奥手の意味とは?

後ろに男性、切ない顔をしている女性

一般的な意味

「奥手」という言葉はそもそも成熟が遅いという意味で、稲の品種を語源とした言葉です。一般的には、奥手という言葉に、消極的とか、不器用というような意味合いはありません。しかし、恋愛に限っては「奥手な男性」「奥手な女性」と言うと、恋愛に消極的な草食男子および女子を意味します

恋愛に奥手ということ

「奥手な男性」「奥手な女性」という言葉は、恋愛に対して消極的であるだけでなく、恋愛の耐性がなく、恋愛経験も少ない人を指したりもします。男女とも異性に対しての恋愛アピールに乏しく、経験もないため、恋愛の流れが理解できなかったり、好意がわかりにくかったりします。

ピュアで不器用なイメージ

気合を入れている女性 奥手というのは悪いイメージだけでもありません。一見恋愛に不器用といったイメージが根強く、あまりモテないように思えますが、実際は「遊びなれた人よりもいい」という人も多いのです。男女ともある一定層にはモテるのが現実です。

真面目そうなイメージ

そして、奥手の人が人気という場合のNo.1の理由は、「真面目そう」なイメージ。確かに古今東西、真面目な人はやはり人気です。そう考えると、奥手な人がモテるというのは頷けます。

奥手な男のタイプ

おとなしそうな男性

消極的な行動

「ここ、キスするところだろ!」とか、「抱きしめてくれるところでしょ!」というシチュエーションで行動に移さなかったり、仲が良いのにずっと告白してくれなかったり…。女性からしてみるとはっきりしない態度にイライラしてしまったり、「好きじゃないのかな?」と疑問を持ってしまったりすることも。

行動がぎこちない

好きな人と話すときに顔がこわばってしまったり、相槌しか打たなくなってしまったり…。また、せっかく好きな人と一緒にいるのに他の男友達とはしゃいでいたり、何度も席を離れたり…など、とにかく行動が不自然でぎこちない人が多いです。

無口で目を逸らす

目をそらす男性 こちらを見つめていることに気がついて振り向くと目を逸らす、とか、やたらと好きな人の前ではぶっきらぼうになったり無口になったりするといったケースも奥手男子ならでは。

好き避けする

やたらと避けられるとか、身に覚えもないのに冷たくされるなど、「好き避け」され、嫌われているのではないかと悩む女子も多いです。これは、嫌いだから避けてしまうのではなく、好きな人とどう接して良いかわからず、避けたりクールに装ったりするのです。

奥手な女のタイプ

いつも受け身

恋愛では、女性はいつも受身でいるものといった観念を持っているのが特徴。しかしながら男性がどうやったらリードしやすいか、リードしたくなるにはどうしたら良いかということがわかっていないのです。

対応が冷たい

奥手女子は比較的気配りや配慮ができる女性が多いのですが、なぜか好きな人や恋愛対象の男性には対応が冷たかったり、おとなしかったりするのも特徴です。男性が口説いたり、からかったりしようものなら、黙ってその場を立ち去るなど、反応も本当に冷たく、つかみどころがないのです。

自分の世界を持っている

友達に相談する女性 奥手な女性は概ね没頭できる自分の世界を持っている女性が多いです。そんな趣味や特技の世界に費やす時間を何よりも大切にしていて、熱中するあまり恋愛を遠ざけている傾向があります。同時に性格もマイペースで、男性に合わせたり、好きな人にペースを乱されたりはしません。

優等生過ぎる

子どものころから何をやっても優秀で、優等生過ぎるといった女性にも恋愛に奥手な人が多いです。夜遊びや異性との付き合いは悪いことだと思っていたり、遊びなれていなかったりといったケースです。いわゆる「いい子」でい続けたいと思っているため、意識・無意識的に男性を避けてしまうのです。

