男性にとってメールとは何か抑えておこう

男性がスマホを使用している まず男性にとってメールがどんな存在なのか説明します。 私たち女性とはまったく捉え方が違いますので、自分の考え方や価値観を押し付けてはいけません。 復縁を望むのであれば、元彼の気持ちになってみることがとても大切です。

メールはただの連絡手段である

女性にとってメールは、会話を楽しむものであったり、コミュニケーションをとるツールですよね。でも男性にとっては、必要事項のやり取りをする連絡手段でしかありません。 男性同士のメールは、 「明日の待ち合わせは○時に△△ね。」→「わかった」 これで完了なのです。 反対に女性同士だと、 「明日の待ち合わせは○時に△△で良いかな?」→「うん!パンケーキ食べるの楽しみだね♡洋服は何着て行こうかなっ」→「このあいだのスカートが似合っていたよ〜!そういえばさ、昨日のテレビで・・」 と言う具合に、話がどんどん膨らんでいきます。 基本的に男性は意味のないメールはしない。ということを頭に入れておくようにしましょう。

とにかく面倒くさいものである

気の利いた文章を考えて、絵文字、顔文字、ビックリマークまで・・とにかくメールは面倒くさいものです。 内容を読んで、納得したら返信はしません。 心の中で「了解〜」と思えばそれでよしとしています。 気軽な返信だったらすぐにできますが、長文だったり返信内容に困るような内容のメールは、見ただけで頭を抱えてしまいます。 単純なメールを好むということです。

後回しにして忘れがちなものである

スマホでゲームをやっている時にメールがきたら・・チラッと見て、「後で返信しよう」とゲームに戻ります。 そしてそのまま忘れ去ります・・。 また、友達と楽しい時間を過ごしている時や、仕事中に来たメールもあっさり忘れてしまいます。 「どうして忘れちゃうの!」そう女性なら思うでしょうが、仕方ありません。男性はこういう生き物なので、その生態にあった対応をしていかなければ、復縁の可能性の下がってしまいます。 元彼の生活パターンを思い出し、送る時間帯に気をつけてあげることで、この危険を回避することができます!

復縁したいあなたの心構え

色気のある女性 次はあなた自身の心構えについてお話しします。 復縁は、望んですぐに手に入るものではありません。また、自分勝手に手に入るものでもありません。良い機会ですので、しっかりと自分自身を見つめ直し、さらにレベルアップして元彼にまた”惚れさせる”ように仕向けましょう!

自分は元カノであるということを受け入れること

一度別れた以上、あなたは元カノです。他人なのです。 気軽なメールの文章や、元彼のプライベートにずかずかと入っていくようなことはしてはいけません。 元カノなのですから、一歩引いて、言葉遣いや元彼の名前の呼び方まで馴れ馴れしくせず、他人行儀に振る舞うようにしましょう。 元カノだから・・と、変なプライドは邪魔になるだけですので、しっかりと自分は元カノであるとうい事実を受け入れましょう。

すぐに結果や見返りを求めないこと

この完全マニュアルに沿ってメールを送ったからといって、すぐに復縁できるわけではありません。 すぐに返事がこないかもしれませんし、なかなかイメージしたような元彼の反応が得られないかもしれません。 でもそれは仕方のないことです。 なぜならば、初めて出会って、付き合い始めるに至った頃は、すでにお互い「ちょっと良いかも」と思っている状態でしたが、一度別れてしまうとマイナスのイメージからのスタートになるからです。焦らず、じわじわと元彼の気持ちを取り戻していくしかないのです。

別れの原因を見つめ直すこと

なぜ別れてしまったのか。そこをしっかりと解決しなければ、せっかく復縁できてもまた同じことの繰り返しになります。 もしあなたのわがままが原因で別れてしまったのであれば、そこを直す必要があります。元彼の気持ちになって、されて嫌なこと、言われて嫌なことを直す覚悟をしましょう。 反対に元彼に原因がある場合は、あなたがそれを許すことができるのかよく考えてください。復縁を望む側として、相手に変わるよう求めるのはナンセンスです。 受け入れられないのであれば、また同じような展開が待っていることを忘れてはいけません。 特に浮気はまた繰り返す可能性が高いですし、復縁するとなると、「また浮気しても許してもらえる」と弱みを与えることにもつながります。 よく考えてみてくださいね。

