恋人にはしない行動を取る

両親以外にも紹介するのは妻だけ

恋人なら、両親に紹介するぐらいはするかもしれません。しかしほかの親族や友人、仕事で付き合いがある知人などにまで引き合わされたら、彼は結婚を意識している証です。自分の場合で考えてみると解りやすいですが、恋愛関係という段階で親以外の人にまで逐一話すのは面倒だと思いませんか? 反対に女性側の家族構成や立場を尋ねることもあります。女性でも一人っ子だったら、その親から婿に入って欲しいと言われるかもしれません。結婚したいと思うからこそ、予め覚悟しておきたいと考えています。

結婚を含めた将来への前向きな言動が増える

子供と遊ぶ夫婦 結婚の話そのものではなくても、親との付き合い方、子供ができたらという話を男性の方から持ちかけてきた場合も、真剣に考えていると見て良いです。同棲していないのであれば普段の生活の仕方、収入面についても話題に出てきます。 生活面では特に家事が重要なポイントに。男性が主夫志望でなければ、結婚後はあなたが担当すると思っています。苦手な人は克服しておきたいですし、もし自分も仕事を優先したいなら、役割分担をきちんと話し合いましょう。 また、同棲や共通口座の提案をしてくることもあります。同棲は、実際に生活を共にしてみないと分からないことも多いからですね。共通口座は結婚式費用の貯蓄が主な目的。ウェディングケーキ入刀前から共同作業を求めているのです。生活費は別々か分担制のカップルも多いですが、恋人段階から彼女へ一任する男性もいます。

恋愛だけの相手に高い贈り物はしない

誕生日に昨年より高価なものをプレゼントされたら、彼はあなたを結婚相手と捉えています。将来の話もそうですが、誰かにお金をかければ自分に使える金額は減ります。毎日のように好きなものを飲み食いしたり、趣味につぎ込むことができなくなってしまうのです。 食事は三大欲求の1つですし、趣味を何より重視する人もたくさんいます。しかしそれらを差し置いても優先したくなる存在だと認識しているのです。時に車のローンや奨学金の返済など、借金の手伝いをするパターンも。ただこれらはあくまで貸しの可能性もあるので、しっかりルールを決めましょう。

結婚は言葉にも現れる

ドライブ旅行するカップル

嫉妬ではなく心配をし始める

普段の会話にも変化が見えます。例えば用事があって会えない時に「その後でも良いから会いたい」、「用事の場所から自宅まで送る」などの申し出があったら結婚のサイン。一緒に居られないことで、彼の心はあなたに何か危険が訪れないかと不安になってしまいます。 あなたを守りたいがための不安なので、どんな言動であっても不快感を感じない点で共通しています。例えば「携帯を見せて欲しい」などは、丁寧な言葉遣いでも嫉妬に起因すること。不快だと思う人もいるでしょう。判別できるようにしておきたいですね。

プライドがあっても自分の悩みを打ち明ける

男性心理では、好きな女性の前で見栄っ張りになりたがるもの。しかし生涯を共に歩む相手ならば男らしさを演出せず、意地も張らずに相談します。彼から相談されたとすれば、あなたは弱みを見せても良いほど信頼されている人という立場になっている証です。 深刻な悩みに限らず、ショッピングでの商品選びのように、自分で解決できるようなものでも意見を聞きたがります。家族に相談するのと同じですね。同時にあなたの価値観のチェックをしている可能性も。否定したから結婚しないというより、あなたの思考を理解したい気持ちもあるので、正直に答えましょう。

周囲の変化が意識のきっかけ

仕事が一区切りついたら家庭を作りたくなる

男性心理における結婚を意識するタイミングは、仕事の転機が解りやすいです。いつもの業務が一区切りついたのではなく、昇進や転勤など自分の立場に関わる転機であれば可能性も高まります。気持ちに余裕ができ、改めて恋愛に意識を向けやすくなるのです。 特に転勤は遠距離恋愛になるため、浮気防止も兼ねて「一緒についてきて欲しい」と切り出せます。プロポーズのきっかけにもちょうど良いタイミングです。業務でも、大きなプロジェクトが終わった後なら思い至りやすいので、彼の仕事の様子を普段から聞いてみるのもおすすめ。

逆プロポーズを歓迎する男性心理も

いきなりのプロポーズは失敗を懸念する人も多いですが、男性はそれを待っているかもしれません。いわゆる草食系男子に多いのが、女性からプロポーズされた時に意識して、そのまま受けてしまうパターンです。真面目な男性にも多く、彼女の希望に応じたいとする心理が働いています。 恋愛自体が消極的な男性とっては、世間のプロポーズは男がするものという認識は辛いのかもしれません。積極的でなくとも将来の話をすることが増えたなど、兆しを感じたらこちらから踏み込んでみましょう。

理想の女性だと思えたら結婚したい

手をつなぐカップル、女性はお腹に手を当てている

女性の魅力は母性の魅力?

彼にとっての理想は、こちらから判別しにくいきっかけですね。しかし状況に関係なく、「これだ!」と思う女性が現れたら、男性は結婚を考えます。比較的多い理想は、子供の産みやすさです。生物として子孫を残すのは必至。男性心理は、母体に適した女性を自然と選んでいます。 簡単な話、母体に良い体とは女性らしい体型のことです。胸は大きく、お腹はくびれていて、安産型と呼ばれるお尻。もし自分の体型に不安なら改善をおすすめしますが、健康的なボディラインも条件なので、極端なダイエットは逆効果です。

優しさを感じられる女性と結婚したい

男性に膝枕をする女性 性格にも理想があります。男性の心は自分が辛い時に慰め、励ましてくれる女性を求めます。家庭に入れば、男性は自分だけではなく家族のためにも稼がなくてはいけません。収入が増えればその分仕事量も増え、責任も重くなるもの。家で癒してくれる女性が待って居たら最高ですね。 普段から厳しい性格の人は、せめて彼に対しては優しくするよう努めましょう。態度を変えるのは恥ずかしいかもしれませんが、それが結婚へ進める1歩となります。

男性は信頼してくれる人を求める

優しさと重なるところもありますが、自分を信頼してくれる相手にも結婚を意識するのが心理。ほかの女性と少し会話したぐらいで、浮気だなんだと疑心暗鬼の女性はお断りしたいのです。女性側としては不安ですが、まずは彼を信じてあげましょう。 また趣味など、自分の領域を持っている人は、妻でも踏み込まれるのを嫌います。付き合っている段階から執拗に入ってこられては、結婚してから辛いばかりだと感じて、妻候補としては考えてもらえません。誤った彼を正すことも大事ですが、基本は彼の1歩後ろをついていく姿勢をキープしましょう。

男性にとって結婚は恋愛より大変

手を引く男性と微笑む女性 男性も、愛する人と一緒になることは素晴らしいことと思ってはいますが、周囲からのプレッシャーが凄いのが結婚です。「男だからプロポーズはきちんと」、「男だから家計を支えろ」、直接誰かに言われることはなくても、固定観念のようになって気にしている人も多いです。 それでも結婚したい相手を見つけた時は行動を起こしますがいきなりプロポーズではなく、意識する仕草を見せながら、1つ1つのプレッシャー要因を順番に片付けていきます。男性の心理ではいざ結婚になった時、気持ちの落ち着けたいと考え、時間を必要としているのです。 彼が結婚を意識していると感じたら、こちらからもアプローチすることで負担を少なくすることはできます。しかし焦らず、彼の辛さを受け止め、理解してあげることも大事です。男性にとって、それもまた優しさと信頼。あなたの寛容な態度こそが、彼の決意の後押しになりますよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!