Middle shutterstock 383111350

目次

理想的な連絡頻度は話し合って

どちらかが不満に思わないように! 彼はあまり LINEをしないけれど、私はなるべくたくさん送りたい!そういう行き違いはよくあることですよね。 彼が少なくしたい!と言ったからといって我慢して合わせていると、どこかで不満が出てきてしまいます。「私はもっと出したいんだけど」という思いは必ず伝えましょう。 その中で向こうから「じゃあもう少し多くしようか」とか「これなら少なくても我慢できる」など納得できるように話し合うことが大事です。 でもどうしてもLINEなどが苦手な人もいますよね。強要することはせず、スタンプだけでも大丈夫だよ、など相手の負担にならない方法を考えましょう。

頻度を決めても無理は禁物!

例えば週に3日、必ず火曜日木曜日土曜日はLINEしようね!と決めても、体調が悪かったり手が離せない仕事があったりすることもあります。そういう時は無理してしまうと負担になりだんだん疲れてしまいます。 ダメな時は無理しないとお互い決めておきましょう。ただ待っている方は心配しますから、必ずフォローの連絡を入れるようにしましょう。

時間もだいたい決めておく

朝出勤前の8時くらいね、とか寝る前の11時くらい、などなんとなくでも時間を決めておくと気持ちの切り替えにもなっていいですよ。 朝のLINEやメールはこれから頑張るぞ!という気持ちになるし、夜は幸せな気持ちで眠れますよね。 ただこれにも振り回されないことが大事です。朝バタバタしていて送れなかったら、昼にはLINEやメールを入れておくなどの気遣いも必要です。 また相手から来なくても、また後で連絡すればいいや!くらいのゆったりとした気持ちでいることが遠距離恋愛では大切ですよ。

連絡頻度の変更も大事!

笑顔でよりそうカップル 2人で決めたから絶対!と思い込むのは危険です。決めたことに縛られすぎてしまうと心の負担になってしまいます。そしてだんだん疲れてしまったなどということにもなりかねません。 今はこのくらいだけど、もう少し減らそうとか時間はお互いが大丈夫な時間にしておこう、など状況によっては変更することも大事ですよ。

毎日連絡を取り合うのは?

毎日のLINEやメールは、距離が離れているだけに嬉しいし安心ですよね。でも眠いのにLINEしなくちゃ!とかお風呂はいりたいのにLINEの返事しないと!など生活のリズムが乱れるのはストレスの元です。 お互いが疲れないように、連絡は1日くらいなくても大丈夫、と思っておく方が疲れません。絶対毎日、などのルールに締め付けられないようにしましょう。

週に1度か2度の連絡頻度は?

仕事に打ち込む女性 週に1度か2度の連絡頻度がよいカップルもいますよね。忙しかったけれど、明日はLINE来る日だ!と思うとがんばれるもの。 それを励みに頑張ろうといういい関係の遠距離恋愛になります。 週に1度、2度が物足りないと思ったら、増やしてみるなど調整してみることも大切です。 きっちり決めないで、緩めにしておく方が疲れません。

連絡頻度は少なくても大丈夫!

2週間に一度でいい、とか月に一度など少ない頻度で連絡するカップルもいます。 少ない頻度でもお互いが納得していれば全然問題はありません。周りになんと言われようと関係ありません。 どちらかがもっと連絡を取りたい場合は、お互い譲歩しあうことも大事です。 LINEやメールが日頃は少ない分、連絡を取る日はたくさんやり取りをするなどメリハリをつけるといいですよね。

LINEの既読スルーが気になる?

2人でルールを決めておく

既読スルーは気になりますよね。どうしたのかな?何かあったのかなと思うのは当然のことです。 でも「既読スルーになることもある」ということをあらかじめ知っておけば安心です。 そのあとに必ずフォローの返事を入れるようにするのが思いやりですが、LINEが苦手な相手には強要しないことも大切です。スタンプだけでも返してもらうようにするといいですね。

未読や既読スルーは気にしない!

