Middle shutterstock 536718820

目次

振られた元カレが忘れられない?

彼氏にお願いする彼女

失恋のままにする?それとも

大好きだった彼のことが忘れられないと、失恋後、前を向けずに日々泣いて過ごす女子はたくさんいることでしょう。しかし、下を向いたままでは、いつまでたっても失恋は失恋のままです。それでいいのでしょうか? 実は、一度付き合った相手ともう一度恋を始めることは、そんなに難しいことではないのです。ルールをきちんと守りさえすれば、その恋はまた復活するかもしれません。

やりかた次第で復縁は可能

一度ダメになってしまった恋を復活させること、つまり、復縁を成就させることは簡単ではありません。しかし、やり方次第では不可能ではありません。 ただし、ただ闇雲に突き進んでは、失恋に失恋を重ねて取り返しのつかないことになりかねません。復縁はしたたかにきちんと計算をした上で、聡明に計画を立てていくことが必要です。

まだ好きなら諦めなくていい

復縁に必要な計算高さは、ともすると腹黒い女の醜態の表れのように見えるかもしれません。でも、そうではないのです。ただその人が好きだという純粋な思いが根本にあって、それを叶えるための計算です。 まだ好きなら諦めなくていいのです。しかし、ただ思っているだけではなく、成就できるように行動をする。それの何が悪いでしょうか。あなたもこれを読んで、前向きに復縁を目指してみてはいかがでしょうか。

復縁のルールを知ろう

復縁成就を狙うなら、復縁のルールを知ることが何よりも大切です。復縁には絶対に守らなければならないルールがあります。復縁のルールのキーワードは「時間」「イメチェン」の二つです。 ここでは、この二つのキーワードを網羅した、復縁を成就させる方法をお伝えします。

失恋から大逆転で復縁する方法4選

縫い付けられるハート

冷却期間をきちんと置く

彼氏と別れてからすぐに「考え直して!」と言ってしまう女性はとても多いものです。しかし、彼氏も考えがあってあなたに別れを告げています。少しも時間を置かないで「別れたくない」「やり直したい」と告げてしまっては、彼氏が考えて出した答えを突っぱねたことになってしまいます。 大好きな彼氏の出した答えですから、どんなにつらくても一旦受け入れることが大事です。そして、しばらくは時間を置きます。この時間が「冷却期間」となり、復縁を成就させるために必要不可欠となります。短くても三か月は冷却期間を置きましょう。

以前より断然きれいになる

前述した冷却期間中は、元彼に連絡したい気持ちや、さみしい気持ちで落ち着かない日々になってしまいがちですが、この期間を生かさないことには復縁成就は叶いません。 冷却期間は三か月から一年程度が望ましいですが、この期間中に自分磨きをして、元彼と再会したときに惚れ直させるのです。付き合っていた時より、断然きれいになってイメチェンしていることが必要ですから、ダイエットなど努力は惜しまないようにしてください。

趣味と友達を増やす

自分磨きは外見だけに留まらせないようにしてください。女は恋をすると、どうしても彼氏だけの生活になりがちです。元彼はもしかしたら、恋にばかり没頭するあなたに少し飽きていた可能性もありますからね。 つまらない女を卒業するためにも、この冷却期間中に新しい趣味を持ったり、今まで付き合うことのなかったようなタイプの新しい友達と関わったりすると良いでしょう。外からたっぷり刺激を受けて、新しい自分になるようなイメージで挑みましょう。

とにかく成就を信じ抜く

そして復縁成就に一番大事なのは、そのあなたの「思い」です。とにかく元彼と上手くいくことを信じ抜くことが大事です。信じなければ叶うものも叶わないものです。 また、成就を言葉にしてつぶやいたり、紙に書くのも効果的です。「絶対元カレと復縁成就させる!」と口にすれば、その言葉は言霊となり、あなたの味方になるはずです。

復縁で重要なのは「思いの強さ」

一人でたたずむ女性

時間がかかっても信じる

ただし、復縁は時間がどうしてもかかります。それは、冷却期間が必要だからです。冷却期間は、一回だけで済むときもあれば、一回だけではまた振られてしまい、再度冷却期間を設けることもあり、その繰り返しをしていると、年単位で時間がかかることもあります。 本当にその彼とやり直したいなら、どんなに時間がかかってもうまくいくことを信じてください。また、信じられないくらいなら、復縁は狙えません。

