Middle shutterstock 274030400

目次

恋愛強者しか知らない仮氏&仮女の5つのメリット

バイクに乗っているラブラブカップル

仮氏&仮女は恋愛を楽しくしてくれる

恋愛強者に属する人はみんなキープの男性、女性として仮氏&仮女がいます。その理由は、恋愛を楽しむためです。仮氏&仮女は、決してどうでも良い扱いをされる人たちのことではありません。本命の男性や女性との恋愛を楽しむために、心の余裕を保つために大切な存在です。恋愛強者は、そんな仮氏&仮女の存在を大切にしているんです。

寂しい期間はタブー!恋愛強者でいさせてくれる

仮氏&仮女は、先を見た時にはそれ以上の発展は期待できない存在とも言えます。ただし、男性にとっても女性とっても、1人の期間はどうしても恋愛弱者にするというマイナスの力としてしか働きません。恋愛強者として居続け、すでにいる本命へのアプローチやこれから出会う運命的な人のために備えるには、仮氏&仮女の力が必要です。

目的が必要!日常をキラキラさせてくれる

恋愛のためと考えを狭めすぎなくても、キープの存在は絶対的に有効に働きます。例えば、仕事を頑張ろうと考えても、どうしても1人では無理なんです。良いリアクションをしてくれる存在は、それだけで頑張りがいがでたりするもの。趣味のハマり具合も、気軽に話す相手がいるだけで、楽しみ方が違ったりするものです。

恋愛強者の条件!恋愛の失敗を経験できる

「キープ」という表現に対して、嫌悪感を抱いてしまう方もいると思います。しかし、恋愛においてはその失敗の数で強者か弱者かが大きく別れてくるものです。そして、仮氏&仮女は、本命とは一線を画す存在ですので、思い切った行動を取りやすいというメリットもあります。失敗の数は考え方次第で、今後の糧とすることもできます。

本命を揺さぶるため?駆け引きのカードになる

男性も女性も恋愛に本気になるためには、「ちょっと頑張る」という感覚が必要です。そして、本命に火をつけるためには、仮氏&仮女の存在を有効に活用することです。何気ない会話の中で、「簡単に手に入る人じゃないな」と感じさせるためにも、キープの存在を匂わしてみましょう。それでも諦めない人が本気の人です。

【男性編】キープとのうまい付き合い方とそのメリット

ラブラブなカップル

どんな自分でいる?客観的に見てくれる存在

仮女という存在は友達とも違い、あくまで異性として自分を見てくれる存在です。そのために、恋愛強者らしい余裕のある、女性の優しい接し方ができていなければ敏感に反応します。仮女の前で、そんな姿でいられなければ、本命の前でもモテる男性としていることはできませんので、自分を冷静に見てくれる存在として付き合いましょう。

なにが好き?女性の喜ぶポイントを学ぶ

仮女は決してひどい扱いをして良い存在ではありません。大人の関係として、先は見通せないけど、大切な存在といった関係です。そのため、楽しませる必要があるという点では、本命と変わりません。その中で、恋愛強者の条件である、異性を喜ばせるスキルやポイントを自然と身につけていくことができます。

モテる男には必要不可欠!

男性がモテるかどうかは、実は楽しませることだけではありません。仕事を楽しそうにしていたり、豊富な人脈をもっていたりと充実している感じが大切になります。アプローチをかけたい本命の女性に、「この人モテるな」と思わせる充実感を演出するために、キープの存在は欠かせないと言えるでしょう。

【女性編】キープとのうまい付き合い方とそのメリット

高級そうなレストランにいるカップル

ときめきは最高の美容成分

女性にとって、キープはときめきを与えてくれる存在です。女性は恋愛をしていない時間が長ければ長いほど、異性からの目線を意識しなくなってしまうものです。しかし、仮氏の存在がいることで、ときめきを忘れずに恋愛強者で居続けることができます。仮氏は、女として居続けるために、非常に大切と言えるでしょう。

本命を行動させる!起爆剤の役割も

指の隙間からこちらを見ている笑顔の女性 男性の心理は非常にシンプルなもので、「手が届きそう」という感覚を呼び起こしてあげることが大切になります。例えば、本命に対して、「明らかに気持ちがあるな」という印象を与えつつも、こまめにLINEのチェックをするなどの行動を見せる。こういった行動をとってると男性は混乱しつつも、異性として魅力的な女性が欲しくなるものなんです。