笑顔でそれぞれのスマートフォンをみるカップル 未読や既読スルーがあってもたまにはこんなこともあると、気にしないことも大切です。 誰にだってスマートフォンやパソコンを見られない時はあるもの。心配したらキリがありません。 ただ相手からはなぜ未読なのか、既読スルーなのかわからないので、後で一言伝えるように話し合っておきましょう! きっちり決めないけれど最低限の気遣いがあることが、遠距離恋愛では重要です。

遠距離恋愛で大切なのはお互いの信頼

相手を信じること!

手を握り笑いあうカップル 遠距離恋愛でLINE、メールを使って連絡を取ることはなかなか会えない2人にとってとっても大事なことです。 でもこれに振り回されては2人の愛の本質が見えなくなってしまいます。 何よりも大事なのは相手を信じること。信じる根拠をLINEやメールに求めないことも大切です。 こまめに連絡をとっていた方が別れない、という一般的な情報を信じるのではなく、相手を信頼しましょう! 返事がないと心配になってしまいますが、信じあうことが遠距離恋愛の連絡頻度のポイントです。

心理学の調査でわかったことは?

アメリカで行われた調査で、近くにいるカップルの方が結婚する率が高く、遠く離れてしまうと別れてしまう率は高くなったそうです。しかしこれで落ち込む必要はありません。 人は単純に接触が多い人を好きになるという心理学の調査もあります。 ですから頻度よりも途絶えることなく連絡を取り合うことが遠距離恋愛では大事なのです。

LINEやメールでけんかをしない!

長い付き合いなら、たまには文句をいいたくなるかもしれませんよね。でもLINEやメールだと文字だけの印象で判断し、相手の意図とは異なる解釈をしてしまいがちです。 どんなに頻繁に連絡を取る相手でも、文字だけでけんかをするのはやめておきましょう。顔が見えないだけあってこじれてしまう可能性が高くなります。 頭にきても一呼吸おいてから返信することが大切です。顔の見えるskypeなどを使えば、怒りも治りますよ.

最後には笑顔で読めるように!

誰だってネガティブなことを書きたくなる時もあります。他の人には愚痴らないことを話せるのも、恋人同士ならではです。 ですがなかなか会えない2人がせっかく遠距離でLINEやメールをするならお互いが笑顔になれるものを送りたいですよね、 愚痴ったら最後は必ず笑顔になれることを送っておきましょう。自分でもその方がすっきりします。

男性はLINEやメールが苦手な人も。

連絡の手段としてはLINEやメールを利用するけれど、自分の気持ちや出来事を書いて送るのが苦手な男性もいます。またこまめに連絡を入れるのがどうしてもできない男性もいます。 彼がもしそうならちょっとやきもきしますよね。そんな時はあなたのことは信頼しているけれど、遠距離恋愛では連絡が途絶えると心配であることを伝えておきましょう。 それで彼が連絡をくれるようになれば嬉しいし、あまり変化がなくてもそういう人だとわかっているので安心できます。 もちろん女性にも苦手な人がいます。いずれにしても彼に理解してもらうようにていねいに説明しておきましょう。

遠距離恋愛の連絡頻度は?

スマートフォンを手に笑顔のカップル 遠距離恋愛では特に重要なLINEやメールの連絡頻度。ですが連絡頻度はカップルごとに違って当然です。 こまめに連絡を取る方がいいとはいえどちらかの負担になっては、遠距離恋愛がますます辛くなってしまいます。 心地よい頻度は、お互いに調節しあっていくことが大切です。あまりきっちり決めず、そして縛られずにゆったり構えていましょう。 お互いを大切に思う気持ちがあれば、その時の連絡頻度が理想的であるということです。会った時に笑顔で過ごせるような連絡頻度が一番理想的です。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。