物思いにふける女性

不倫経験者が教える既婚男性を好きになる理由3つ&女性が覚悟すべき心得

2017/06/08
アラサー女性約2000人を対象にした某サイトのアンケートによると、既婚男性を好きになったことがある女性は73%もいました。なぜ、わざわざ既婚男性を好きになってしまうのでしょう? 経験者の声を元に分析した結果、3つの理由が判明しました。周囲の人間を傷つけ、自分の信頼性を貶める不倫は、決してしてはいけないこと。それでも自分の気持ちを抑えきれず、不倫に走ってしまった女性のために、覚悟すべき心得についても解説します。

既婚男性を好きになる理由って?

既婚男性と知らずに好きになってしまった、独身時代から好きだった、というケースは言わば事故です。それ以外の、既婚男性と知りながらも好きになってしまうケースには、3つの理由があります。

職場の上司は特に包容力がある

独身女性と既婚男性の不倫の多くは、職場で起こります。特に、会社の上司はときに部下を褒めて評価し、ときに励まし、部下をかばってくれる頼りがいのある存在です。

包容力のある上司に憧れを抱く女性が多いのは当然のこと。なかでも自己評価の低い女性はいつも自分を見てくれている、自分を評価してくれる上司に恋愛感情を抱きやすいものです。

独身男性とは違うスマートさと余裕

ワインとバラを持った美男美女カップル

一般的に既婚男性は、独身男性と違って女性に対するスマートな接し方が上手です。最低でも一度は交際、婚約、結婚という過程をクリアしているわけですから、経験値が違います。

また、家庭を持っている既婚男性は、結婚生活を送る上で他者を思いやったり受け入れたりしてきたため、寛容度が高いところも魅力のひとつです。

結婚相手としてイメージが湧きやすい

男性は、独身のうちは自分の趣味や友人付き合いなど、お金も時間も自由に使うことができます。自由奔放な独身男性の姿は、結婚願望の強い女性や結婚適齢期の女性にとって、幼稚に見えたり結婚に不安を抱いたりするもの。

その点既婚男性は、女性に「結婚したらこんなダンナサマがいいな」という具体的なイメージを湧かせやすいと言えます。

例えば、「週末に新しい掃除機を買ったら使い勝手が良かった」という生活感のある会話ひとつで、「家事を手伝ってくれる優しいダンナサマなんだ」という好印象さえも持たれやすいわけです。

諦めるか不倫するかは人生の分かれ道

分かれ道の前に佇む女性

既婚男性を好きだという自分の気持ちに気づいたとき、女性は苦しみ、悩みます。それと同時に、人を好きになった喜びに舞い上がってしまうのも事実。

そうなる前に、一度冷静に立ち止って、しっかり自分の気持ちを見つめ直しましょう。この先のあなたの態度や行動は、その後の人生を大きく変えてしまうかもしれないのですから。

諦めるには強い気持ちが必要

倫理観の強い女性であれば、不倫は絶対にダメだと、諦めることを選択するでしょう。けれども、諦めたくても好きな気持ちは抑えられない、頭と心がバラバラになるような辛さに苦しむはずです。

自分はもちろん、相手や周囲の人を傷つけたくないのであれば、強い意志を持って諦めてください。好きになった既婚男性とは顔を合わさないよう避けるのがベストです。

同じ職場など接するのが避けられないような状況であれば、あえて相手の奥さんや家庭の話題をふることをおすすめします。

「あなたには家庭がある」ということを、相手にも自分にも言い聞かせるためです。不倫をする既婚男性は、自分の家庭のことを話したがらないもの。逆に言えば、自分の家庭のことを知っている女性は恋愛対象に選びにくいということです。

諦めるという選択をしたあなたは、自分の未来はもちろん、相手と相手の家庭を守ったのだという誇りを持って。仕事や趣味、スポーツに打ち込むなど、気を紛らわしつつその苦しみを乗り越えてください。

好きでいるだけなら自由

座りこむ女性

「不倫はしたくないけど、好きでいるだけなら自由」と主張する女性もいます。けれども、それは見方を変えれば諦めるより辛いことかもしれません。

恋愛感情を抱いた相手とは、いつも一緒にいたい、触れ合いたい、という欲求が高まるのは自然の成り行き。報われないと知りながら、恋愛感情と同時に自分の性的欲求とも戦い続ける勇気が、あなたにありますか?

