Middle shutterstock 373550518

目次

冷却期間の意味

女性は後ろ姿で座っていて、男性がその場から立ち去る いまだに忘れられない大好きな彼氏と復縁したいと考える人は、冷却期間が必要と言うことを聞いたことがありますか?別れた時から、次に彼氏と接触するまでの空白の期間というぐらいの認識でしょう。どれぐらいの期間を空けたら良いのでしょうか? 「しばらく会っていないからボチボチ連絡してみよう!」などと簡単に結論を出して行動すると、とんでもない失敗をしてしまいます。冷却期間とはそんなに簡単で単純なものではないのです。 冷却期間には、復縁に向けての具体的な目的意識をもつことと、どれぐらいの期間を空ければ良いのかを考えるのです。冷却期間は、復縁を成功させるためにはとても重要なのです。

冷却期間をおくことの必要性

背中を向けて不機嫌そうに寝ているカップル

お互いに冷静になれる

復縁のための冷却期間とは、彼へのメールや電話、友人を通じた意思表示なども含めて、彼との接触を一切断っている期間のことです。この期間に、お互いの感情をクールダウンさせたり、別れの直前に生じた誤解なども自然に解消させるのです。

自分磨きの時間ができる

それと共に大事なことは、冷却期間の間に自分磨きの努力をして、別れる前よりも魅力がある女(または男)にステップアップしておくのです。女性の場合なら、元カレ以外の男性からも、魅力的でつき合いたい女だと思われるぐらいに自分を磨いておくのです。このように、冷却期間とは、お互いが冷静になれる期間で、しかもアナタ自身の魅力を身に着ける期間でもあるのです。

復縁までの期間

一人で海にいる女性

実際に復縁したカップルが要した期間

別れてから見事に復縁できた実際のカップル62組のあるアンケート調査によりますと、復縁までにかかった期間では、3ヶ月以内が21%、3~6ヶ月が25%、6~12ヶ月が18%、1~2年が13%、2年以上は10%だったそうです。ただし、この場合の期間とは、冷却期間を含めたトータルの期間のことです。

短期勝負がポイントかも?!

この結果では、半年以内に復縁したカップルは全体の46%と約半数を占めていて、1年以内で見ると全体の64%に達しています。この事実が意味することは、もし別れてしまってから、やっぱり彼(または彼女)がいないと幸せに暮らしていけないと感じたら、1年以内をメドに短気で復縁を勝ち取ることが重要だと言うことです。このことを考えると、冷却期間は必要だけれども、それほど長くは必要ないとも言えます。

冷却期間はどうやって決めるの?

極端に言うと、冷却期間が非常に短い時もあるのです。何かの原因でお互いが興奮して、相手の非を責め合ってからどちらからともなく「もう別れよう!」と衝動的に叫んだような場合です。 つまりごく些細なことでの喧嘩別れでは、冷却期間なんていりません。別々になってから、1時間もしないうちに感情も落ち着くと、どちらからともなく「さっきはゴメン!」のメールひとつで仲直りのこともあります。 一方、付き合っている時にどちらかの二股交際がバレてしまったとか、大人の関係になってしまってから結婚の話を避けるとか、相手の誠意が感じられないような深刻な原因がある場合には、冷却期間は長くなることを覚悟する必要があります。このように、冷却期間は分かれた時の原因や状況によって変わるのです。

冷却期間に復縁の可能性を高める3つの方法

買い物をする女性

冷却期間で変化する気持ちを知る

相手との連絡を一切断って過ごしていると、一定の時間が経つにつれて気持ちも変化していきます。最初の1週間では、禁断症状のように寝る時に相手の顔が頭に浮かびます。これでよかったのかな?と未練が残ります。 1ヶ月経つと、本当にまだ好きなら相手の存在が気になってしかたがありません。今頃どうしているのか、誰か好きな相手が見つかったのではと、自分自身を否定してしまうのです。しかし、心の中では相手からの連絡を待っていることに気づきます。 3ヶ月経つと、相手との恋愛の思い出が風化していくことに気づきます。断片的な記憶だけが蘇ってくるのです。6ヶ月も経つと、嫌な思い出も雨に流されるように消えていきます。この時期に、デートした時の場所を通ると、楽しかった当時の思い出が蘇ってくるのです。 1年が経つころには、あなたの自分磨きも終わるころで、誰と出会っても堂々とお付き合いができるのです。新しい相手にも恵まれる時期でもあります。そのことでさらに自分磨きにもなるのです。 2年以上経つと、良いお相手が見つかると、結婚したいという意識が芽生える時期です。もしもこの時期に復縁のキッカケができると、たちまち結婚を前提の交際に発展するでしょう。 このことから言えることは、些細な理由で別れた時には、3ヶ月までに復縁のキッカケを作ることで、深刻な原因で別れた時には、嫌な思い出が風化し始める半年ごろから連絡を取り始めることが良いでしょう。後は、お互いの性格とか環境で判断してください。

