喧嘩しないカップルの特徴って?

仲の良いカップル

お互いに分かり合おうとする

相手の性格や行動を理解しようと努力をすることで、かなり喧嘩は減ります。 例えば相手が怒っている時はその原因が何だったかを知れば、次からは気を付けるようになりますよね。要は学習能力が大切だということです。 「そういえばあの時怒ってたから〇〇するのは止めよう」となれば、喧嘩の原因を作らずに済みます。

冷静に話し合うことができる

喧嘩をしないからといっていつも同じ意見が一緒とは限りません。 違う意見や嗜好を持っているからこそ、相手にわかってもらえるように冷静に話し、また聞く方も感情をコントロールしながら聞くことができれば喧嘩になりにくくなります。 不満に思ったことでも、頭ごなしに怒るのではなく、話し合う姿勢が大切です。

お互い男と女は違う生き物だと認識している

彼氏と喧嘩した時に「何でわかってくれないの!?」と思う方も多いでしょうが、基本的に男と女は全く違う生き物なので、一生かかってもわからないモノはわかりません。 男性よりも女性の方が包容力があるので、喧嘩をしなカップルは女性の方が「まっ男だからしょうがないか」とどこかで割り切っているはずです。

尊重し合っている

お互いの趣味や嗜好を尊重し合っていれば、喧嘩の原因も減ります。 デートの計画も「この間は私の買い物に付き合ってもらったから、今度は彼の趣味に付き合おう」と尊重し合える関係であれば、より2人の時間が楽しく過ごせるようになります。

お互いが精神的に自立している

特に女性に多く見られるのが「あなたがいなきゃ生きていけない!」と彼氏に依存するタイプです。 お互いがそうであれば問題はありませんが、どちらか一方が相手に依存し過ぎているとバランスが崩れます。 四六時中一緒にいるのではなく、たまには1人の時間や友達と羽目を外す時間があった方が恋愛も上手くいくでしょう。

喧嘩が多いカップルの特徴って?

喧嘩中のカップル

どちらかの嫉妬や束縛が激しい

自分の恋人が他の異性と仲良くしていればヤキモキするのが普通です。しかしあまりにも嫉妬や束縛が激しいと、喧嘩の原因となります。 相手の行動を制限したり、ちょっと連絡が取れないだけで何回も電話してきたりするのは、相手のことを信用していないからです。 些細なことで嫉妬された方にしてみれば、信用されていないことに腹が立つのは当然でしょう。

価値観を押し付ける

あなたにとっては些細なことでも、相手にとっては重要なことかもしれませんし、その逆の場合もあります。 価値観の違いはどんなカップルにもありますが、喧嘩の多いカップルの場合はそれを認めることができず、歩み寄ることができないのです。 自分の考え方だけが全てではなく、相手の考え方や価値観も理解して配慮し合うことが大切ですね。

自分本位

喧嘩中のカップル お互いが、またはどちらかが「自分は絶対に間違っていない!」と決めつけているカップルは、喧嘩になりやすいです。 相手の意見も聞かず、頭ごなしに「間違っている」と決めつけられたら。良い気はしません。しかもそれが常識的に考えてもおかしいことであれば、反論して喧嘩するのもバカバカしくなり、別れに繋がるかもしれません。 何事も「あなたの言う通り」という相手本位でも困りますが、やはりバランスのとれた関係である必要があります。

素直になれない

自分が悪いとわかっていても謝ることができないという素直じゃない人がいますが、それを「しょうがないな…」と広い心で受け止めてくれるような相手じゃなければ、やはり喧嘩になります。 他の人に対してなら、多少は強がるのも仕方がないですが、好きな人に対しては素直になるのが、お互いにとってプラスになると言えます。

上から目線

恋人同士にもかかわらず、何故か自分よりも相手を見下している人がいます。 「これやっといて!」「〇〇しとけって言っただろ!」など、言葉使いにもそれが表れて、相手に対して命令口調になる人がいますが、言われた方はついついカッとなって喧嘩になってしまいます。