心密かに思い続けるなら美談ですが、そう容易いことではないからこそ美談なのです。

「既婚男性を好きでいるだけなら自由」と言う女性は、積もりに積もった思いが爆発したり、相手からアプローチがあったり、何かのきっかけで簡単に不倫に走る危うげな存在

大人の女性が言う「好きでいるだけ」は、決してリアルな感情ではありません。不倫をする覚悟がないなら、早めに諦めたほうが結果的にはラクなはずです。

不倫が始まる瞬間とは

カップルがキスしようとしている

既婚男性を好きになった女性は、頭では不倫を否定していても、人を好きになる幸福感には抗えないもの。自ら行動を起こさなくても、無意識に相手にサインを送ってしまうこともあります。

恋愛に長けた人というのは、男性女性に関わらず、自分を思う相手に気づくセンサーを持っています。不倫をするような既婚男性は、自分に好意を持っている女性に目敏いと言えるでしょう。

不倫だからこそ、安易な言葉や態度で自分の気持ちを表わせない。お互いが慎重になるほど、女性からのサインに既婚男性のセンサーが反応して、思いが通じてしまうことがあります。この瞬間を運命を勘違いして、不倫に堕ちるというわけです。

自分は理性で感情を制していたつもりだった。それでも感情を抑えられなかった。このプロセスが、最初は不倫を否定していた人でさえ不倫を始めてしまう瞬間だと言えます。

不倫に陥った女性が覚悟すべき心得

女性を抱きしめている男性

既婚男性を好きになってしまい、諦めることもできず、自分の気持ちを持て余して苦しんでいる女性。あるいは、既に既婚男性と不倫関係になってしまった女性には、覚悟しておいて欲しい心得があります。

嫉妬や罪悪感による精神的ダメージ

好きな男性と結ばれたとき、たとえそれが既婚男性相手であっても、女性は一時喜びに浸るでしょう。「相手の家庭を壊したくない」「ずっと愛人のままでいい」などと健気な思いを抱いているかもしれません。

けれども、人間はそんなに強い生き物ではありません。相手を好きになればなるほど、いつも一緒にいたい、私だけの彼氏になって欲しい、という独占欲が芽生るのも時間の問題。その独占欲が、ひいては奥さんへの嫉妬心に変わります。

あるいは、最近頻繁に取り上げられる芸能人の不倫ニュースと、それに対する世間の対応に心を痛め、既婚男性と付き合っている自分を卑下したり罪悪感を抱いたりもします。

そうしたストレスやダメージは、知らず知らずのうちにあなたの精神を蝕みます。本来優しい女性であればあるほど、うつ病になったりストーキングしたり、精神を患いやすいものです。そんな自分自身をあなたは愛せますか?

女性が不倫に終止符を打つ瞬間は、そうした精神的ダメージによる不倫疲れがピークに達したときが多いのです。また、そんな女性の存在を重く感じた既婚男性が去っていく、というケースもあります。

友人や家族が離れていく孤独な心理

女性が一人で膝を抱えてうずくまっている

通常の恋愛なら仲の良い友人に相談することができても、不倫の場合はそう簡単にはいきません。周囲に不倫経験のある友人がいればいいのですが、そうでない場合、軽蔑されたら、お説教されたら、と思うとなかなか相談できないものです。