弱気は最大の敵!思い切った行動で恋愛が変わる

男性にとって女性が1番魅力的に映るのは、気を遣わずに自分らしさを表現している時です。男性の目を意識して、モテようとしていると思った瞬間に冷めてしまうもの。こんな男性心理から、恋愛強者は仮氏の存在を大切にして、男性の評価を気にしない状態をあらかじめ作っているんです。恋愛強者は、本心から恋愛を楽しんでいるとも言えますね。

キープがいないとどうなる?恋愛弱者が陥る3つの落とし穴

男女がベッドで顔半分出して驚いている

失敗できない!本命からの評価を恐れる

キープがいない状態は、表現を変えると失敗できない状態を意味します。その結果、恋愛強者とは対象的に、本命の前ではどこか相手の様子を伺うような、気を遣い過ぎている素振りが多くなってしまいます。本命の男性や女性は、よそよそしい態度をとっている限り本心を明かそうとはしないため、お互い距離を縮めるきっかけがない状態が続いてしまいます。

自信がない!恋愛を拒み始める

男性を拒否する女性 恋愛から距離をおいている人のほどんどは、自信がもてずに異性と距離を縮めることができない状態にあります。良し悪しはありますが、仮氏や仮女は評価してくれる存在として、正解も不正解も教えてくれる存在です。そんな評価があって初めて、自信もついてきますが、恋愛弱者になってしまうと自身をもつきっかけも失ってしまっているんです。

バレちゃう?恋愛弱者は空気で分かる

「この人あんまりモテないだろうな」という印象は、もちろん恋愛スキルもありますが、ほとんどは空気感を根拠に下されてしまいます。男性の場合の充実感や女性のときめきは、小さな素振りや見た目に出てしまうんです。恋愛弱者は、なにか具体的な行動をしなければ、この空気感を拭うことができません。

ここが違う!恋愛強者と恋愛弱者の5つの違い

手でハートマークを作る女性

評価は任せる!客観的な視点の重要性を理解している

恋愛強者は客観的な視点をポジティブに活用します。例えば、仮氏や仮女に「こうしたら?」とダメ出しをされても、それでいいんです。自分で自分を評価して、改善することは意外と遠回り。恋愛においてもポジティブに周りの意見を取り入れることで、効率良く恋愛強者に近づいていけるはずです。

無理に合わせない!素でいることの大切さを知っている

恋愛を楽しめる恋愛強者は、基本的に自分らしさを表現することができます。悪い表現をしてしまえば、ワガママとも言えますが、恋愛も人間関係。無理に相手の様子を伺って、合わせていたりしていてもうまくいかないものはうまくいきません。思い切って自分らしさをぶつけてみるのも、関係を変えていくためには大切です。

場数勝負!失敗することの大切さを理解している

ハートに囲まれて笑みを浮かべながら何かを考えている女性 さらに恋愛強者は、失敗することについても前向き。仮氏や仮女など、大切な存在でありながらもどこかのタイミングで別れがくることを分かっている相手であれば、失敗しても怖くないという状況を作ることができます。そして、意外と「失敗してもいい」くらいの心構えが、好循環に繋がったりするものです。

固執は醜い!ゆとりをもつことに重きをおいている

恋愛において固執がプラスに繋がることはありません。女性目線でも、「お願いだから一緒にいて」と懇願する男性に魅力を感じることは少ないハズ。駆け引きという視点でもキープがいることは有効ですが、それ以前にお互いの関係をフラットに保つために必要なことと考える必要がありそうです。

人間的魅力!楽しい時間が人間性を養うことを知っている

仮氏や仮女などがいることで、1人の時間にはない、楽しい時間を過ごすことができます。「自分は必要とされている」と思えるだけで、恋愛だけでなくプライベートや仕事にも前向きになれたりしますよね。そんな少しの気持ちの変化があることで、人間的な魅力も大きく増してきます。結果的には、本命の異性からも「魅力のある人」と評価されるようになるハズです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。