絶対ダメ!復縁の可能性を下げるNGメール

女性からのお願いに背を向けている男性 絶対にやってはいけないメールがありますが、結構やってしまいがちなことがありますので、「私は大丈夫!」と思わずにしっかりと読んでください。

復縁したい気持ちが見え見えの内容

元彼はもしかすると、あなたと別れてホッとしているかもしれません。 そんなところに未練たっぷりの、「〇〇くんてやっぱり素敵だなぁ」「あの時のデート楽しかったよね」「今度はいつ会えるかな?」なんてメールが届いたら間違いなく引いてしまいます。 大切なことはメールではなくて直接伝えましょう。メールはあくまで”きっかけ”ですので。

元彼に恐怖を与えるずっしり重たい内容

「あなたのことが忘れられない・・」「あなたがいないと私もうダメかも・・」なんて内容は、もはやホラーです! ストーカー疑惑をもたれてしまい、返信がこないばかりかブロックをされかねません。 内容はあくまでライトに、明るく。元彼に安心感を与えられるような内容にしましょう。

返事がこないのに送り続ける

これもストーカー疑惑をもたれる要因です。 たとえ明るい内容であったとしても、何度もなんども送るのは絶対NGです。 返事がこない場合はせめて1か月は空けましょう。返事が来た場合もすぐには返事を返さず、1日くらいはおいたほうが得策です。 あまり元彼のメールに執着していることに勘付かれないほうが良いのです。

別れのタイプ別!復縁メール例文集

ミスをして困る女性 いよいよ実際のメール&LINEの文章についてです! 別れたパターン別に解説していきます。

勢いで別れたケンカ別れの場合

別れた直後はお互いに怒りが冷めず、復縁したいのにまたケンカになってしまう場合がありますので、1.2週間は冷却期間をとりましょう。 「〇〇くん、元気ですか?私は大きな会議も終わってホッと一息ついています。この間は大声で怒って泣いちゃってごめんね。お詫びにランチでもどう?借りてた漫画も返したいから。」 一番復縁がしやすいパターンです。 元彼も後悔をしている場合が多いからです。しかしこれまでに何度も何度もケンカが絶えないような状況でしたらまた話は別です。その場合は冷却期間を1.2か月開けるようにしましょう。

自分から別れを切り出した場合

これも復縁は比較的しやすいでしょう。 冷却期間も1.2日で大丈夫です。それは、元彼が別れを受け入れ、気持ちが固まる前に復縁したほうが良いからです。 「〇〇くん、確か明日大事な商談の日だよね?頑張ってね!応援してます!」 このくらい短く、カンタンな物でOKです。 「あれ?もしかして嫌われたわけじゃないのかな?」そう思わせられれば良いのです。

彼に振られた場合

これが一番難しくデリケートな場合です。 元彼は、あなたのためを思って、完全に連絡を断つことがあります。 なのでじっくり冷却期間を持つ必要があります。 だいたい3か月〜1年くらいでしょう。 「〇〇くん、久しぶりだね。お元気ですか?私は最近部署異動になり、バタバタしていたんだけど、新しい業務が楽しく感じられるようになってきました。〇〇くんはお仕事どうですか?」 充実した生活を送っていることをアピールしつつ、元彼の様子を探るように一つだけ質問を入れましょう。複数の質問を入れるのは、返信を億劫にさせる原因です。 できるだけあっさり、そして未練を感じさせず、また友達に戻れるような雰囲気を出しましょう。

送る前に確認!復縁メールチェックリスト

チェックリスト メールは打てましたか?それでは早く送信したい気持ちを抑えて、最終確認をしましょう。
  1. 丁寧な言葉遣いになっているか
  2. 明るい内容になっているか
  3. 未練や復縁を感じさせるような言葉はないか
  4. 質問は一つまでになっているか
  5. 送る時間帯は彼がメールをしやすい時間帯か

まとめ:正しい復縁メールで元彼と寄りを戻そう

距離が近いカップル ここまで実践できたらあとは焦らずじっくり、元彼との距離を縮めていくのみです。正しくメールを送れば、確実に元彼の気持ちも揺らぎます。あなたの復縁を応援しています!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!