Middle shutterstock 519702181

目次

仮氏には居心地と経験値を

ビジネスの経験豊富そうな男性

共にいると楽しい男性をキープ

仮氏であっても、妥協できないポイントはあります。例えば一緒に過ごして楽しいかどうか。友達にしろ恋人にしろ、居心地の良さは最重要事項であるはず。ならばその中間とも言うべき仮氏も同じです。もしイケメンや高スペックの人が身近にいたとしても、数時間共にいるだけで不快に感じるようなら、キープしても辛くなるだけです。 反対に、もし楽しさを超えて信頼までできるようになったら、もしかしたらその仮氏は彼氏になるかもしれませんよ?

年上が有利?人生経験が多い人

後述のメリットと関わる特徴ですが、恋愛が得意な女性は自分が学べることが多い男性を仮氏にします。2人で過ごす時の話題も豊富なので楽しさとも繋がりますし、知り得たことをいずれやってくる本気の恋に活用するためです。 ある調査では年上仮氏という、自分より年長の方をキープしている女性が多いとか。無論、年下だから経験不足とは言えませんし、年齢を経たからと言って知識の全てが参考になるとは限りません。ですが目安の1つとして、年の功は考慮しておきたいです。

あなたに対する男性の気持ちも考慮

向き合ってスマホをいじるカップル

告白は拒否よりも保留がベスト?

当然ですが、男性側があなたと何とも思っていないのであれば、キープも仮氏もあったものではありません。あなたを慕ってくれる人もキープくんの特徴です。こちらもメリットに起因しますが、ある程度のワガママが可能であり、あなたからの連絡に対してマメに反応してくれます。 告白を受けた時は本気でなくてもOKしておく、あるいは、まずはお友達からのノリで付き合いを始めてみましょう。相手の好悪を弄ぶのではなく、自分でもその男性を彼氏に昇格させるべきか悩んでいる人におすすめ。

礼儀作法における優しい人

ジェントルマンだとなお良いです。要はただ優しいだけでなく、レディファーストができる男性。例えば、外を出歩く時に男性が車道側を歩く、スピードも女性の歩幅に合わせられる、買い物では重い荷物があれば持つ、などですね。

決定権を女性に委ねてくれる

レディファーストなので、基本的に拒否がないのもキープ男性に多い特徴です。例を挙げるなら、デートの際、その場で食事を取るお店を選ぶときに、女性に「何が食べたい?」と聞くタイプ。女性が食べたいものを言えば、1も2もなく了承してくれます。 この手のエピソードは、女性が何でも良いと答えた割に結果に難癖つけることでも知られています。が、本命には決断力の高さを求めている女性も多く、男性側が事前に決めていないことが難癖の原因というパターンもあります。

仮氏が居ればこんな時に助かる

悲しんでいる女性

1人の寂しさを仮氏で解決

では本気でない男性と付き合うことで何が良いのか。まずは1人の孤独が解消されることです。寂しいのはもちろん、急に休みになってしまった時に誘える相手という存在ができます。特別な趣味もなく、何もしない日が1番困るという人にはぴったり。また友達が誘いを断っても、仮氏ならついてきてくれる可能性が高いです。

ご飯は基本的に仮氏の奢り

女性の場合、食事デートは相手に奢ってもらった経験のある方は多いでしょう。これは仮氏にも言えます。友達だったら割り勘もあるでしょうが、恋人未満なら男性がおごってくれることを期待できるのです。もちろん男性全てに言えることではありませんが、ほかにもプレゼントなど、経済的な支援が見込めます。

恋愛している気分に浸れる

キープとは言え恋は恋。よってデートの待ち合わせやメールでのやりとりなど、恋愛気分を常に味わえます。恋に恋することが自覚的とでも言いましょうか。トキメキを失いたくない、生活に取り入れたい女性におすすめ。

恋愛モードでない時もメリットが

困った時の頼みの綱

恋愛ごとを抜きにしても、仮氏にありがたさを感じる機会も多いです。例えば頼みごと。力仕事など、男性にしかできないことも多く、女友達には頼れない問題だってあります。かと言って、男友達だとその仲ゆえに断られる可能性も捨てきれません。そんな時、応じてくれるキープくんの存在は嬉しいものです。 キープくんはあなたに慕情がある分、頼る原因があなた自身のミスでも基本は味方。指摘も優しく丁寧なので、ストレスになりません。

他者を見る目が変わる

様々な人と深く関わることで、自分の人を見る目も変わります。恋愛対象とする男性に限らず、そうでない男性、果ては女性までひっくるめて、人を見る目を養うことができます。恋愛問題だけでなく、仕事でのキャリアアップや友人を作る際にも役立ちますよ。

仮氏がいるから本命もできる?

結婚式を挙げるカップル

男性にがっつかなくなる

本気ではないけど恋人がいることは間違いない。そんな意識を持てるので、仮氏のいる女性は心にゆとりが生まれます。今、何が何でも彼氏がほしいと想っている人は、その余裕のなさが原因で失敗しているかもれないと考えたことはありますか?本命に出会うためだからこそ、キープを作ることも必要なのです。

男性に対する意識の変化あり

彼氏を作りたいと思っていても、消極的な女性は男性に免疫がなく、最初の一歩を踏み出すのも大変ですよね。しかし仮氏を作るなら、ハードルは下がるのではないでしょうか?本命じゃないという意識があるので、ある程度の妥協もしやすく、気軽な関係でスタートできます。

女磨きも知識より実践!

勉強する女性 仮氏でも出会いと別れを繰り返したり、同時に複数をキープしている女性もいます。彼女らは、これまでの仮氏との付き合いを通して、男心の理解や男性視点での女性の魅力を学んでいるのです。 彼らの価値観から、自分の欠点を知る機会にもなりますよ。加えて実際に行動してみることで、今まで思ってもみなかった好みのタイプを見つけるきっかけも生まれます。

本命彼氏が元仮氏

仮氏は本命に出会うために役立つ存在ではありますが、仮氏自身が本命にならないとは断言できません。また相手を知るにはデートを重ねたり、共に過ごしてみるのが1番です。よく知らない人なのでと告白を拒否するパターンは多いですが、もし後で好みのタイプだと知ったらもったいないですよね。 筆者の友人にも、仕事の取引先の方から告白をされたという女性がいます。仕事での生真面目な性格は友人の趣味ではなく、その時はお断りしたそうです。ところが、彼はプライベートでのみ明るさや面白さを出すタイプ。友人が知った時には、既に別の女性を付き合っており、ショックも大きかったと言っていました。

本命彼氏ができたらきちんと決別を

男性を引っ張る女性 仮氏は女性側に経験となることから、作っておくべきだと解ります。しかしそれは、恋人がいない女性でも作っておくと良いのであり、恋人ができたのに関係を続けていたらただの二股です。いくら経験を積めると言っても、それがバレて本命から別れを切り出されてしまえば元も子もありません。 キープくんに本気でないと解っているのは自分だけ。それを恋人に信じてもらえなければ意味がないのです。最悪、キープのはずの男性すら離れてしまうでしょう。 全員が合意の上ならともかくも、基本的にキープ扱いというのは相手に内緒で決めるもの。相手や周囲がどう捉えるかは解りません。自分を慕うのは相手の勝手ではありますが、それを利用しすぎるのはダメ。自分の女子力や人間性を磨くための仮氏なのですから、結果として評価を下げるような行き過ぎた行為には注意してください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。