Middle shutterstock 521139466

目次

奥手とは?

頭を抱える女性の後ろで男女が楽しそうにしている

奥手の意味

そもそもの「奥手」という言葉には恋愛の意味合いは含まれませんが、恋愛に限って言われる「奥手」とは、恋愛に対して消極的とか、異性とのコミュニケーションが不器用というような意味を指すことが多いようです。 恋愛経験が少ないことから「奥手」と言われ、「奥手な人」とはシャイな人を指すことが多いです。

恋愛が嫌いなわけではない

恋愛に対して消極的で、愛情表現する場面でできなかったり、不器用な言動をとったりしてしまう「奥手な人」ですが、決して恋愛が嫌いなわけではありません。恋愛には興味はあるもののどう行動して良いかわからなかったり、恥ずかしさが上回って気持ちを素直に表現できなかったりするのです。

奥手女子・男子が増えている

女性が振り向いて男性を見ている

増える理由

非正規雇用が増え、結婚への意識が低下したことが、奥手女子・男子が増えた原因であるといわれています。不安定だったり安い月給だったりすると、結婚しようという意識が芽生えず、それが次第に男女の付き合いにまで影響を及ぼしています。 「どうせ結婚なんか無理だし」「恋愛って面倒でお金かかるし」という考え方が無意識にまで浸透している人が多いのです。 また、戦後の経済成長期とは違い、物があふれ、ゆとりのある時代に生まれてきた年齢層の人たちには、何かが欲しい!という強い欲求が生まれにくいともいわれます。求めずとも手に入るものばかりであると、恋愛に限らず全てに消極的になりがちです。

奥手でいるメリット

恋愛に耐性がなかったり、恋愛経験が少なかったりする人の場合、奥手でいれば苦手な恋愛をする機会を避けることができます。また、現代は男女平等ですので、男だから恋愛をリードしなければならないという常識も今はあまり関係ありません。 昭和時代は、特に男性は奥手を克服しなければならない風潮がありましたが、いまや克服しなくてもやっていけるのです。

奥手は案外モテる

恋愛に消極的だったり、不器用だったりする奥手な人というと、地味なイメージで、決してみんなのアイドル的な存在ではありませんが、案外奥手な人はモテます。というのも、やはり「遊びなれた人は嫌」とか「真面目な人が好き」といった人は男女とも一定層いるからです。

奥手女子・男子の共通点

スマホを見て考える女性

1. 自信がない

奥手な人に共通している点として、まずは男女ともに自信がないということがあげられるでしょう。それは、恋愛はもちろん、自分自身に対しても自信がないのです。恋愛面でも成功するイメージが出来ないことから積極的な態度をとることができないのです。

2. 好きな人を避けがち

普通の人は好きな人が現れたら、話しかけたり、微笑みかけたりするものですが、奥手な人は目を逸らして寡黙になってしまったり、冷たい態度をとってしまったりします。中には露骨に相手を避けたりするような人も。

3. 異性にアピールしない

せっかく意中の人と初めてのデートにこぎつけたのに、自分自身をアピールできずに終わってしまったり、好きな人をデートに誘ったりできないといった異性へのアピール不足が奥手な人の特徴です。 異性にアピールしたいのにできない人もいますが、異性にアピールしようとしない人もいます。しない人は最初からアピールを諦めているのです。

4. 罪悪感を持っている

中には異性と付き合うことは悪いことだとか、遊び人になってはいけないといった、恋愛に罪悪感を持っているタイプがいます。育った環境や、自身の経験からこのような観念を持つ人は、わりと多いです。このような観念があるために、素敵な恋愛のチャンスがあったとしても見逃してしまいます。

奥手女子の特徴3選

1. 何事も受身

恋愛は男性がリードするものとか、女性が積極的になるのは良くないといった観念を持っている人が多いのは、奥手女子ならでは。受身で物事を進めるならば、どうやったら相手がリードしやすいかといったことも考慮できると良いのですが、それもなく、リードを男性任せというケースも目立ちます。

2. 自分の世界を大切にする

自分だけの趣味や、誰にも邪魔されたくない世界を持った女性が奥手女子に多いのも特徴。好きなものに費やす時間は何よりも大切にしていて、その結果恋愛が後回しになってしまい、恋愛が苦手という意識が働いてしまいます。

3. 優等生タイプ

子どものころから、何をやってもクラスでトップだったような女の子が奥手女子には結構な割合でいます。この場合、恋愛や異性と付き合うことに罪悪感を持っているタイプが多く、自分の優等生イメージを大切にするあまり、恋愛ができずにきたという人が多いようです。

奥手男子の特徴3選

既読無視をする男性

1. 好き避けする

好きな人をあからさまに避けたり、冷たい態度をとったりするのは、男女ともに見られますが、特に男性に多い傾向があります。 もともと男性は愛情表現を態度や言葉で示すことが苦手な人の割合が多く、好きな人にどう接して良いかわからないとか、好きな人に嫌われたくないという思いから、不自然に避けてしまったりするのです。

2.つかみどころがない

せっかく好きな人とキスする雰囲気なのにキスしなかったり、好きな人が目の前にいるのに他の男友達とはしゃいでいたりといった言動をしてしまいがちな奥手男子。そんな言動は周囲には理解されず、誤解されやすく「何を考えているかわからない」と言われてしまいます。 そのつかみどころのない言動が原因で「好きじゃないの?」なんて疑われてしまい、結局嫌われてしまうこともしばしば。傍から見れば理解不能ですが、本人はただどう接して良いかわからないといった理由だけだったりするのです。

3. ツールを使って会話する

きちんと自分の口で話せばいいのにメールで済ませたり、目の前にいる相手とチャットで話したり…。そんな当然直接会話すべきシーンで通信ツールを利用するという、奇妙な会話になってしまいがちなのも奥手男子の特徴。 奥手男子は面と向かって女性と話すことがとても苦手。できれば目を見て話さなくても済むメールやチャット、LINEなどで会話できたらと思っています。

なぜ奥手になるのか?

男性と女性が壁の向こうに立っていて、手を握り合っている

恋愛に自信がないから

奥手女子・男子は傍から見るとわかりにくい行動をしますが、当人達の心理がわかれば理解できる点が多くあります。まず恋愛に自信がないのです。経験も少ないですし、愛情をどう表現して良いかわからないのです。 また、わかっていたとしても自然に行動に移すことができません。「これでいいのだろうか?」と常に不安を抱えながら行動しているからです。

嫌われるのが怖いから

自分自身に自信がなかったり、自己価値が低かったりする人が多いのが奥手の特徴です。 そのような人は「どうせ自分は嫌われるのではないか」とか、「振られるのではないか」という思いが強く、嫌われる前に自分から好きな人を避けてしまおうとか、嫌われることを考えるあまり、無意識に嫌われる言動をしてしまったりします。 ただ、その奥に隠れているのは、嫌われることへの恐怖心だけなのです。

異性への苦手意識

単純に異性と接する機会が少なかったとか、異性とどう話して良いかわからないといったケースから、過去に異性に傷つけられた経験があるといったトラウマがあるケースまで、様々なパターンがありますが、奥手な人の心理の奥底には異性への苦手意識があります。 奥手を克服するなら、この苦手意識を変えなくてはなりません。

まとめ

スマホを見ている男性 いかがでしたか? 周りの人にはなかなか理解できない行動も多い奥手女子・男子。あなたの身近な存在にもこんな奥手な人、いますよね?奥手女子・男子は、身の回りにいるだけでなく、これからどんどん増えていくことでしょう。 その意味合いや実態を知っておけば、今後の恋愛に活かしていくことができます。その一助になれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。