Middle shutterstock 484939165

目次

既読無視する理由

LINEの場合、すぐ返信してもさらに相手から返信がくる事の繰り返しでやめどきが難しくなります。 [連絡ツール]と言うより[チャット]として使う方も少なくないでしょう。 そんな中で相手が元々あまりマメに返事を返す人ではないとわかっていて、「仕方がない」と心の中では理解していても既読無視されると、やはり「嫌われたのか」「変な事を言ったのか」と不安になりますよね? そこでまずは既読無視する理由をいくつかまとめてみました。

1.単純に忙しい

仕事で忙しくている男性 既読無視をする男性の理由として一番多い理由それが「忙しい」ということ。 社会人は勿論、部活や友達付き合いの大事な学生でもありうることです。 LINEの性質上、メッセージが送られて来るとミニウィンドで最前列に表示され、画面を消すには[戻る]か[表示]を押さなければいけません。 主に右利きの場合は親指で操作する場合[表示]の方が近く、電話や他の会社でのやり取りをLINEで行いたい時大抵の場合は「表示」を押し、「仕事が落ち着いたら返信する」という意思表示でもあります。 またパソコンを使った作業だと手を使わなければいけないので、手が塞がってしまい、作業ができなくなってしまうので良しとしません。 しかし、完全に悪いわけではなく、この間に「どうやって返すか。」という考える時間も挟むので反射的な返信で喧嘩の元になる返信事故が起きる可能性をかなり下げることなります。

2.二人の信頼関係に自信がある。

仲の良いカップル これは男性特有の心理も有るのですが、ある程度付き合いが長い関係になると、気持ちが離れかけているわけでは決してないのに、彼女からのLINEを既読無視する男性もいます。 この場合の彼氏の考えとしては「つきあいも深まっていて、2人の関係は安定している。 だから彼氏としては「特に連絡をしなくても不安にならない」という意思表示なのです。 この様に付き合った当初の様なまめな対応をしなくても、「相手はこちらの気持ちをよくわかっている」という「二人の信頼関係に自信がある。」という彼氏の関係への自信の表れなのです

3.連絡が多すぎる

連絡が多すぎる女性 感情的なメッセージや、ネガティブな内容のつぶやきのようなもの、返信に困るようなという内容のメッセージ、特に用件のないメッセージが送られてくると何と返せばいいのかも分からないし、彼氏も「愚痴を流したいだけかな?」と思ってしまったりしてしまいます。 マメでない彼氏にとってはも面倒臭いし苦痛以外のなにものでもありません。 後で返信しようと思っていたら、そんな時に限って相手から「返信は!?」や「既読無視…」とか送られてしまうと逆に気持ちが萎えてしまい、返事する気になれず再びどんな返事をしたら良いのかわからず、結局そのまま既読無視になってしまうのです。

4.別れる為の理由作り

破局寸前のカップル 最も避けたい既読無視の理由の一つそれが「別れる為の理由作り」です。 どんなカップルでもラブラブな時があれば、マンネリ気味になってきたり、ケンカして怒っているときに嫌気が差して恋が冷めてしまう時もあります。 しかし、これと言って別れるのに「さっきの喧嘩だけじゃ理由が足りない、何か他に理由を作らなきゃ…」という男性的な心理が彼氏に思い浮かぶことが有るでしょう。 だからこそ彼女のそんな不安な気持ちを理解しつつ既読無視を心配して何度も連絡をして「こういう所がウザいんだ。」と言ったり、逆に連絡をあまり取らなすぎたりして、「もう気持ちが冷めてるなら別れよう」と既読無視の使い方を理由にされてしまいます。

5.待ってる時の誤反応

たまにあるのですが連続でやり取りしていると仕事の最中だったり、トイレ行ったり、ちょっと違うことをやって待っている間にボタンでバックライトを落とさない時、トークが送られてスマホの自動消灯で既読が付いてしまい、それに気付かないまま返信を待ち続ける事になってしまう無自覚既読無視になることが実は少なくありません

既読無視への対策法

既読無視を疑われる男性 不安な気持ちや寂しい気持ちを別れられない様にわかってもらうには、どうしたらいいか、どうしたら伝えられるかという為の[既読無視への対策法]を紹介します。

1.返信を急かさない

何と言ってもこれが大事! 待ち合わせや、飲み会なんかのどうしてもその時点で返事をもらわなければならない時に気づいて欲しい(返事が欲しい)時以外は、あまりしつこく送りつけるというのは、嫌われる危険性があるのでかなり注意が必要です。 「監視しているようで怖い」「束縛してくる」と思われるかもしれません。 メールと同じように扱っているので早急な用事でなければ、時間がある時に返信をするという人もいます。 LINEが終わってしまったら一度落ち着いて彼氏の返事を待ってみましょう。

2.彼氏の予定を聞いておく

次に大切なのはこの予定を聞いておくこと。 飲み会、会議、遊びにオフ会等色々と彼氏にも予定があるはず。 会議でLINEをしていると勿論怒られてしまうし、友達の前で延々とLINEをしていると今度は彼氏が友達をなくしてしまいます。 そうならないためにも彼氏の予定を聞いておくと「○時~○時までは空いてるし自分の予定しよー!」となり、自分のスケジュール管理としても一役買うことができ、寂しい時間を埋めることが出来るでしょう。

3.答えやすい言葉で送る、スタンプで済ませられる質問にする。

携帯を片手にメールを打つ女性 「はい」「いいえ」「○○だと思う」等端的に済ませる事の出来る文章は時間も掛からないのであまり考えなくて良いこともあり、返しやすくていいと思います。また、最近のスタンプは定型文が多いのでスタンプで終わらせられる質問で終わらせると彼氏は返事を返しやすくなるでしょう。

4.時間を置いて疑問形で送ってみる

何度も使ってはいけない手ですが、スタンダードなのがこれ。 少し時間を置いて「大丈夫?」「寝ちゃった?」と疑問形で送ってみるといいでしょう。 そうすると彼氏が気づいて居ない場合気付かせてあげることが出来ます。 多様はご法度ですが2回までならきっと大丈夫だと思われます。

5.通話にする

通話するカップル 親友や恋人などかなり親密な関係の相手なら、既読スルーされていたらできるだけ早く、相手が家にいるとわかっているならLINEで通話をしたほうが手っ取り早いと思います。 あれこれ悩む時間がもったいないと思いますし、心配だったからと言えば、きっと相手も納得してくれると思います。 それに理由のほうにも書きましたが相手は何か作業をしているかも知れません。今ならハンズフリーイヤホンもありますし、そんな時の為に作業中でも通話が出来るような提案してみるといいでしょう。

まとめ

彼氏に不満がある女性 LINEの既読無視と言うのはした相手によってはそんなに悪意はないものです。 付き合いが長かったり、何時間も何度もLINEでやり取りしていると、どうしてもネタ切れすることもあり、少しずつ頻度を下がってくるものです。 ただ、既読無視されるのが辛いのはよくわかります。 友達からの既読無視で悩む人は多くいます。 これが彼氏や好きな人からの既読スルーだとしたらかなり辛いのは当然です。 しかし、恋人だからこそ話し合ってみましょう。 あなたが好きで付き合っているのですから向き合って話してみましょう。きっと何か提案してくれるはずです。 LINEはあくまでも手軽なコミュニケーションツールと割り切り、自分の生活全体を奪われないように気をつけると、既読無視もいつの間にか気にならなくなるのではないでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。