Middle shutterstock 565068502

目次

切ない片思いは誰でも経験するもの

膝を抱えている女性 好きな人ができ、彼のことが気になり眠れない夜を一人すごすことは誰もが経験することです。 まだ話もしたことのない一目ぼれの場合もあれば、いつも仲良しだった友達を突然意識してしまい、自分にとってかけがえのない存在に感じられる時もあります。恋はある日突然、あなたの心をぎゅっと掴むように訪れるのです。 まだ遠い存在の彼や、近くても関係性を変えるのが怖い時、自分の思いを伝えて良いのか?とても迷うことになります。多くの人が経験する片思いからの告白。結果はどうあれ、自分の気持ちに素直になりたいですよね。

告白経験者の女性は案外多い!

思いを表現する女性

女性の70%が告白を経験したことがある

ある調査によると、片思いを経験したことのある女性の70%が告白を経験しています。これはかなり驚きの数字です。男性から告白してくれるのをじっと待っているようなおとなしい女性は今は少数派。 「好きだ」と思ったら、策を練り、告白し、自分に振り向かせることを選ぶ女性が増えているのです。迷っているあなたは、今時の少数派。悩んでいる間に、勢いのある女性に彼を取られてしまうかも!

女性の5人に1人が告白しなかったことを後悔している

逆に告白しなかった女性についてのリサーチ結果があります。女性100人にアンケートを取ったところ、5人に1人は過去に告白しなかった経験があり、それを後悔しているというのです。 告白しないことは、悔やまれること。自らチャンスを作ろうというアプローチを放棄してしまったこと。人生は長いですが、「好き」と思える男性に巡り会えるのはそんなに頻繁にあることではないのです。 筆者の友人に「告白は自分のプライドが許さない!」という女性がいました。付かづ離れずの関係が続き、友人は「いつか彼から告白してくれる」と信じこみ、10年も同じ彼のことを想い続けました。 結果、彼は他の女性と結婚し、彼女は未だに独身です。筆者と会えば、10年も片思いした彼への未練話をする始末。こんな時間の使い方はとても人生が勿体ない!

何故告白しなかったのか?

筆者の友人の話を例にあげましたが、告白しない場合には①関係性を壊すのが怖い②告白する関係にまで至っていない③プライドを傷つけられるのが怖いという三大要素があります。 どれも気持ちはとても理解できますが、ただ臆病になっているだけ。告白せずにずっと長く後悔が続くことがわかっているなら、勇気をもって状況を変えていきたいですね。

告白される男性の心理は?

幸せそうなカップル

女性からの告白は男性からの告白よりは成功率が高い

女性からの告白は男性からの告白より成功率がずっと高いと言われています。男性の3人に1人は女性から告白されることに抵抗が無く、むしろ期待していると言われています。 また、男性の10%程度は、女性から告白してもらいたいと思っているというデータもあるので、半数近い男性が女性からの告白に対してとても前向きであることがわかります。 男性は何かと鈍感なところがあるので、女性から告白されるまで「好意に気づかなかった」「告白されて初めて意識するようになった」という話は多いものです。

男性の下心により成功率が高くなっている可能性あり

女性からの告白は成功率が高い一つの原因が、男性の下心にあります。好きになった男性が「モテ男」「遊び人」だったら、告白することで自分に好意のある女性はうまく遊べる都合の良い存在と取られることも。 彼がどんな人なのか?自分が彼にとってどんな存在でいたいのか?をしっかり考え、調べてから告白すべきです。

告白は何故こんなに緊張するのか?

告白する時になぜ緊張するのでしょう?それは単純です。思いを受け入れてもらえるか否かが分からないからではないでしょうか。 思いが受け入れてられるか分からない理由は、告白する前段階までに、相手との関係性が築けていないから。相手の考えを充分理解していない段階で告白しようとするから、より緊張してしまうのです。 つまり、「相手がOKしてくれそう」というところまで距離を縮めていれば、告白当日はそれほど緊張しません。告白しようか迷っている大半の男女が、告白するには早すぎるタイミングで悩んでいることが多いのです。

緊張せずに告白する方法5選

カフェでデートするカップル

1、後悔は一生、恥は一時と自己啓発

先ず、自分で告白しない不毛な将来をイメージしてみてください。ネットを見れば、告白しなかったことを後悔している声をたくさん見ることができます。 自分は違う!告白してその先を掴むために一歩踏み出すんだ!という気持ちをしっかり持つこと。自分がブレてしまっては、前向きな気持ちも空回りするだけ。告白の場面でも空回りしてより緊張することになります。

