LINEで脈あり脈なし判定は出来る?

背中合わせでタブレットをいじる女性とスマホをいじる男性 今では日常的に使われ、連絡をとりあう手段として主にLINEを使っているという人の方が多いでしょう。実際現在10代20代の男女の80%はLINEを使っているというアンケート結果もあり、連絡手段としてLINEを使っていないという人はほとんどいないのではないでしょうか? そんなLINEで、好きな人の脈あり脈なしの判定は出来るのか?出来ないのか?今回はそこに注目してみましょう!

LINEは日常会話

LINEは気軽にやり取りのできるツールで、短文での会話の様なやり取りも出来ます。なので、メールよりも好きな人の脈あり判定はしやすいと言えます。例えば、LINEがコンスタントにやり取りが続き、一日中、むしろそのままずっとLINEのやり取りが続く様なら、それは確実に脈ありだと思っても良いです。

既読無視=脈なしは間違い!

切なそうに窓を見る女性 よく既読無視をされてしまう事で好きな人から脈がないのではないかと思ってしまう女性がいますが、決してそんな事はありません。既読無視というのはあくまで、その人の性格もあるので、それが脈なしという結論に直接繋がるかと言えばそうではないんです。

脈あり脈なし判定をするなら相手の性格をチェック

LINEで脈あり、脈なし判定をする上で非常に大事なのが相手の性格です。元々マメではない相手であれば、既読無視をしてしまうのは仕方ない事、よくある事でしょう。男性に関してはこういうツールに対して面倒くさいと、あまり好きではない男性も多いです。 なので、LINEで相手の脈あり脈なしを判定する場合には相手の性格をしっかりと知っておくのはとても重要な事です。

既読無視する男の恋愛心理とは?

スマホを眺めている男性 では既読無視をする男性の心理、特に男性の恋愛心理に関して紹介していきます。既読無視=恋愛外では決してないという事もわかりましたが、男性が既読無視をする理由には、恋愛心理も関わってくるんです。男性は不器用な生き物なので、あえて既読無視を選んでるという場合もあるんですよ。

無視ではなく内容を考えている

もし男性が自分に好意を持っている場合、無視ではなくじっくりと返信内容を考えているという場合もあります。男性も自分に対して好意があるからこそ、良い内容、変な内容にならない様にとじっくりと考えているんです。もちろん考えすぎてそのまま返さないままになってしまうという場合もありますが…。

気になるLINEだからこそ既読だけつけた

既読無視というのは悪い風に思われがちですが、それが仕事の忙しい合間だとしたらどうでしょうか?どんなに仕事の忙しい合間だとしてもLINEを気にかけているという事なんです。 例えばそれが夜の場合は仕事している時間ではないので、判断しづらいですが昼間や夕方、仕事をしている時間であれば、仕事をしているにも関わらず、ついつい気になって既読をつけたという可能性も高いんです。

恋愛の駆け引きをしている

LINEのサービスが始まる前のメールにおいても同じ様な恋愛心理が見られますが、わざと既読無視などをして返事を遅らせる事で恋愛の駆け引きをしているという場合もあります。そこで重ねて何度もLINEをしてくれば、男性は自分に好意があるのだと感じます。 女性側としては好意があると感じてもらいたいでしょうからそういう男性にはどんどんLINEしてしまっていいでしょう。

返事をしていい内容なのか悩んでいる

もしも男性も自分に対して好意がある場合は、男性側も自分がしつこい奴だと思われないかと心配に感じている場合もあります。こちらからのLINEが話をまとめる様なLINEの場合、そこで返事をしてしまえばしつこい男性に思われてしまうんじゃないかと不安に感じてしまいます。その為、既読無視をしてしまうという事もあります。

もちろん、好きじゃないから返さない事も…

上記は自分に好意がある場合の男性の恋愛心理でしたが、もちろん男性が好意を持っていないという可能性も十分にあります。好きじゃない人と多くLINEをするよりも、好きな人と多くLINEをしたいというのは自然な気持ちでしょう。

