Middle shutterstock 185620742

目次

振られた時に立ち直る方法

失恋してすぐのときは、「もう自分は一生恋は出来ないんじゃないか」、「彼がいなくてこれからどうやって生きていけばいいんだろうか。」と悲しいと思ったり、思い出に苦しんだり、色々な理由で泣きたくなると思います。 きっとすぐには気持ちを整理することはできないかもしれません。 かなり悲しんだまま立ち直らず進んでしまうと最悪憎いと思ったりしてしまいます。 そうならないように、今は辛くても、その失恋を糧にして次の恋愛に進むことで、彼に恋をした自分を大切に思えるようにもなります。 まずはどれだけ早く立ち直る方法を紹介したいと思います。 分かり合えない二人

1.振られた事実と感情を受け入れる

カップルの形も其々で予想しない形で付きあう事も有れば別れが訪れる時も有ります、例えばある日突然別れを切り出されたり悪い癖を指摘されても直らなかったなど理由は本当に千差万別と言っても過言ではありません。 そして付き合う時よりも別れる時の方が男女双方の難易度は高い場合が多いと思われます、長く付き合えば付き合うほど所謂情も沸いて言い出せず付き合っている事が苦痛に思えてしまう人も居ると思います。 そんな中で「別れよう」と言う言葉を切り出す側も言われる側もそれ相応の覚悟が要りますし、終わった恋愛感情を整理して立ち直るまでに時間が掛かるでしょう。ですがその段階でやってしまいがちなのが「あんな人本当は好きじゃなかった」と強がって悲しみを隠してしまう事と別れを後悔させる為に連絡を送り続ける事です。 何故それが良くないと言うと、振られた事実を受け入れられないまま悲しみと愛情から目をそらし続けて新しい恋愛へ踏み出す事も出来ず未練として自分の傷をえぐり続けていくになり立ち直る時間を伸ばし続けていく事になりかねません。 勿論「あれだけ好きだったのに、そんな簡単に忘れていくなんて」と思う方も居るでしょう、ですがこの場合は「彼の事を思い出として覚えていく」事が出来ます。 なのでその心配は無用ですし薄情な行為でもありません、もしもそれで悩んでしまう場合は敢えて手放すのも1つの手段と考えても良いでしょう。 次に別れを後悔させるための連絡を送り続ける事が良くないと言うと、もう気持ちの無い相手から一方的に言ってしまえば恨みがましい一言が送られてきて非常に面倒くさく思われてしまいかねません。 逆に後悔をさせるどころか「別れを切り出して良かった」と気持ちが離れていく方向へ進んでしまいます、もしも復縁を望むのであればこの方法は取らない方が無難でしょう。 話をするカップル

2.誰かに話を聞く事で今の自分の状況を整理する

この方法の他に有用と言えるのが非常にベタと言えますが「誰かに話を聞いてもらう」事です。 この場合で一番大事なのが「話をする相手を選ぶ」事です。これを読んで「そんな事言われなくとも解っている」と仰る方も居るでしょう、ですが話を聞いて吹っ切れるまでの段階で相談相手を間違えてしまって余計に傷つくか自分から目をそらし続けてしまうケースも有ります。 険悪な二人 まず話を聞いてもらう前に「何の目的で話をするのか」を考えても良いでしょう、例えば「失恋した悲しみを和らげたい」や「愚痴を話したい」でも構いません。ですが相手に付き合わせている事を忘れないで、聞いてくれて有難うと言う気持ちも表しましょう。 話をする目的を考えるのが良いと言った理由を挙げるなら「相手に何を聞いてもらいたいのか」と「それによって何を応えてもらいたいのか」をハッキリする事で「この話をする上で誰と話した方がよさそうなのか」を冷静に見やすくなると思います。 例えば「悲しみを和らげたい」と「一歩踏み出す踏ん切りをつけたい」の内容では話したいと思える人の性格が大きく違っていきます。 そこである程度冷静になれたと思ったタイミングを見計らって「私は失恋してからどんな話をヒトに聞いてもらいたいのだろう」と言う内容を予め決めておいた方が愚痴または相談をしてすっきりしていない部分や立ち直れていない所に気付くチャンスでもあると考えても良いと思います。自分が見えている所と人が見えている所が違うからこそヒントになる時もあります。 もう一度紡ぎ合う二人

復縁の可能性とやるべきこと

もし失恋に気持ち的に立ち直ったとしても、どうしても元彼を忘れられず、未練が残ってしまった時に大事なのは如何に復縁するかどうかでしょう。 ここでは立ち直る時と復縁の可能性とやるべきことについて考えます。 距離を置いて話す二人

1.冷却期間中の復縁では彼の邪魔をしない

もしも別れを切り出される前に「別れる前に距離を置こう」と言う冷却期間が有った場合も有ります、この場合は今の関係に疑問を持っているか好きなのかどうかを考え始めている時が多いと思います。逆に考えると「貴方の関係を今以上に真剣に考えさせてください」と言うサインとして取る事も出来るので「私がダメで振られてしまう」と考えるのは少々気が早いと言えます。 そしてこの時にもう一度お付き合いする上で復縁をするのに大事な事は彼の考える時間を邪魔しない事が重要です、なので冷却期間中は自分から連絡をせず相手から話しやすいようにする事で「しつこいし一緒に居るのも嫌になった」と言う結論に至ると冷却期間から如何にして別れの言葉を言うかに切り替わる恐れを防ぐ事にも繋がります。 言うなれば冷却期間を設けると言う事はカップルとして「恋愛感情」を大事にする現れでもあり、どんな環境でも平坦な恋愛はほぼ無いと言っても良いでしょう。 喧嘩やすれ違い等トラブルや価値観の相違の中で上手く付き合えるかどうかで悩み、彼女または彼氏だけではなく色んな人の意見も聞いて答えを出したいと言えます。なので嫌われたかどうかではなく真剣に考えて貰っているかどうかの信頼関係を再確認をする時間でもありますので、ある意味では大事にされているのかもしれません。 その上で冷却期間を設けるか否かで復縁できるかどうかの可能性や相手がどういったニュアンスでそうしたいのかも異なる事もあります、なので相手がくれたチャンスを自らの手で潰さないようにする事で可能性が大きく増減すると思います。 提案する彼氏

2.彼氏に寂しいと思わせる

振った側が「やりなおしたい」などというのは実に勝手な話に思えるかもしれません。 しかし、性格的に頭に血がのぼりやすかったり、後先考えず口を滑らせるタイプの人は、発作的に別れを切り出しがちです。別れた直後から「あんなこと言うんじゃなかった」と後悔してしまうこともしばしばあるでしょう。 そうなった時彼氏に寂しいと思わせる、気持ちにさせるという事は復縁の近道だと思います。 その時は引き伸ばさず、素直にOKするようにしましょう。 慰め合う二人

まとめ

彼氏に振られた時は、今までの楽しかったことを思い出したり、なぜこんなことになったんだろうと自分を責めたり、相手の動向が必要以上に気になったり、体が上手く動かなくなったり、心が落ち着かない日々が続くものです。 一刻も早くこの状態から抜け出して立ち直り、新しい恋愛を出来る様になるのが一番ですが、そうでなくても明るく楽しい毎日を取り戻したいですよね。 もしもかなり落ち込んで失恋で辛い思いをしている人は、ぜひ今まで紹介してきたの立ち直る方法を試してみてください。 また、どうしても元彼に未練がある場合は、もしもの時の復縁のためのコツも参考にしてみて下さい。 是非、冷静に、前向きな日々を送れるよう、できることからはじめてみましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。