2、彼を良く知ること

告白するまでに、彼を良く知ることは最も大切です。自分のプライドも捨て、恥をかくことも覚悟して告白するのですから、それに相応しい人であるか?を知るのは当然のこと。 そして、告白する段階で彼に自然な話をするためにも、彼をよりしっかり知ることが大切です。彼との心の距離がグッと縮まっている関係であれば、告白自体そんなに緊張することもないでしょう。

3、自分をアピールして知ってもらうこと

告白する段階までに、彼との距離を縮め、自分のことをしっかり知ってもらいましょう。当然のことですが、あまり知らない人から突然告白されても、良い回答はできないものです。 一目ぼれの相手だったとしても、少しづつ距離を縮め、自分の人間性を知ってもらえる状況を作っておくことです。仲の良い相手であれば、すでにあなたのことを十分知っている相手ですから、問題ありませんね。 それでも、友達であることと恋愛関係は違うもの。彼にとって「そばに居て欲しい人」と思われる自分の良い側面をたくさん知ってもえるような状況づくりをしましょう。 自分を良く知ってくれている人に、自分の本音を告げるのはとてもハードルが下がります。告白の緊張も少なくなるのです。

4、告白のタイミングをうまく図ること

告白するタイミングを工夫することで、緊張もグッと抑えることができます。 出会って数日で告白するということはあまり考えられないでしょうしおすすめできません。彼に好意を抱いてから、心の距離を縮め、理解されるまで2~3か月の時間をかけて告白することをお勧めします。 半年くら時間をかけたほうが良いという説もありますが、筆者の経験では3か月の時間があれば、十分相手を知ることができ、知ってもらうこともでき、さらに、関係性を深めるだけの機会があったはずです。 これより長くなると、逆に緊張感も新鮮味もない状態での告白になり、自分の想いもブレてきたり、彼もあなたに対する興味が薄らいできている可能性があるのです。 出会って、ピンときて3か月頃。もっとも機が熟している時に、告白しましょう!ドキドキするけど、その緊張は心地よいはずです。

5、告白のシチュエーションを考える

告白はLINEや電話で済ませるのはやめましょう。手軽な手法に頼ることで、かえって相手の返答に緊張しながらスマホを握って待っている時間を過ごすことになります。 大人の女性であれば、きちんと相手の顔を見ながら告白すべきです。面と向かって想いを伝え、相手の反応を見ましょう。 「少し考えさせて」という時もその表情を見れば、前向きなのか、何か問題があるのか?など、次の一手を考えることができます。あえて最も緊張する告白方法が、最終的には緊張する時間を短くするものです。

告白の成功率を高める秘訣がある!?

告白は夜にすると良い

人間は、昼と夜では体内の交感神経の働きが違います。この人間の体の構造を告白に利用しましょう。 昼間の日が高い時間に告白されるより、日が沈んだ夜、落ち着いたムードの雰囲気の中で告白される方が、気持ちが傾きやすいのです。 これは副交感神経が活発に働いて気持ちがリラックスし、相手をより身近に感じやすいためなのです。告白はできるだけ夜を選びましょう。

彼が弱っている時

気まずい関係の二人 女性にも同じことが言えますが、人は何か悲しいことがあり、孤独を感じている時に人恋しくなります。 さらに厳密に言うと、人は悲しい時にセロトニンという幸せホルモンが減ってしまいます。ところがセロトニンは人に触れることで良く分泌されるようになるのです。 この人体の仕組みを利用した告白は成功率が高くなります。悪く言えば弱みに付け込んでいるのですが、必要とされている時にさっと救いに現れる「地獄に仏」と感じられるはず。

スリルを一緒に体験した後

「吊り橋効果」というのは有名ですね。心臓がドキドキする場面を一緒に経験すると「これは恋かも?」と人は勘違いするのです。ドーパミンが大量に分泌される恋の疑似体験による効果。 告白はドーパミンが大量に分泌されてあなたがドキドキするのですが、一緒に遊園地に行ってジェットコースターに乗った後だと、二人ともドキドキとした緊張状態で恋に落ちやすいのです。 成功を高める上級のテクニックですね。

告白しなくちゃ始まらない!

ハートをこちら側に渡そうとしてる女性 片思いで終わっても良いと思う人はたいてい後で後悔します。何故、あの時、少しの勇気を出せなかったのか?と、いくつになっても思い返すものです。 もし告白が失敗したら?という不安は、常に付きまとっても、成功率を高める工夫ができます。最初からあきらめずに、極度の緊張を恐れず、思い切って告白する勇気を持ちましょう。 告白を経験することであなたもステップアップします。成功でも失敗でも必ず得るものがあるのです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。