仮面夫婦が離婚するキッカケ

仮面夫婦の多くは離婚することをなかなか踏み切れずにいます。 修復にはげんでいたり、家庭環境を考えて離婚したくてもすぐにできなかったり…と環境はそれぞれ。 それでも離婚を決める実情とはどんなものなのでしょうか。仮面夫婦に終止符を打つきっかけをチェックしてみましょう。

親との同居に問題発生

きっかけは家庭ごとにそれぞれですが、自分たち家族だけだったのが親との同居が始まる…そんな変化がやってくることもあります。 夫のことだけでも大変なのに、義理の親との同居なんて無理。 同居を始めようとして話がこじれて離婚してしまうケースが少なからずあります。

暴力で怪我をした

悲しい現実ですが、暴力で離婚する夫婦も。 普段DVの被害にあっているのに仮面夫婦を演じているケースがあります。子供のことを考えたり、親のことを考えて暴力に耐える女性がいるのも現実。 暴力がひどくなり目に見える怪我に発展してしまい、周りが気づき離婚をすることもあります。 肉体的な暴力だけでなく、言葉による暴力も離婚の大きなきっかけ。そう「モラハラ」ですね。 筆者は離婚経験者ですが、モラハラがひどい夫でした。我慢していましたが、周りに相談し「離婚できるならしたほうがいい」と口をそろえて言われ離婚に至りました。 正直別れて正解でした。

浮気・不倫

彼の浮気に悩む女性 仮面夫婦が続くとお互いの愛情が感じられなくなってしまうため、外に愛情を求めてしまう人もいます。 浮気をこっそりしてたけど、妻にばれて大喧嘩。 仮面夫婦状態だと相手に愛情がありませんから、浮気=離婚につながりやすいです。 別れたいがために外に男性を作ってしまう女性もいます。今の夫とは別れて不倫相手と再婚する。 どろどろした展開ですが筆者の知り合いにそんな女性がいましたよ。

子供の独立

子供が手を離れないうちに片親になるのに抵抗を感じて、仮面夫婦を頑張って続ける場合があります。 寂しい思いをさせたくない、経済的に不利になることで満足いく教育が受けられないかもしれない。そんなことを思うと子供のために離婚したくないのが一般的な考え方ですよね。 そう思って頑張って、いざ子供が独立したら離婚するケースは多いです。

定年

熟年離婚というワードが定着した今、これは珍しいものではありません。 今まではいつも仕事で家を空けていたけれど、定年してから夫と四六時中一緒に居る。これに苦痛を感じて離婚するケースがあります。 定年する頃にちょうど家のローン返済が完了すると「ちょうど清算にはいい時期かも」と感じる妻が多いようです。 その年代になっていれば貯金があり離婚後の経済的な心配も少ないです。一部の人は、熟年離婚を見越してこつこつ貯金するなんていうツワモノも…。 お互いのストレスを考えたら離婚したほうがマシ、と考える心理的背景が熟年離婚を後押ししています。

親の死

妻から見たら義理の親、夫の実の親が亡くなったことをきっかけに離婚する夫婦も。 仮面夫婦を続けていて離婚はしたいと思っているけど、義理の親との付き合いがあると離婚なんて考えられない。 特に嫁姑の仲がいいと妻は自分を犠牲にして仮面夫婦を演じてしまうようです。 そんな状態の中、義理の親が亡くなってしまった。「もう付き合いはないし、向こうの親にとやかく言われる心配も無い。離婚しよう」と決意のきっかけになります。

修復したいならこれを実践!!5つの方法

首をかしげて考える女性 家庭のことを考えるとやっぱり離婚したくないし、夫ともう一度仲良くなりたい。それなら修復を頑張ってみるべきです。 でもいまさら夫と会話なんて持てないと悩んでしまいますよね。 大丈夫ですよ、ちょっとずつ変化を持たせて接点を増やしていきましょう。