こんな理由で既読無視される場合も…

公園のベンチに座っている男女。距離も遠く逆を向いている 男性ならではの恋愛心理として既読無視されてしまう場合ももちろんありますが、ただただ単純な理由で既読無視をされる場合もあるので、そんな理由もわかっておきましょう。

単純に忙しい

仕事が忙しい場合はもちろんLINEを返すヒマさえもったいない、時間がないと思う男性もいます。実際筆者の様に記事を書いたりするライターなどの仕事は、LINEなどを返して手を止めてしまうと思考が一旦止まってしまうという事もあるので、LINEを返せない場合もあります。

会話がつまらない

日常会話などがしやすいのがLINEの特徴ではありますが、逆に日常会話をするのがあまり好きではないないという男性ももちろんいます。そういった男性からすれば、ただただ日常会話をするやり取りはつまらなく思ってしまいます。そういった理由で既読無視をする男性ももちろんいるでしょう。

LINEでの脈あり脈なしの境界線は!?

スマホを見て驚いている女性 LINEでの脈あり脈なし判定は実は意外とわかりやすいのですが、では境界線としては、どの様な部分が境界線になるのか?そんな部分を解説していきます。

LINEがすぐ返ってくれば脈あり

これは脈あり判定をする際に当たり前の事ですが、LINEを送ってすぐに返事が返ってくるのであればそれは脈ありと感じて良いでしょう。また、そのLINEから会話が弾んでやり取りがコンスタントに続けば確実に脈ありです。

下らない内容でも返事が返ってくれば脈あり

例えば「ヒマー」や「今何してる?」などの様な内容や、「このテレビ見てる?」など下らない日常会話のLINEなどを送っても返事が返ってくる場合は脈ありと捉えて良いでしょう。脈ありではなくとも、少なくとも好印象を持っている事は間違いありません。

スタンプや写メなど装飾がつけば脈あり

LINEがきた時に、文章だけではなく、スタンプや写メなどがついてきた場合も脈ありだと捉えて良いでしょう。男性からすれば文面を打つのだけでも手間ですが、スタンプや写メをつけるというのはもう一手間を加える作業になるので、その手間を惜しまないという事は脈有りの可能性大です。

既読無視が一日以上続けば脈なし

既読無視をされてしまったとしても、一日後に返事がくれば安心できますが、そのまま既読無視の状態がずっと続いてしまえば脈なしだと思って良いでしょう。特にその内容が疑問文であるにも関わらず一日以上も放置されてしまえば、それだけ気にされていないという証拠です。

何回かLINEしても既読無視なら脈なし

既読無視の後、何度かLINEを重ねて送ってみて、それでも既読無視という事は脈なしの可能性が大きいです。むしろしつこいと思われて敬遠されてしまっている可能性もあります。

脈なし!?と思っても諦めないで!遠くを見ている女性

もし脈なしの境界線を越えてしまっていてもそこで諦めてはいけません!LINEだけで脈なしと諦めてしまうのは早いです!

LINEでダメなら直接!

LINEはあくまで連絡をとりあうツールでしかありません。むしろそう考えている男性の方が多くいるでしょう。そういった男性はLINEで感情を表す事や、LINEで好意がある事を感じさせるのが好きではない場合もあります。なので、そういう相手には直接会って話してみましょう。直接話してみたら、良い雰囲気になるという可能性だって十分ありますよ。

まとめ

カップルがハートのパズルを作っている

LINEの既読無視に対しての男性の恋愛心理、また、LINEでの脈あり脈なしの境界線を紹介させて頂きましたが、あくまでLINEは顔の見えない連絡ツールです。LINEでの判定ももちろん参考にはなりますがそれだけが全てではありません。 しっかり相手の気持ちを確かめたいのであればLINEは相手の気持ちを探る参考程度にして、やはり実際会って話すのが良いでしょう!なので、LINEの反応だけで諦めてしまわない様にしましょう!

記事が気に入ったらシェアしてね!