待てないなら次の恋へ

時間がかかってしまうことに抵抗があるのなら、復縁は目指すべきではありません。「彼はわたしにとって運命」だと心から思える相手でなければ、わざわざ時間をかけて計画を立てる必要はないでしょう。 言い換えれば、何をしても、どんなに時間がかかっても叶えたい恋こそが、復縁成就させるべき恋だと言えるでしょう。叶うまで待てないくらいなら、次の恋へ進んだ方が効率的です。そもそも、効率なんて考えられないのが本当の恋なのですが。

強い思いは通じるもの

この恋を成就させたいという強い思いは通じるものです。疑ってしまうことも、人間ですからあるでしょう。それでも、強く思い続けることが大事です。筆者の周りにも、強く思い続けて、紆余曲折を経て、約5年の冷却期間を置いたうえで復縁を叶えた人もいます。

時には占いに頼る

それでも不安な時は、占いに頼るのもアリです。復縁に強いのは「奇問遁甲」や「水晶」などです。奇問遁甲は復縁のタイミングや、再会する際に縁起のいい場所を占えるのでとても心強いです。水晶も、力のある霊能者に出会えれば、かなりの味方になってくれるでしょう。

復縁で重要なのは冷却期間

二つのハート

冷却期間が男には必要

ここまで、「冷却期間」というワードを何度も記してきましたが、この「冷却期間」というものが男にはどうしても必要です。冷却というと、カッとなった頭を冷やすような「反省」をイメージしがちですが、ここでは「反省」よりも「忘却」をイメージしてください。 つまり、うまくいかなかった恋を「忘却」するための時間が男には必要だということです。別れたときにはそれなりの理由があったはずです。しかし、冷却期間を置くことで、その理由が曖昧になります。と同時に、楽しかった思い出もふんわりと思い出すようになるので、復縁成就が近づくというわけです。

冷却中に自分磨き徹底

冷却期間中には自分磨きを徹底して、相手が驚くほど心身ともに美しくなることが大事です。付き合っていたころとのギャップが大きければ大きいほど、成就の確率は上がります。イメチェンをして見返してやるくらいの気持ちでいきましょう。

期間の長さは長いほど〇

冷却期間の長さですが、別れ方にもよりますが、できるだけ長くとることをおすすめします。なんなら、一つか二つ、違う恋を挟んでも構いません。 期間を長く置くことで、再会の時に、さも新しい出会いかのように感じられるものです。新鮮さは男女にとってすばらしいスパイスになります。

最低でも半年

冷却期間は最低でも三か月、と前述しましたが、それは別れるときに彼氏にも少しだけ未練が残っているようなときに限ります。ただ、それを見抜くのは至難の業ですよね。 冷却期間は半年は開けた方が良いでしょう。その方が、彼の頭の中のあなたとの嫌な思い出や別れについての「忘却」が進みます。

失恋しても復縁は可能、肝は「思い」

筋トレをするハート

強い思いを持ち、待つこと

復縁成就の方法について述べてきましたがいかがでしたでしょうか。冷却期間やイメチェン等、大事なキーワードがいくつかありましたが、大事なのはあなたの強い気持ちです。それがなければ叶いません。 強い気持ちを持って、諦めずに待つことが大事です。

占いは復縁時の強い味方

占いは、恋する女性の感情のバランスを整えてくれる強い味方なのではないでしょうか。外見を磨くのと同様、占いを通して心を磨き上げることは、とても素敵なことですよね。

タロットで復縁を占う

タロット 復縁に強いのは先述したように、奇門遁甲などですが、タロットなどで手軽に占うのもアリです。復縁は長い戦いになりますから、いかに自分の感情を落ち着けるかや、気分転換などがとても大事になります。 そんなとき、タロット占いなどがあなたの強い味方になるでしょう。

好きな気持ちは捨てないで

彼氏に抱き上げられる彼女 元彼が忘れられないという思い、それは、元彼が「運命の人」だからなのかもしれません。そのあなたの強い気持ち、好きな気持ちは捨てないでくださいね。あなたの恋が成就しますように。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。