夫の好きなご飯を用意する

料理をする女性 仮面夫婦になると、料理が簡素になりがち。…そういえば夫の好物なんだったっけ、と忘れかけていませんか。 夫婦関係に変化を持たせたいなら、料理にこだわってみるといいですよ。 夫の好きな食べ物が食卓に出れば、鈍感な男性でも何かに気づきます。「俺の好きなもの覚えてて作ってくれたのかな」と関心を持つ大きなきっかけになりますよ。 毎日出すようでは何だか怪しくなってしまうので、週に1回曜日を決めて作ってあげるといいでしょう。 曜日を決めることで忘れることを防げますし、夫は「○曜日はご飯が楽しみ!」と思ってくれるかも知れません。 そこから「今日のご飯何?」と夫が聞いてくれるようになったら嬉しいですね。

相手の趣味に興味を持つ

ちょっとハードルが高いように思えますが、簡単にできますよ。 高額な金額のかかる趣味はあまり肯定しすぎるといけませんが、夫のかわいい趣味に興味を持つようにしてあげましょう。 趣味の話聞かせて!!と食いつく必要はありません。 「最近写真撮りに行ってないようだけど、忙しいの?たまには自分の好きなことしてきたら?」と相手のことを心配しつつ、趣味に気遣いをみせる一言をかけてあげるだけ。 男性は単純ですから、「俺のこと心配してくれてるぜ、なんていいヤツだ」とちょっと感動するはず。それが趣味に関わることならなおさらです。

仕事の大変さをねぎらってあげる

ベッドでくっついているカップル これは簡単にできそうで難しいことですね。ちょっとしたコミュニケーションなのですが、簡単なことほどおろそかにしがちです。 家族のために頑張っている夫、ねぎらってあげてますか。女性だって手一杯ですから「いまさら夫をねぎらうなんて抵抗ある」と思うかもしれません。 そんな時は「お疲れ様」と言ってあげてください。 お互い生活リズムが違い一緒に食事が取れない場合はちょっとしたメモを残しておくのも効果的です。直接言葉で伝えるのは恥ずかしいですが、一言メモならもうちょっと気が楽ですよね。 「いつも遅くて大変だね」とメモがあるだけで夫婦の感情は変わってきますよ。

今の夫婦の状態を正直に夫に話す

生活に変化をもたせる一工夫をしてみても駄目だったら、正直に今の心境を夫に話しましょう。 普段の会話がないのに、いきなり話すのが嫌だ。そう感じるかもしれませんが、前に進むためには苦痛が伴うものです。 すれ違いを正すためには、ある程度真剣な話し合いも必要です。この話し合いが喧嘩になってさらに亀裂を深めてしまうケースもありますので注意しましょう。 話し合う前に伝えたいことをしっかり整理して、冷静に話し合うことがとても大切です。

カウンセラーに相談する

座って向かい合うカップル 夫婦だけの力で解決できないパターンもあります。 それでもなんとか修復したい!という場合は専門家を頼るのもひとつの方法です。 仮面夫婦は冷静さを失っている場合もありますから、第三者に話を聞いてもらって今の状況を打開するのはとても効果的です。 インターネットでカウンセリングを行っているところもありますので、自分たちの力で解決できないと思ったら素直に頼ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

自撮りするカップル 仮面夫婦状態をなんとかしたい。そんな気持ちがある今なら、まだまだ修復できる可能性はありますよ。 しかし、修復の途中で思ったように前に進まず挫折してしまう女性もいます。修復がこじれて離婚に至らないように慎重に事を進めるのも大切なこと。 焦って自分の気持ちを夫に押し付けてしまうと逆効果になってしまうことも。 普段会話が無い家庭で修復をしていくのは大変です。でも、会話を持とうといきなり頑張り過ぎないようにしてください。 料理、趣味、仕事…小さなコミュニケーションをとる努力をちょっとずつして、徐々に会話につなげていきましょう。 修復が上手くいかず離婚になり「あの時もっと頑張ってればよかった」と後悔したくありませんよね。 あの時頑張ってよかった、と思えるように修復に前向きになってみましょう。

記事が気に入ったらシェアしてね!