Middle shutterstock 476023432

INDEX

元彼を見返した!痛快エピソード3つ

振られた直後のショックは誰でも大きいものです。何も手につかないし、泣くのも当たり前ですよね。でもそろそろ立ち直りませんか。それにはまず元彼を見返しちゃいましょう。まずは痛快エピソードですっきり!

1.あんなにきれいだったっけ?

きれいな女性

Aさんのエピソード。大学の同じサークルで3年付き合っていた彼がいたそうです。でも彼が後輩の女の子の相談に乗っているうちに「その子を好きになってしまった」と言われ振られてしまいました。しかも別れ際に「もう少し痩せてたらよかったかも」なんて心ない一言を言われてしまいました。

本当に好きだったから最初は泣いて何も手につかない状態。サークルにも顔を出さず講義のあともさっさと帰る日が続きました。でもなんであんな男と付き合ったんだろう?とだんだん腹が立ってきたそうです。最後の「もう少し痩せてたらよかった」も実はショックだったのかもしれません。

確かに後輩はやせているしかわいいのです。じゃあもっと私はきれいになってやる!と決意してその日から徹底的にダイエットと運動を始めたのです。

とはいえ不健康にやせて、振られて悩んでやせたと思われるのもしゃくなので、なるべく体を引き締めることを心がけ、そしてファッションも今よりも明るく見えるようにしました!そして久しぶりにサークルのコンパに出席。

どうしているか心配していたメンバーがみんなびっくりして、「すごくきれいになった!」と口々に声をかけてくれたそうです!元彼ももちろんびっくりして声をかけてきましたが、笑顔で平然と接しました。

後から「あんなにきれいになるなんてびっくりした」と元彼が話していたと聞きました。それを聞いた後輩とうまくいかなくなって別れてしまったそうです。

今はまったく未練もなく、生き生きと過ごしていて新しい彼もできそうないい雰囲気です!やっぱりきれいになるのって効果絶大ですね!健康的にダイエットしたのがよかったのではないでしょうか。

 

2.そばにいい男がいる!

素敵な男性

Bさんのエピソード。付き合って1年目の社内恋愛の彼に振られたそうです。二股をかけられていたことがわかりました。本当に落ち込んだのですが彼が付き合っていることを誰にも言うな、というので誰にも話していませんでした。

仕事中も元彼を意識してしまい、泣いてしまいそうになることもありましたが、同僚にも愚痴をこぼせませんでした。学生時代の仲間に話を聞いてもらっていたら、そのうちの一人の男の子が何かと気をかけてくれて、2人で食事をしたり飲みに行ったりするようになりました。

友達としてしか思っていなかったけれど、結構イケメンで優しさに惹かれて付き合うことに。会社に近い駅で待ち合わせていたら、ばったり元彼に会ってしまいました。後日、元彼がBはイケメンと付き合っている、と同僚に話していたそうです!

やっぱり新しい彼ができるのは効きますね。男性は別れても元カノのことを「自分のものだ」と思ってしまうのです。だから他の彼と付き合っているのをみると実はショックなんです。

3.実はすごくできる女だった?

勉強に打ち込む女性

Cさんのエピソード。大学の同じゼミにいた元彼には就活が始まる頃に振られてしまいました。元彼はとても上昇志向のある人で、少し要領の悪いおっとりしたCさんにイライラし始めていたのです。

Cさんも一生懸命やっていたのですが、元彼にはやる気があるように思えなかったようです。お互い忙しいし距離をおこうと言われ、Cさんはしぶしぶ納得しました。しかしその間に元彼は就活セミナーで知り合った他大学の女子大生と付き合い始めていました。

一時は就活もままならないくらい落ちこんだCさんでしたが、周りがどんどん内定を取り出しこれではいけないと立ち上がりました。就活はもちろん新たに英語の勉強を始め、大学の勉強にも打ち込みました。

そこで改めてもっと深く学びたいと思うようになりました。大学院への進学を決め、そこからは元彼のこともあまり考えず勉強に励み難関の大学院に合格しました。

元彼といえば内定は貰うものの、プライドが邪魔してなかなか思うような就職先に恵まれず焦っていました。Cさんは英語の実力も付き、論文の学会発表にも選ばれるなどの活躍の場を広げていました。

Cさんの活躍の姿を見て元彼は最初「あんなの誰でもできる」とバカにしていたそうです。嫉妬ですね。ですが今後はよりを戻したいと連絡をしてきたのです。でも「忙しいので」とCさんはきっぱり断りました。

大学院で新しい彼もできてとても充実した毎日を送っています!自分より劣っているとなめていた元彼に、実力で見返したエピソードです。勉強に限らず何かに打ち込むことは元彼を見返し最終的には自分を高めてくれます。

元彼を見返す!方法7選

見つめ合う男性女性

「見返す」というのが負の感情でよくないという考えもありますが、立ち直り、再出発するきっかけとして「見返す」という気持ちは大きなバネになります。気づいたときにはさらに素敵な女性になって元彼を見返しているに違いありません。元彼を見返す7つの方法を参考にしてバッチリ見返してください!