喧嘩が多くて別れるカップルの特徴

お別れするカップル

自分の意見をはっきり伝えることができない

喧嘩をした時に、自分の言いたいことを言えなかったり、上手く伝えることができない人がいます。 思ったことを口にできず後から「こう言えばよかった…」と気が付きますが、それでは後の祭りになることも多く、相手にとっては「今さら何言ってるの」と捉えられてしまうわけです。 性格的な問題もありますが、普段からパートナーには自分の意見をはっきりと言えるようにしておく必要があるでしょう。

仲直りしないまま一緒にいる

喧嘩をしているにもかかわらず、気まずい雰囲気のまま一緒にいるカップルがいます。これはそのまま距離を置いてしまったら別れることになるんじゃないかという不安な気持ちがあるからでしょう。 常に何でも話し合うようにしていれば、喧嘩の度合いや何をどう話し合うべきなのかがわかります。しかしそうでない場合は、距離を置くことでそのままどちらかが譲歩することもなく終わってしまうパターンもあります。 また「喧嘩するのが面倒だから」というのも消化不良のままと言えるので、いつか爆発する確率が高いでしょう。

売り言葉に買い言葉

負けず嫌いの人は、喧嘩の時どうしても謝ることができず、たとえ自分に非がある場合でも常に戦闘態勢です。 本当に好きな相手には、負けたって良いと思いませんか?後悔したくないなら、売り言葉に買い言葉でいつまでたっても終わらないような喧嘩はしないようにしたいですね。

喧嘩が多いカップルが直すべきポイント

向かい合って座るカップル

相手に対する思いやりを持つ

相手にムカっときたら、一旦深呼吸をして冷静になってから、相手が「何故そう言ったのか?」「何故そのような行動をしたのか?」を考えるようにします。 お互いが「私が全て正しい」という考え方は捨てて、相手に対する思いやりを意識しながら考えることができれば、かなり喧嘩は減ります。

男女の違いを理解する

これはなかなかハードルが高いポイントですが、あなたの好きな人はあなたと同じ生き物ではないとみなしてください。 「女性の繊細さ」や「男性のプライド」など、男女の間には一生分かり合えない問題もあるので、ある程度の割り切りが必要なことも覚えておきましょう。

「命令」ではなく「お願い」する

お願いをする女性 どうしても許せないところがあると、ついつい「治してよ!」と命令してしまい、その結果喧嘩になってしまいます。 しかし可愛くお願いすれば、相手が受ける印象も全く違い「仕方ないな」と思うはずです。 例えば「ちゃんとしまっておいてって言ったでしょ!」と言われたらやらない事を、「使ったらしまっておいてくれると助かるな」と言えばやってくれるようになるはずです。

過度な嫉妬は禁物

可愛いヤキモチくらいは恋愛のスパイスになりますが、過度な嫉妬や束縛はシャレになりません。 長く付き合うために一番大切なのは、お互いを信用することです。付き合い始めから簡単にできることではありませんが、まずは信用しようと努力をする事から始めると良いでしょう。 四六時中相手のことを心配しながら付き合っていても疲れてしまいますし、楽しい恋愛生活とは言えませんよね。

分かり合えるよう努力する

本当に分かり合っているカップルは、言葉に出さなくても以心伝心で相手の気持ちがわかります。それは相手のことを理解しようと努力した結果です。 何故機嫌が悪かったのか?何故怒ったのか?どんな事で喜んだのか?などをきちんと覚えていてくれたり、何気ない一言を覚えていてくれたりすると深い愛情を感じて、より相手に対して優しくなれます。

まとめ

手をつなぐカップル 「喧嘩するほど仲が良い」とは言うものの、やはり喧嘩は少ない方が楽しい恋愛生活を送ることができますよね。 彼氏との喧嘩が増えてきたとお悩みの方は、是非ご紹介したようなポイントを実践して、いつまでも大好きな彼氏と仲良く過ごしましょう!

記事が気に入ったらシェアしてね!