おまじないで告白が成功する?

少し離れて見つめ合うカップル 恋をしている女性は、好きな人と目が合うだけでドキドキしていることでしょう。そろそろ片思いを卒業したいけど、なかなか勇気が出なくて悩んでいる人は多いのではないでしょうか?そんなときは、おまじないに頼ってみましょう。 告白が成功するおまじないはいくつかありますが、必ず成功するというものではありません。ですが、願掛けをして告白にのぞむといい結果が得られるかもしれません。簡単にできるものばかりなので、是非試してみてください。

1)リンゴを使ったおまじない

りんご

用意するもの

赤いリンゴ・火曜日の新聞紙

やり方

このおまじないは、告白する前日に行ってください。告白する前日に、赤いリンゴを火曜日の新聞紙で包んでください。それを窓辺において眠ってください。翌日起きてからすぐにリンゴを新聞紙から取り出し、ナイフで十字を刻み、一人でそのリンゴを食べてください。食べてから12時間以内に告白するとうまくいくでしょう。

2)机にメッセージを書くおまじない

机

用意するもの

鉛筆またはシャーペン

やり方

放課後に学校の教室で行うおまじないです。誰もいない教室で誰にも見られないように、好きな人の机に「あなたが大好きです!」と鉛筆かシャーペンで書くだけです。そうするだけで、あなたの気持ちが好きな人に届くかもしれません。

3)メールでおまじない

手元だけスマホを持っている

用意するもの

携帯電話

やり方

メールで告白するときに行うおまじないです。メールを入力する際は、利き手と反対の手で入力してください。やり方はたったこれだけです。告白の成功率がアップするかもしれません。

4)ピンクの折り紙でおまじない

ピンク色

用意するもの

ピンクの折り紙・ピンクのペン・リップクリーム

やり方

ピンクの折り紙の白い面にピンクのペンで相合い傘を描いてください。相合い傘の左側に好きな人の名前、右側に自分の名前を書いてください。次に自分の唇にリップクリームを塗って、その紙を軽くくわえ、「恋の神様ありがとう」と3回唱えてください。 その折り紙を四つ折りにして、告白するときまでお守りとして肌身離さず持っておけば告白が成功するはずです。

5)絆創膏でおまじない

絆創膏

用意するもの

ピンクのペン・絆創膏

やり方

告白する前日の夜に行うおまじないです。ピンクのペンで自分の左手の甲にハートを書いて、そのハートを塗りつぶしてください。その上から絆創膏を貼ります。その状態で告白すれば、きっと成功するはずです。

6)チョコレートの銀紙でおまじない

銀紙

用意するもの

板チョコの銀紙・赤いペン

やり方

板チョコの銀紙に赤いペンで、好きな人への気持ちと「告白が成功しますように」と書いてください。その銀紙を丸めて鞄の中に入れて告白するまで持ち歩けば、いい返事がもらえるかもしれません。

7)マニキュアでおまじない

マニュキュア

用意するもの

赤いマニキュア

やり方

告白する前日に行うおまじないです。左手の小指に赤いマニキュアを塗って、次の日に告白すると成功率がアップします。また、左足の小指に赤いマニキュアを塗ると告白されるといわれています。

8)写真でおまじない

用意するもの

好きな人の写真

やり方

バレンタインデーに告白する人におすすめのおまじないです。バレンタインの前日に枕カバーの中に好きな人の写真を入れてください。もし、写真を持っていなければクラス写真の好きな人だけを切り取った写真など小さいものでも構いません。入れる前に写真に向かって7回ウインクしながら「勇気よ神よ私と彼を両思いにさせて」と唱えてください。 その後目を閉じて心の中で「バレンタインデーは成功」と7回唱えてください。唱え終わったら写真を枕カバーの中に入れて寝れば、バレンタインデーの告白は成功するはずです。

9)トマトでおまじない

トマト料理

用意するもの

トマト・ナイフ

やり方

トマトにナイフで好きな人のイニシャルを刻んでください。その後トマトに向かって、「恋ナスは香りを放ち、もろもろの良き果物は新しきもの、古きもの、ともに私たちの戸の上にある。わが愛する者よ、其はすべて汝のためになり」と唱えてください。 呪文を唱えたあとで、想いを込めながらトマトを食べると両思いになれるでしょう。

10)ローズティーでおまじない

ローズティー

用意するもの

ローズティー

やり方

このおまじないは、告白しようと思っている10日前から行うようにしてください。告白10日前の朝になったら、お湯を沸かしローズてぃーを作ってください。バラの香りを吸い込み目を閉じ精神統一します。告白が成功する場面をイメージしながら深呼吸をし、目を開け「あなたが想いを受け取ってくれることを願っています」と唱え、ゆっくりとローズティーを飲んでください。 告白当日の朝まで毎日行うようにすると、告白が成功するはずです。さらに効果を高めたい場合は、告白3日前になったらローズティーをタンブラーや水筒に入れ、持ち歩くようにしましょう。外出先でも飲むようにすれば、効果が高まります。

11)板チョコでおまじない

チョコレート

用意するもの

ミルク味の板チョコ

やり方

このおまじないは、告白しようと思っている2週間前に始めるようにしてください。ミルク味の板チョコをひとかけ割って、「彼との恋も、このチョコのように甘いものとなりますように」と唱えてください。これを告白する前の2週間、毎朝起きてすぐ行うようにしてください。 告白する日は、食べ終わったチョコレートの銀紙を小さく折り畳み、その日の服のポケットに入れておいてください。そのまま告白すると、うまくいくはずです。緊張するときは、ポケットの中の銀紙に触れると心が落ち着きますよ。 このおまじないの注意点は、板チョコは告白する日までにすべて食べきるようにしてください。板チョコを割るときは、考えながら割ってくださいね。このおまじないを行っていることを他人に知られたり、チョコレートを食べているところを見られると効果が得られません。注意してくださいね。

12)金平糖でおまじない

金平糖

用意するもの

ピンクの金平糖・新品の透明の瓶

やり方

このおまじないは卒業式での告白を成功させるおまじないです。卒業式から数えてぴったり1ヶ月前から行う必要があります。このおまじないには、ラブナンバーを使います。ラブナンバーとは、好きな人の学年・組・出席番号の数字をすべて1桁ずつ足したものです。足した数字が2桁になったら、更に1桁ずつバラし足したものがラブナンバーです。 ラブナンバーの数だけピンクの金平糖を用意します。透明な瓶の中に金平糖を1個ずつ入れ、蓋をしてください。瓶を目の高さに持っていき、優しくゆすり「甘い星よ、私の恋を叶えて。このままでは離ればなれになってしまうの」と唱えてください。卒業式までの1ヶ月間毎日続け、前日になったらすべての金平糖を舐めてください。これで翌日の告白は成功するでしょう。

13)うまく気持ちを伝えられるおまじない

用意するもの

なし

やり方

このおまじないは、告白を成功させるためのものではなくうまく気持ちを伝えられるおまじないです。告白の前に、「アビラウン・ケン・ソワカ」と唱えてください。その後、右手の拳で右胸の上を5回叩いてください。そうすると、緊張せずに自分の気持ちをうまく伝えることができるようになります。

まとめ

シャンパンを自宅で飲むカップル 告白が成功する強力なおまじないを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?告白する前日は緊張して眠れないことでしょう。おまじないをすることで告白の成功率をアップさせる以外に心が落ち着く効果もあります。 緊張と不安でどうしようもないときは、おまじないを試してみてください。好きな人に自分の気持ちをうまく伝えることができるはずです。

記事が気に入ったらシェアしてね!