Middle shutterstock 539796346

目次

振られて失恋したら

座って泣いている女性

冷静になれるまで行動はNG

「別れよう」「君とは付き合っていけない」。愛する人の言葉に耳を疑うかもしれません。予測していたことであれ、突然であれ、別れの言葉はショックで「どうして?」「なぜ?」と彼に食ってかかりたくなることでしょう。 あるいは、「私の何がいけないの?」「別れるなんていや!」とすがってしまうかもしれません。しかし、ある程度話してみて、彼が本気で別れたいと思っているなら、冷静になることができるまで、それ以上の行動は控えましょう。感情的に行動しても逆効果になることが多いです。

失恋を受け止めよう

厳しいことを言うようですが、あなたは失恋したのです。大好きな彼に嫌われたのです。付き合っていく相手ではないと判断されたのです。まずこれらを事実として受け止めましょう。 受け止めたくない、認めたくない気持ちはわかりますが、失恋を受け止めなければ復縁へのステップを進むことはできないのです。しばらくは思いっきり泣いても良いですし、感情的になるのも良いでしょう。認めたくないという気持ちがなくなるまで、悲しい、悔しい気持ちを開放してあげて下さい。

振られた原因を分析

少し冷静になった時点でまずやるべきことは、なぜ彼があなたを振ったかを分析することです。あなたに原因があった場合、振るという行為に至るまで、かなり彼は我慢を重ねてきたはず。あなたがそこに気がついていなかったか、気がついても見過ごしてきたから失恋という結果になったのです。

本当に復縁したいかどうか

彼に振られたということは、現段階で彼とあなたが合っていないということ。冷静に考えるとこれはもっと良い新しい恋愛へのチャンスかもしれません。今一度本当に復縁したいかどうか熟考してみてください。冷静に考えてみて、それでも復縁したいと思うなら、復縁を決意しましょう。

復縁への覚悟4つ

黄金に輝く道を見つめる女性の背中

1. 自分を変える

復縁を決意したら、ぜひとも覚悟しておきたいことの1つが「自分を変える」ということです。振られた原因を分析し、なぜ彼があなたとは別れたいと思ったのかという原因がわかったなら、その部分をあなた自身で改善しましょう。 それはあなたが変わることで解決できるはずです。原因によっては変わることは難しいものもあるかもしれません。しかし、自分を変えていくのだと覚悟することが大切なのです。

2. 相手を許す

彼が大好きである反面、彼の許せない部分はありませんか?男女が失恋するという境遇に至るわけですから、何かしらのトラブルがあったかもしれませんし、あなたにも彼への不満を我慢してきた部分があるかもしれません。その部分を許していくという覚悟が必要です。

3. 幸せを優先する

復縁の最終的な目的を考えてみましょう。それは大好きな人に愛されるという「幸せ」を実現するためであるはずです。つまり復縁したいという願望は表面的であって、その望みの奥には「幸せになりたい」という思いが隠れています。 ですから、復縁の結果がどうであれ、自分が幸せになるのだと覚悟を決めることはとても大切。そう思うことで復縁の結果もついてきます。

4.依存しない関係を築く

寂しいからとか、他の相手がいないからといった依存した理由で復縁するのではなく、自立した一人の女性であるという覚悟を決め、復縁しましょう。そうすることで復縁後も互いの個性を尊重しあった素敵な恋愛関係を築くことができます。

自分を変えるために

山頂で両腕を挙げて決意をする女性

すぐ直るもの

まず、振られた原因が簡単に直るようなものであれば直してしまうことです。例えば派手な服装をやめて欲しい、タバコをやめて欲しい、といった、気をつければ自分次第ですぐ直せるものの場合です。 ただ、付き合っていた男女が別れるまで至るということは、すぐ直るようなものが原因であることは少ないかもしれません。仮に彼がそのような原因を指摘したとしても、実は彼の不満はもっと根深いところにあるケースも多いです。 さらに、もし彼の言う原因が、あなたの個性を否定するようなものだとしたら、それを変えることは難しいかもしれません。なぜなら復縁のために一時しのぎで気をつけて直したとしても、根本は変わっていないからです。

根気強く変えていくもの

性格や考え方、習慣などは、普通は簡単に直すことができないため、「おそらく直らないから別れよう」となるケースが多いです。けれども、覚悟と努力次第で変わることは不可能ではありません。根気強く時間をかけて自分を変えていく試みが必要です。