奥手男子の心理

スマートフォンを眺める男性

アピールしようと思っていない

女性にとってはあまりにわかりにくい言動が多い奥手男子ですが、そもそも女性に異性としてアピールしたいという気持ちがないのです。 決して女性が嫌いなわけでもなく、モテたくないと思っているのではないのですが、女性にアピールをしてまで女性と付き合いたくないとか、どうやってアピールして良いかわからないからアピールしないという心理が働いています。

劣等感と罪悪感

自分に自信がないために女性と付き合うことを躊躇したり、恋愛らしいことが始まる前から自分はどうせダメだとか嫌われてしまうといった気持ちが先行し、女性を避けてしまう男性もいます。 また「女性と付き合うことは遊び人」といった思い込みを持っている男性もいて、女性に近づくなんてチャラチャラした男はよくない、という価値観を持っているがために恋愛に奥手になる心理が働きます。

奥手女子の心理

膝を抱えている女性

ネガティブ思考

奥手女子の中には、もともとの性格がネガティブといった女性が結構な割合でいるものです。デートの最中に相手の仕草や言動を気にして、悪いほうに考えてしまい、「楽しくないのかな?」などと悩んでしまう結果、恋愛が苦手になっていくのです。

自信がない

自分に自信がない女性 「他の女性は素敵なのに私は全然かわいくない」とか、「きっと私は振られてしまうだろう」といった自信のない女性は恋愛に積極的になれない人が多く、奥手女子と呼ばれてしまうようになります。 また、自己価値が極端に低い女性も目の前にある幸せに気づかず、素敵な恋愛のチャンスを逃してしまい、奥手女子と呼ばれたりします。

男性が苦手

過去に男性の言動に傷ついた経験から、トラウマのようになってしまい、男性が苦手といった女性もいます。この場合、深層心理で男性を拒絶しているので、たとえ本人が恋愛を望んでいたとしても上手くいきません。本人がその傷ついた記憶と向き合い、克服していくことでしか解決できないのです。

奥手男子の攻略法

道で話す男女

好意の見極め

奥手男子は傍からはわかりにくい言動をします。ですから、本当に好意を持っているのかという見極めが非常に大切。好きで避けられているならGOサインですが、嫌われているのなら積極的に出ないほうが良いからです。

全ては女性リードで

明らかに好意があるのに恋愛に奥手という理由で近づけないでいるのだとわかったら、女性側からリードしてあげるつもりで恋愛に導きましょう。女性は「男性にリードして欲しい」と思ってしまう人も多いようですが、奥手男子に関しては、最初はその観念は一旦忘れましょう。 少しずつ慣れていって信頼しあうことができれば、彼にもリードしてくれる一面も出てくるかもしれません。

奥手女子の攻略法

女性の仕事の成功をハイタッチで喜ぶ男性

サインを見逃さない

奥手女子は、もっとも表面的に好意がわかりにくく、好意さえ気づかれないこともしばしば。LINEの返事が早いとか、声のトーンや態度が変わるといった小さなサインを見逃さないこと。気づくのは難しくても、気づいたならそれは「好き」のサインである可能性はかなり高いです。

彼女のペースに合わせる

あまりにも強引に進めると拒絶してしまうのが奥手女子。あくまでも男性がリードしつつ、彼女のペースに合わせていけると最高です。彼女の世界や価値観、気持ちを大切にしながら少しずつ刺激を与えて恋愛を楽しんでいけると、きっと女性は心からその男性に尽くしてくれることでしょう。

まとめ

手を繋ぐ男女 いかがでしたか? 奥手男子と奥手女子…結構最近増えていますよね?もしかしたら、記事を読んでいるあなたにも思い当たる節があるかもしれません。奥手男子・女子の言動はとてもわかりにくいですが、その裏には不安や自信のなさといった誰もが持っている心理があるのです。 ですから、奥手な人はそれらの心理を少しずつでも克服していくことが大切。いつまでも殻に閉じこもったままでは、せっかく幸せなチャンスがきても掴むことができないのです。少しでも奥手が克服できるよう、応援しています。

記事が気に入ったらシェアしてね!