家族に対してもそうです。結婚を意識する年齢の女性ならなおさら、既婚男性の彼氏を紹介することもできず、ときには嘘を重ねて自分の首を絞めてしまうことも。

そんな孤独感や積み重ねた嘘も、結局はあなた自身を苦しめることに他なりません。不倫によって心のバランスを崩してしまう女性の、なんと多いことでしょうか。

もし、あなたの周りに不倫をやめるよう勧めてくる友人がいたら、彼との愛を否定されている、自分が責められている、とは思わないでください。あなたの辛さや将来の幸せを心配するからこその助言です。

それでも自分は既婚者の彼と関係を続ける、というのであれば、心を強く持つ覚悟をしてください。惚れた男からの好きは無敵! と言い切れるくらいの、鋼の心を持つ覚悟が必要です。

社会的信用の損失と慰謝料などの損害

多くの人が不倫の定義を「既婚者が配偶者以外と性交渉を行なうこと」だと認識しています。けれども、たとえプラトニックな関係でも、相手が既婚男性の場合は不倫と見なされることがあります。

既婚男性と気持ちが通じ合い、何度もデートを繰り返していた場合、配偶者の「平穏な夫婦関係を壊された」という主張が通れば、不法行為として認められ不倫相手の女性が慰謝料を支払うケースも事実、あります。

それだけ、婚姻関係にある夫婦は法律に守られているということ。あなたが細心の注意を払って周囲に秘密にしている恋でも、既婚男性の彼氏から奥さんにバレて、職場や周囲に知れ渡る可能性だってあります。

職場から解雇されて社会的信用を失い、慰謝料を請求されて貯金を失う覚悟はありますか?

妻子ある男性と2年不倫進行中の、ある肝の据わった女性は、友人の弁護士に相談して万が一自分が訴えられた場合の慰謝料を想定し、その貯金をお守り代わりにして既婚男性と付き合い続けていました。

そこまでの覚悟があれば、不倫でも応援したくなってしまうのが人の情ですけれども。

既婚男性を好きになったあなたへ

膝を抱えている女性

既婚男性を好きになる女性のすべてが、不倫を肯定しているわけではありません。だからこそ、頭での否定と心で求める肯定が、女性の心を苦しめます。

不倫経験者が不倫に終止符を打った後、「割に合わなかった」と言うセリフを聞くたびに、既婚男性を好きになる女性はまず、自分を好きになって将来を大事にしてほしいと願うばかりです。

Pick Up

スタイリスト・樋口かほりさんが教える! 「絶対買い!」なコスパアイテム6選

...

普通のボブにはもう飽きた! 今旬なのは ふんわりかわいいワンカールボブ♡

くるっと巻いた毛先で女性らしさと大人かわいさが出るワンカールボブ。軽やかな雰囲気は、暑くなってくるこれからの季節にもぴったりですよね。いつものヘアスタイルにひと手間プラスしてできる、ふんわり大人かわい...

黒髪でも軽やか&おしゃれにきまるコーデの小技 初デートのおすすめモテコーデ♡

就活や学校、お仕事の関係で、明るいヘアカラーができないという人もいると思います。 黒髪ってすてきだけど、どうしても真面目に見えたり、重たく見えがちで、納得のいくコーデができずに悩んでいる……という方も...

甘すぎない上品モテコーデにはストライプ柄が大活躍♡

この春大活躍のトレンドトップスは、甘めシルエットのアイテムが多く、華やかでウキウキしちゃいますよね♡ でもうっかりすると“こってり系甘め女子”になってしまう可能性も……! ...

彼ウケ抜群♡ 仕事帰りのキレイ目デート服スタイル

人気ブランドでつくる“彼ウケ”コーデ。今回はRoomy's(ルーミィーズ)池袋PARCO店のショップスタッフ金光まさえ(かねみつまさえ)さんの提案。今日は仕事帰りに彼とデート♡ そんな日のベストなスタイルは?...

こなれ感たっぷりの着こなし♡イエローをスカートに投入しよう

今季の注目カラーといえば、ピンク&イエロー♡ なかでもイエローは、爽やかで春らしいカラーですよね。今回は、オシャレさん達が魅せる素敵なイエロースカートの着こなしをご紹介します。...

Keyword