ズバリ!本命じゃないから

彼の浮気に悩む女性

今カノがもう1人社内にいる

2人の関係をオープンにしたい女性からすると、まず思いつくのはこれでしょう。彼が二股以上の浮気をしていて、その相手もまた同僚のパターンです。オープンにしようものなら、自分を含めた彼女全員にバレては大変ですからね。 また浮気をしていなくても、恋人に成り立ての段階など、あまり好きではないため隠すこともあります。その場合は周知させることを急かさず、彼との信頼関係を築くためにも隠したままにすると良いです。

元恋人とも社内恋愛

過去の恋愛相手も同僚であり、彼女に知られたくない、不快感を与えたくないから隠すこともあります。喧嘩別れになり、同僚としても関係修復に難航していたら、新しい恋人の存在は余計に元カノを苛立たせかねません。 もし互いに了解を得た別れであっても、あなたが彼女になったのがその直後であれば話は別です。「別れた理由は当時あなたと浮気していたから?」と勘ぐられてしまうのを彼は恐れています。

アイドルは独身がモテる?

複数の女性を食事を楽しむ男性 恋愛関係は無いものの、人気者タイプの場合は、モテなくなるのを危惧している可能性もあります。1番があなたであることに変わりはないのですが、多くの女性から羨望の眼差しを浴びるのは男冥利に尽きるというもの。特定の恋人が居ることで自分の人気が減るのを避けたいと思っています。 筆者が以前いた職場にも女性からモテモテの男性社員がいましたが、実は彼には既に恋人がいました。結婚報告で初めて周囲に知らされたのですが、彼に夢中だった女性の同僚は「以前から知っていれば諦めたのに」と悔しそうでしたね。

職場が同じだと別れた時が気まずい

恋愛経験が浅い男性は、今後のことまで考えます。既にほかの女性へ気持ちが揺れ動いているというわけではないけれど、あなたと結婚まで行くのか不安なのです。元恋人も同僚であり喧嘩別れをした男性は、この理由も併せて隠しているケースが多いです。 彼からすると、もしあなたと別れたとして、同僚として変わらぬ接し方ができるかまるで予測ができません。関係が周知だと、それこそ別れた時格好のネタにされてしまい、余計に接し方に困るでしょう。社風に関係なく、気まずさだけでどちらかが転職しなくてはいけなくなることは避けたいのです。

業務に支障が出るから隠す

女性が気になる男性

仕事に集中できない

仕事を全うできないことに不安を覚える男性もいます。あなたが居ると鬱陶しいからではなく、自分がメロメロになって手が付かなくなるのではという危惧です。 男性は複数のことを同時にできない生き物とも言われます。あなたに気を取られながら、業務を滞りなくできるか、自信をもって「YES」とは答えられません。 周囲に関係を知られているということは、ある種の甘えです。ずっと見つめていても問題ない関係ではありますが、仕事が遅れたり、ミスを連発して良い理由にはなりません。それならば隠すことで、自分を戒めようとしているのです。

自分のミスを知られたくない

仕事で困ってしまった男性 とは言え恋人の存在とは関係なく、時に失敗は起こりうるもの。しかし些細なミスであっても、恋人だと知られていれば、同僚からすぐ伝わってしまいます。男性はちょっとだからこそ、彼女には知られたくない、あるいは心配をかけたくないというプライドがあるため、関係自体を隠して、伝わることを防ぎたいのです。 誰でもやってしまうような凡ミス、近しい人でもない限り、話が広まることはありませんよね。 筆者の友人にも社内恋愛をしている女性がいますが、彼の部署に共通の友人が居て何かにつけて彼の失敗ネタを仕入れては、ランチタイムに彼女へ告げているようです。1度彼女が彼に、失敗のことを話したら喧嘩になってしまったそう。以来、噂を聞いても話さないようにしていると言います。

社則で恋愛は否定的

明言されていなくても、人事担当者や社長をはじめとする上層部で社風に合わない、好ましくないと判断されるケースがあります。 もし発覚すれば、たとえイチャイチャしていなくても一緒に居ることは良くないと判断され、片方が他地方へ転勤を命じられてしまいます。最悪の場合退社に追い込まれる人もいるぐらいです。 顔を見られるだけでも幸せなのだから、オープンにしてリスクを被りたくないというのが男性の本音。あなたは彼の顔が見られることを幸せだと感じますか?それ以上のスキンシップがないといけませんか?彼の理由がこれならば、よく考えてみましょう。

我慢するからこそプライベートが楽しくなる

恋人とは公の場では親しくできない。だからこそ、私事の場では思いっきりラブラブでいたいと考える男性もいます。公私の区別をつけることによって、マンネリ防止に繋げているのです。毎日共にあるのは嬉しいことですが、たまに会えるからこそ盛り上がることもありますよ。 メリハリをつけ、この人といると楽しいと思うことで、実は浮気の防止にも繋がります。毎日顔を合わせることで飽きられるぐらいなら、プライベートで思う存分楽しむ方がマシですね。元カノが同僚のパターンの場合、別離の理由は意外と、毎日ベッタリしていたことにあったのではないでしょうか?

周囲に特別な反応をされたくない

同僚からからかわれる男性

恋愛に嫌悪を抱く同僚への対策

職場は2人だけのフィールドではありません。そこには様々な性格、価値観を持っている人がいます。中には恋愛自体がチャラチャラしたものだと思うマジメさんや、恋ができない、モテない人も。うっかり公表しようものなら、彼らからの妬みや中傷が生まれるのは必至です。 例えば業務上のミスが全てイチャイチャしているから、恋愛に現を抜かしているからだと決めつけられてしまいます。もし女性側の方が仕事をこなしている場合、「男のくせに頼りない、彼女の方が優秀」という怒られ方になるのも男性側には辛いことです。 結婚を決めたら報告するほかありませんが、恋愛の段階で一々話して周囲に不快感を与える必要はありません。また自分がその害を被りたくないのも正直な気持ちでしょう。

味方にも気を使われたくない

男性社員と仲の良い同僚 もちろん職場は敵ばかりではありません。中には応援してくれる同僚もいるでしょうが、彼らは自分たちを気にかけてくれ、色んな配慮をしてくれるでしょう。それが申し訳ないので隠したい男性も多いです。仕事を組ませてくれたり、飲み会で隣同士や近くの席にしてくれるのが良くあるパターン。 立場次第では、男性の部下かつ女性の上司という人もいるでしょう。もし自分がそんな板挟みになった時、女性に厳しくして、恋人である男性上司から怒られるのは嫌ですよね。男性としては恋人にミスがあったら叱って欲しいと思っていても、逐一伝えなければ変な気を回されてしまう。それが面倒なのです。

やましいばかりが理由じゃない

オフィスで内緒話をする男女 関係を明かせば、ある意味社内公認カップルになれます。聞こえも良いし、「この人は私のもの」という独占欲も得られるのが良いですね。しかし彼が黙秘しているのは、必ずしも後ろめたいからとは限りません。あなたを愛しているからこその理由もあるので、彼の態度や環境をよく観察してみましょう。 目安としてプライベートではきちんと会ってくれる、高価なプレゼントがあるなら浮気の可能性は低いです。ほかの理由でも、あなたを大事にされていることが感じられたら彼を信頼してください。 男性には心配症の方も多く、彼らは自分たちの関係をバラしても何もないだろうとは思えません。出世など、彼の将来にも影響する職場恋愛の公表。好きな人の未来を閉ざしてでもオープンにしたいのか、改めて考えてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!