り返してしまってもそれはNGです。

人前でベタベタ

これはやはり男女共に嫌がられるボディタッチです。特に女性から場所などを気にせずにベタベタしてしまえば、ただの軽い女性に見られてしまいますし、もし恋愛するとなっても、普段からそういう女性に思われてしまえば、なかなか恋愛の展開もスムーズにいかないでしょう。 やはり女性は女性らしく、少し恥じらいがあった方が良いので、人前や場所を気にせずではなく、場所や雰囲気を考えた上でスキンシップをとりにいきましょう。

不自然なタイミング

不自然なタイミングでのボディタッチもNGです。例えば、普通の会話をしている時に急に触りだしても男性も驚いてしまいますし、その行動自体を理解できないでしょう。なので、好意すら感じてもらえないですし、何を考えている人かわからないという印象すら与えてしまうでしょう。 もし両思いの場合は、この人と付き合っていていいのかという不安すら覚えさせてしまうかもしれないので、不自然なタイミングでのボディタッチはかなり危険です。もちろんそれを喜ぶ男性もいますが、喜ぶ男性の方が少ないでしょう。

自然なボディタッチが恋愛成功のカギ!

男女が携帯を持って幸せそうに話している 不自然なタイミングやあまりにも積極的すぎるボディタッチは引かれてしまう可能性もありますが、自然なボディタッチやスキンシップはむしろ男性ものってきてくれるでしょう。大事なのは雰囲気と、ムード、そして自然さです。

お酒の席のボディタッチ◎

お酒の席であれば、お互いにお酒も入っている事ですし、男性も悪い気はしないでしょう。しかし、お酒の席なので、酔っているからくっついてきているだけとも思われてしまう可能性もあります。だからこそ積極的にボディタッチが出来るんです。積極的にくっついていく事で、これはお酒のせいではなく好意から来ているものだと感じさせましょう。 お酒の席であれば男性もその雰囲気にのってくれるので、逆に男性からもスキンシップなどをとってきてくれるでしょう。もちろん、その後の流れなどもお酒に身を任せてそのままスムーズにいくでしょう。

まとめ

赤い糸を結ぶカップル 恋愛においてのボディタッチやスキンシップの方法について紹介させて頂きました。人間誰しも持っている親和欲求、これを知っておく事はかなり重要です。 つまり、好意があるないに関わらず人は誰かに触れられるという事が嬉しい事へと繋がっているんです。なので、もし片思いの相手へボディタッチする時も、嫌われてしまうかもという不安は感じないでも良いでしょう。 また、自然なスキンシップやボディタッチ、これもかなり重要です。恋愛をしている相手だからこそ、その辺りは気を使わないといけない部分でしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!