彼サイドに原因があるもの

性格や習慣などを指摘されたものの、実は彼に他に好きな人ができたので別れたいと言われた、というケースも少なくありません。これはあなた自身が原因ではなく、彼サイドに原因があります。 しかしながら、彼に新しい彼女ができた状況でも諦めずに復縁を本気で目指そうと思うなら、あなたにも変えるべき点があります。それは付き合っているときにあなたが彼を魅了できなかったということです。 もし彼が心底からあなたに惚れ抜いて魅了されていたなら、他に好きな女性は現れなかっただろうし、あなたを振ってその女性に乗り換えようとは思わなかったはずなのです。

相手を許すために

男性に抱きしめられる泣いている女性

許せないことはないか

もしかしたら、別れ話を巡って傷つくことを彼に言われたかもしれません。あるいはあなたに隠れて他の女性と浮気していたかもしれません。共通の友人にあなたの悪口を彼が言っていたかもしれませんし、別れるためにあなたを無視したり、適当な扱いをしたりしたかもしれません。 失恋をするまでに至るということは、お互いの不調和が必ずあったはずです。それまでの彼の言動で許せないところはありませんか?そんな部分を書き出し、認め、許してあげてください。全てを許し、まっさらな気持ちで彼に会えるようになることは、復縁には必要なことです。

失恋のわだかまりを解く

失恋したという境遇にいる自分自身を許せないという人もいるのではないでしょうか?「別れようだなんて勝手なことを言う彼を許せない!」と思っていても、実はそれは別れという境遇に遭ってしまった自分自身を許せていないということはよくあることです。 彼を許すことは自分自身を許すことでもあります。自分自身を許せば、必ず次のステップがやってきます。

幸せを優先するとは?

まぶしい緑の中幸せそうな女性

復縁してもしなくても幸せ

復縁の最終目的は、復縁することで感じる「幸せ」であるはず。ならば、自分が幸せである選択を優先していくことは復縁以上に大切なことです。その気持ちを追求していくと、実は復縁してもしなくても幸せではないかという観念に出会うことでしょう。 これは、一見諦めるように見える観念かもしれませんが、彼と復縁したいという願望と実は同じ線上にあるもの。この観念を持つことで、より復縁の可能性を上げることができます。

新しい関係を築く

復縁してもしなくても幸せという気持ちで復縁すると、彼と「やり直す」のではなく、「新しく付き合う」といった感覚になってきます。同じ人と再び付き合うのですから「復縁」ではありますが、「復縁」という形にこだわらずに新たな人だという感覚で、彼と新しい関係を築くことができるのです。

依存しない関係

緑の中幸せそうに一人で立つ女性

寂しいからではなく

突然好きな人が目の前からいなくなってしまったら、誰でも寂しいし、また以前のように戻りたいと思うことは当然のことです。しかしながら、復縁したい理由が「寂しいから」とか「他に相手がいないから」だったとしたら、それは上手く行かないでしょう。 寂しさの埋め合わせを彼や他の人に求めるのは、「依存」です。本来幸せは自分自身で作り出すものなのです。復縁を目指すなら、別れの感情に流されない覚悟を決めましょう。

成熟した愛とは?

依存関係は成熟した愛とはいえません。たとえ独りであっても、独りでいるときは独りを楽しむことができるのが成熟した大人の女性です。また、成熟した愛は相手の自由を認めます。つまり、別れたいという相手の気持ちを尊重した上で、それでも彼のことを好きでいられるかどうかなのです。

復縁にむけて動き出そう

無表情な男性に微笑みかける女性

連絡をしてみる

ここまで、復縁を目指す女性が決める覚悟や取り組むべきことについて述べてきましたが、これらを完全にクリアーしたら、いよいよ彼に連絡をしてみましょう。まずは復縁の話はせずに、「どうしているの?」と近況を尋ねてみてはいかがでしょう? 心がすっきりとしているなら、わだかまりなく話が進むはずです。

彼の出方を見る

返事がない、拒否されたなどといった場合は、もう少し時間をかけて様子をみましょう。どんな状況になったとしても、焦って復縁を迫らないように。あくまでも復縁は「おまけ」というつもりでいると楽な気持ちで接することができますよ。

まとめ

路上でハグをする男女 失恋したばかりは冷静になれないのは当たり前です。復縁はまずは急がず、心のわだかまりを解いて自分と向き合うことから始めましょう。別れはつらいものですが、時に別れが互いを成長させ、さらに強い絆で結ばれることもあります。 ぜひこの4つの覚悟を参考に、自分と向き合い、失恋を乗り越えて、自分を変えていってみてくださいね。応援しています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。