1.外見を磨いて見返す!

美しい背景を後ろにした女性

外見を磨くのは、見返すのにもっともわかりやすいですし自分のためにもなります。最初にダイエットをしたくなりますが、「俺に振られてやつれた」などと思われないよう健康的なダイエットをこころがけましょう!

ファッションやメイクもイメチェンしてみると気持ちも変わります。きれいになっていくと自信もついて元彼もやっぱり付き合っていればよかったと後悔しますよ!

2.内面を磨いて見返す!

外見だけではなく内面を磨くことも元彼を見返す大切な方法です。多少は時間がかかるかもしれませんが、何より自分のためになります。「あいつ、できる…」と思わせてしまいましょう!趣味でも習い事でもなんでもいいのです。その道を深めていくことで、内面が磨かれていきます。

彼を見返すためではなく「自分のために磨く」ことが結果的に見返すことになるのです。振られた痛手の中、自分をみがいているあなたは同性、異性からも輝いて見えるものです!

3.もっと素敵な彼で見返す!

カップルでハートマークを作る

元彼を見返すのに効果的なのが「新しい彼」。もっと優しくて素敵な彼に出会いましょう!振られた直後は人間不信になりがちで、新しい出会いにも一歩踏み出す勇気も出ませんよね。無理に出会いを求めず、先に紹介した外見磨きと内面磨きをしているうちに、気持ちも変わってくるはずです。

そんなあなたには新しい出会いが待っています。自分の気持ちに素直に、そして自然に過ごしていれば素敵な彼ができますよ!素敵な彼の存在は元彼を見返すこと間違いありません。男性は元カノも未だに自分のものと思いがちなのです。「あなたも幸せになってね」と元彼には言ってあげましょう。

4.再会しても動揺しない!

街中でばったり会うなど予想しなかった元彼との再会は内心動揺しますよね。向こうが新しい彼女といたらなおさらです。でもここでひるんではいけません。にっこり笑い「元気だった?」と明るく声をかけましょう!

てっきり落ち込んでいると思っていたのに、とても元気そうではつらつとしているあなたを見て、元彼は複雑な気持ちになります。あなたのことはいい思い出だよ!という気持ちで思い切り笑顔を向けましょう。

5.連絡は来ても無視!

スマホをいじる女性

なんのつもりか元彼からLINEがきたりメールがきたりすることもありますよね。一瞬うれしくなるかもしれないけれど、一切無視しましょう。

「あいつならまた連絡くれそう!」とか「どうしているかな?」などという元彼の気まぐれに付き合う必要はありませんし、都合の良い女になる必要もありません。

たとえあなたがまた会いたいと思っていても我慢しましょう。返事をくれるかもと思っていた元彼は無視されたことにがっかりします。

6.元彼をほめまくる!

つい言いたくなる元彼の悪口。でもどこかからそれは元彼の耳に入ります。「あああいつ俺に振られて悪口言っているんだな」なんて思われたくないし、あなたの株を下げることになります。ここは悪口を言わずあえて「ほめまくる」のです。

振られちゃったんだって?と聞かれたら「そうなのよ。でも彼はとってもいい人だったし、楽しい思い出しかないよ」と嘘でも言っておきます。それは悪口と同じように元彼の耳に入ります。

「あの子、あなたのことほめていたよ」なんてことを聞いたら驚きます。ほめるのは自分に余裕がないとできませんよね。あなたの余裕を見せて元彼を見返してやるのです。

7.生き生きと元気で過ごす

サングラス女性

何よりもあなたが生き生きとして元気で過ごしていることが元彼を見返すことになります。落ち込んで食事も取れないあなたの姿を見ても元彼は罪悪感を感じるどころか、重い女だと思って「別れてよかった」とほっとしかねません。

逆にあなたが元気で楽しそうに過ごしている姿を見たら、付き合っていた頃よりも生き生きしている、と嫉妬すら覚えてしまうでしょう。

まとめ

スマホを持っている女性

大好きだった彼に振られるのって本当につらいことです。もう立ち直れないと思うし、一生分の涙をこぼしてしまうくらい落ち込みますよね。でもまずは立ち上がって「元彼を見返す」ことを始めましょう!

元彼を見返すことは最終的に見返すために頑張ったのではなく、「頑張った結果、元彼を見返した」ことになるのです。気づけば「元彼と付き合ってよかったな」と思えるようになり、その時あなたはワンランク上の女になっています!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。