略奪婚に幸せは訪れない?略奪結婚をした不倫カップルのその後とは・・

2017/05/16
不倫は遊び半分の恋になることも多いですが、中には略奪婚と呼ばれるように、家庭を捨てても不倫相手と結ばれたいと考えるケースもあります。しかしもとの配偶者、略奪された側の人たちにとっては、人生を狂わされる程のできごとだとも聞きます。周囲に迷惑をかけてまで貫く恋というとドラマチックですが、そこに幸せはあるのでしょうか?今回は略奪婚をしたカップルのその後をご紹介します。

2人の関係は恋じゃなかった

好きなのは相手ではなく略奪行為だった

やはり略奪婚は、不幸なその後をたどるケースが多いようです。始めはそもそも恋愛関係とは言えなかったパターン。略奪する側は禁断の恋に恋していたようなもので、奪うことに躍起になっているだけだったのです。いざ相手を自分のものにしたら熱も冷めてしまい、よそよそしい夫婦関係に。離婚に至るカップルも多いです。

また既婚者サイドは離婚という手続きを踏まなくてはいけません。調停に時間がかかると、その間に冷めてしまうこともあります。離婚は夫妻のどちらにとってもマイナスイメージ。略奪されたとは言え、そう簡単に承認する人が少ないのも致し方ありませんね。

相手の素顔を知って嫌になる

家庭があった側も、略奪者にメロメロとは限らないようです。略奪時にあれこれと仕掛ける相手に魅力を感じて一緒になったものの、それはあくまで魅力的な人間を演じていただけ。2人の生活をスタートさせてみたら、自分の嫌いな性格だったことを思い知らされるパターンです。

この場合も結果は離婚。もとの配偶者の方が良いと感じて、復縁に至るカップルもいます。

今度は自分が略奪される側に

不倫自体にのめり込んでいる人は意外と多いです。浮気癖は一生直らないとも言われますが、背徳感やスリルを求めてどちらかがまた浮気をします。加えて自分たちに略奪経験が有るだけに、一旦手に入れた後は束縛が酷くなりがちです。しかしそれは相手に浮気を促す言動でしかなく、やがて破局を迎えます。

略奪婚は2人だけの問題ではない

離婚費用が莫大で生活苦に

略奪婚の場合、もとの配偶者に対して慰謝料を支払う人はほとんどでしょう。金額もさることながら、慰謝料はもとの配偶者、不倫相手双方に請求があることも多く、どちらかが支払う間、もう一方が家計を支えることも難しいです。

さらに子供がいた場合、慰謝料に加えて養育費も生じます。養育費は特別な理由を除き、子供が20歳に達するまで続きます。子供が幼いほど支払う期間も長くなりますし、人数が多ければ金額も加算されます。互いに貯蓄や高い収入がないと生活もままなりません。愛があっても、辛いその後を迎えるのは必至です。

不倫する社員は相応しくないとして退職勧告

仕事にも悪影響が出ます。会社にとっては社員が不倫し、あまつさえ略奪婚までされてはイメージダウンにしかない。噂はどこまで広がるか解らないので、下っ端社員でも油断は禁物。取引先や消費者に、「不倫社員のいる会社は嫌」と言われては商売が成り立ちません。

よって最悪の場合退職も有り得えます。良くても左遷や降格処分。立場低くなれば減給も免れないため、慰謝料と併せて生活はますます悪くなります。出世を考えていた人はその道を絶たれてしまうので、それを相手の所為にして別れてしまう人もいます。

連れ子を好きになれずに破局

既婚側に子供がいる場合、自分たちが引き取るケースだってあります。しかし不倫に及ぶ人は、略奪することは覚悟の上でも、自分と血の繋がりがない子供を育てる覚悟がないのです。継子と継母や継父の関係も良くない例が多々見られますが、ただ嫌いなだけでなく暴力に発展してしまうことも。

おまけに、自分と相手との間に子供が出来たら、そこから連れ子との贔屓差別が始まります。余計に上手くいかなくなって、別れる方がマシという選択しかなくなるのです。ただし実子にも不倫の子というレッテルがついてまわるため、親子仲に水を差す原因になってしまいます。

因果応報?事故や病気が重なる

不倫は文字通り倫理から外れた行為。因果関係は実証されてこそいませんが、まるで呪いのように不幸が訪れるカップルもいます。カップルの仲は良いのですが、例えば一方が病気で入院したかと思えば、もう一方は交通事故を起こすなど。最悪の場合、どちらかを喪う事態まで発生しかねません。

慰謝料の支払いが終わっている、あるいは請求が無い場合でも、自分たちの回復に費やすお金が馬鹿にならずに苦労します。

筆者の知り合いにも略奪婚をした女性がいるのですが、彼女の場合、婚姻届けを出したその日に相手の方が交通事故に遭って入院。退院できたと思ったら彼女の方が胃の病気で入院し、合計で1年近く病院に通い詰めるハメになっていました。その間は自身の治療か相手の看病で仕事もろくにできず、貯金をやりくりしての生活だったと言います。

幸福を得られたカップルの理由とは?