冷却期間にアナタ自身を磨きイイ女に変身する

別れたと言うことは、アナタに何かの原因があるはずです。友人にでもその原因を探してもらって、冷却期間に修正するのです。太り過ぎているというのなら、ダイエットに取り組んでみます。性格面で多い原因は自己中な性格です。性格の場合はどこが相手の気に障ったのか、しっかり見つめなおしてみましょう。美容の面では、香水にもいろいろとチャレンジしてみましょう。

昔の未練を思い起こさせる

2人でよくデートした場所も、記憶に残しておきます。ドライブしたことやシャレたレストランで夜景を見ながら食事したとか、あの頃の記憶を保ち続けるのです。もしも、元カレから連絡があればそんな思い出の話題を出すと、元カレの方にも未練を思い起こさせることにもなるのです。

絶対成功させる5つのコツとは?

疑問について考える女性

別れ際の態度や言葉を覚えておく

些細なことで感情的になってしまい、売り言葉に買い言葉的な別れの場合には、お互いが素直に謝ることで復縁も可能性が高いようです。着信拒否をされていなければ、はやく仲直りすべきです。逆に、深刻な別れの場合は、冷却期間を置いてからキッカケづくりをします。

自分磨きを実行する

内面的なことや外面的なことに対して、磨きをかけます。内面的なことでは、カレに対する言葉遣いや態度です。カレが嫌がっていた顔を思い出すはずです。同じことを繰り返さないことです。 外面的には、思い切って髪型やメイクの方法を変えてみます。さらに、太っていると思われたら、ダイエットにも取り組んでみます。以外にも、料理教室で料理を学んでおくこともお勧めします。

不意に連絡があっても慌てない

不意に好きな元カレから連絡があっても、慌ててデートの約束をしてはいけません。また、別れた時のふたりの関係に戻ってしまうだけなのです。別れた原因も分かっているはずだし、その後に自分磨きもしています。以前のアナタではないのです。改めて、昔の友達から始めて、まだ脈ありを確認してから対応します。

冷却期間が終わった後のキッカケづくりをイメトレする

見つめ合っている二人 別れの時の雰囲気から、復縁の行動を取るまでの冷却期間を考えます。普段仲の良いカップルが些細なことから喧嘩するような状況だったなら、3ヶ月から6ヶ月の冷却期間が考えられます。深刻な関係で別れたのであれば、少なくとも1年以上の冷却期間が必要でしょう。 冷却期間が終わる前には、相手の今の状況を調べて、接触するきっかけを探ります。強い拒否行動を取っていると感じる時にはキッカケづくりはやぶ蛇です。そうでなければ、まずは薄く何気なくコミュニケーションを取ることを考えます。 その方法とは、直接元カレだけに電話やメールをするのではなく、昔の仲間のみんなに何かを知らせる同報メールを送ることです。自分のアドレス変更のメール、共通の知人の連絡先を聞くメール、自分が参加しているイベントの案内とか、いろいろ考えられます。 これに元カレから返事が来ればまだまだ脈ありです。この時は、すぐに会う約束を求めずに、お元気ですか?という感じの相手を労わるような返事でお礼を返します。それに合わせて、共通の知人の近況を聞いたり相手の趣味の話を聞いたりして、更なるキッカケを待つのです。 もしも元カレが何かの弱音をはいたり悩みごとを呟いたりしたらしめたものです。自分も実は困っているの!と相談を持ち掛けて会うこともできるかも知れません。あくまでも、アナタが知り尽くしている元カレの気持ちを計っての行動になります。

復縁はスピード勝負と心得ること

復縁は、時間をかけすぎてもお互いの環境や性格も変化してしまいます。まして、元カレにも新しい彼女ができるかも知れません。復縁したい!きっとできる!という強い信念を持って、冷却期間に自分磨きをきちっと行うのです。6割以上の復縁に成功したカップルは、別れてから1年以内の期間で達成しているのです。

まとめ

復縁したいという気持ちがあれば、どんな努力もできるはずです。別れの時の悪いイメージが消えないままの接触は、逆効果になることを覚えてください。1週間でも良いので、冷却期間を持つのです。 その間にお互いの昂った感情を冷やして、自分の欠点を見つめ直し、自分磨きの時間に当てるのです。復縁には、きっとできるという信念と自信、女としての成長した魅力、冷却期間の後のキッカケづくりの戦略の3点が重要なのです。復縁を望んでいる人たちの参考になれば幸いです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。