感謝の気持ちから円満家庭に

しかし全ての不倫、略奪婚が失敗するかといえばそうでもなく、中には幸せな家庭をきずけているカップルも存在します。最も多い理由は、家庭ある側が配偶者に辟易しているパターン。相手が暴力を振るってくる、性格の不一致など不満を抱えてはいたけれど、相手が怖くて離婚できなかった人は略奪者に感謝の気持ちがあります。

なぜ別れるのか、略奪相手はその理由も知っていて、好きな人の嫌がることはしないと決めています。それもまた円満の秘訣です。

ただし幸せな家庭を築きたいなら、必ずしも不倫相手を探す方が良いとは限りません。収入は良いけど夫婦生活が無いなど、ないものねだりが動機になっている人もいるからです。浮気はしていないけど相手に不満があるなら、1度きちんと話しましょう。自分が言っていないから相手に伝わっていないだけという可能性も高いです。

信頼関係が強固だから長続き

不幸になるのとは逆の理由だからこそ、幸せになれると言えます。周囲からの信頼を落とすことを覚悟の上で結ばれた分、互いに固い信頼を得ているカップルは幸せなその後を築いています。

そもそも結婚相手に求める条件としても信頼は大事な要素です。疑心暗鬼や略奪が楽しいなど、不幸パターンのいくつかは、裏を返すと相手に信頼がないものばかり。以前の配偶者に恐れや不満があることも信頼さの無さを示しており、離婚に至るのは当然と言えます。

誠実なカップルは略奪でも幸せ?

周囲にも真摯な態度で接することも、幸福な将来のために必要です。略奪婚でも円満過程を築いているカップルの多くは、もとの配偶者への謝罪だけでなくその親や自分たちの親、親戚や友人にもしっかりと経緯を伝えています。

そして別れた以上、もとの配偶者が悪い人だったとしても彼らは陰口を叩きません。溜まっている不満があったとしても、誰かを貶める言動は自分の評価をより低くする結果にしかならないと知っているのです。

ただでさえ良いイメージのない不倫。2人の気持ちが本当なら、隠したり悪口を言ってより悪化させるべきではないのでしょう。

略奪の覚悟と信頼を得る努力はあるか?

幸運な未来が訪れたカップルもいるとは言え、やはり略奪婚を行うなら相当の覚悟が必要です。周囲からの非難を受けてまで、一緒にいたい人なのかをよく考えましょう。変な話ですが、「不倫関係でなくなっても共にありたいか?」も確認すべきです。禁断の恋に酔っている可能性はありませんか?

好きな人を手中にしたとしても、苦難は続きます。略奪された人への謝罪と、取り巻く人たちへの理解を求めなくては、いつまで経っても悪評は消えません。噂はいつか無くなるものですが、いつかの訪れを早められるかは当人次第です。

1番愛していると思える人に出会えるのは素晴らしいことですが、その人あるいは自分に家庭がある場合、誰かを苦しませることは理解してください。自分たちの未来が幸せなものになるかどうかは、その重さを真に理解しているかどうかにかかっています。

Pick Up

スタイリスト・樋口かほりさんが教える! 「絶対買い!」なコスパアイテム6選

...

普通のボブにはもう飽きた! 今旬なのは ふんわりかわいいワンカールボブ♡

くるっと巻いた毛先で女性らしさと大人かわいさが出るワンカールボブ。軽やかな雰囲気は、暑くなってくるこれからの季節にもぴったりですよね。いつものヘアスタイルにひと手間プラスしてできる、ふんわり大人かわい...

黒髪でも軽やか&おしゃれにきまるコーデの小技 初デートのおすすめモテコーデ♡

就活や学校、お仕事の関係で、明るいヘアカラーができないという人もいると思います。 黒髪ってすてきだけど、どうしても真面目に見えたり、重たく見えがちで、納得のいくコーデができずに悩んでいる……という方も...

甘すぎない上品モテコーデにはストライプ柄が大活躍♡

この春大活躍のトレンドトップスは、甘めシルエットのアイテムが多く、華やかでウキウキしちゃいますよね♡ でもうっかりすると“こってり系甘め女子”になってしまう可能性も……! ...

彼ウケ抜群♡ 仕事帰りのキレイ目デート服スタイル

人気ブランドでつくる“彼ウケ”コーデ。今回はRoomy's(ルーミィーズ)池袋PARCO店のショップスタッフ金光まさえ(かねみつまさえ)さんの提案。今日は仕事帰りに彼とデート♡ そんな日のベストなスタイルは?...

こなれ感たっぷりの着こなし♡イエローをスカートに投入しよう

今季の注目カラーといえば、ピンク&イエロー♡ なかでもイエローは、爽やかで春らしいカラーですよね。今回は、オシャレさん達が魅せる素敵なイエロースカートの着こなしをご紹介します。...

Keyword