男性心理から見る恋愛とは?

恋愛について考えている男性

男性は自分で手に入れたい

ずっと片思いばっかりで今度こそ両思いなりたい。そのために男性心理を知っておくのは大事なことです。それはほとんどの男性に共通することだから。 男性は自分と付き合う女性を自分で手に入れたいと考えています。本能で男性は狩猟をするもの。それは恋愛でも同じです。 簡単に手に入ることは男性には魅力ではないのです。

ルックスは外見や雰囲気が大事

男性は女性以上にルックスを重視しています。この場合のルックスとは外見だけでなく雰囲気や、女性の持っている感じ。 優しい感じが好き、とかふんわりしたのが好きという人もいる一方、頭が良くて仕事のできるキャリアウーマンが好き、という男性もいます。 男性の好みは完全に個人差があります。単純な顔やスタイルだけでなくもろもろの雰囲気も含んだルックスの好みがあります

彼女は癒される存在が理想

男性は常に社会の中で戦っている存在。男性同士の友情はすごく強い、と思う一方仲がいいのに友だちに彼女がいるのを知らなかったりと謎だらけ。 それは男性が基本的に自分の仕事、プライベート、交友関係を自分自身で責任を持って管理しているから。 そんな男性はやっぱり自分を癒してくれる女性が好きです。それがふんわり系の女性なのかキャリアウーマンなのか、これが個人差です。

両思いへの最初のステップは?

同じ趣味の本を読むカップル

お互いの共通点を探す

片思い相手を振り向かせるためにするべき最初のステップ。それはまず彼を観察してできるだけ共通点を探しましょう。 できれば会話をする前に1つでも見つけておけば、会話が弾んで好印象を彼に与えることができます。 会話が弾めば彼は「この子とは気が合う」と思ってくれます。

会話やあいさつの回数を増やす

会話の糸口を見つけたら、次は彼との会話や行動の回数を増やしていきましょう。 男性に限らず人間は本能的にたくさんしゃべった相手、たくさん同じことをした相手に親近感を持ちます。 単純にたくさんしゃべってマメにあいさつするだけで彼はあなたの存在を認めてくれることになるのです。 焦らず積み重ねていきましょう。

女性らしい服装にしよう

どれだけ仲良くなっても自分が片思いの彼に「女性」と認識されなければ意味がありません。そしてそれはシンプルに服装を変えるだけでも効果があります。 女性からすると「そんな単純な」と思いますが、男性はそんなに難しい心理は持っていません。 できるだけ女性らしいスカートや色の柔らかい服装に変えるだけで、「女性らしい」と思ってもらえるはずです。

両思いへの次のステップは?

女性からプレゼントを渡して好意を示しているカップル

さりげなく好意を示す

第2段階です。ここのポイントは、「さりげなく」好きを伝えること。「好きです!」とか言うのは逆効果になります。 男性は失敗や拒絶が嫌いです。それは男性の本能とでもいうべきもの。 「もしかしたらこの女性は自分を好きなのかな?」と思わせるだけで、片思いの彼の関心をぐっと惹きつけることになります。 あくまでさりげなく、軽く態度で示しておくと大変効果的です。

相手の好きなルックスに変えていく

片思いの彼と親しくなったら次は彼の好みを聞いてみましょう。顔の作りやスタイルではなく、彼の好きな女性のタイプから雰囲気や感じを聞いてみましょう。 そしてさりげなくそれに合わせて自分を変えていきます。笑顔がかわいい子が好き、なら目が合ったときに微笑んでみる。しっかりした女性が好き、なら仕事を積極的に頑張ってみる。 そのくらいの努力をしないと片思いから両思いになるのは難しいです。

「ダメな自分」を見せて親近感をもたせる

男性全体にいえることですが男性は女性が「自分よりできる」「自分より完璧」という状態からは滅多に恋愛にはつながりません。 あなたにだってできないところはあります。しかしそれを見られると「嫌われるかも」と思ってしまうもの。 むしろその逆で、男性は女性のダメなところ、できないところや「隙」を見せるとぐっと親近感を持ちます。 思い切って自分を出してダメなところを一緒に笑ってもらいましょう。

両思いへの最後のステップは?

デートの後ひとりで家に帰り彼に連絡する女性

いい感じのときあえて引く

大分仲良くなってお互いになんとなく恋愛の対象としてみていることがわかってきた。そんなときにはあえて引きましょう。 みんなで出かけた帰りに彼が2人でご飯食べない?と誘ってきた。そんなときには本当にご飯だけ食べてすぐにさっと帰ってしまいましょう。 好きだから、とべったり付き合うより「え?もう帰っちゃうの?」というくらいで引くと、男性はもっと追いかけたくなるものです。

心配をかけて男性のプライドを満足させる

男性は常に「役に立ちたい」と考えています。たまになんにもできないような女性がモテることがありますが、それは男性のプライドを満たしているから。 男性は、特に女性の役に立つ存在でありたいと考えています。それはもう子どものころからずっとそう。 自分の行動で彼にハラハラさせて「まったくもう、もっとこうしなよ!俺がいないとダメだなあ」と心配させて彼の「役に立ちたい」プライドを満たしてあげましょう。

ちゃんと褒めて男性を立てる

男性は人からの評価を強く意識しています。社会人として、そして男性としていつでも「褒められたい」と考えているものです。 抽象的なことではなく、彼のした具体的な行動を褒めてあげましょう。 「新人の子にちゃんと注意して偉かったね、私にはできないかも」そんな風に言ってもらうと男性は「ああ、この女性は自分を認めてくれている」と強く思うものです。 そうなったらもう恋愛の対象としては申し分ないこと間違いなしです。

両思いになりたいならしてはいけないこと

恋愛に失敗して悲しむ女性

いきなり告白しない

「恋愛はとにかく行動、ダメで元々」と告白してもおそらく本当にダメです。 男性にとっていきなり恋愛対象外から女性が告白してきても、あまり魅力は感じないものです。 ここまでのステップを踏んで自分好みの女性ならともかく、いきなり告白してもよほど自分がその彼の好みのタイプでない限りお付き合いは難しいでしょう。 片思いの彼とうまくいきたいならそれなりの手順を踏んでください。

相手を「好かれている」と安心させない

「自分が好きだってわかればいいんでしょ」とばかりにもううっとうしいくらいに「好き!」と言っても男性は興味を持ってくれません。 確実に手に入る女性には男性はむしろ魅力を感じないのです。「あいつは俺のこと好きだから」と安心してしまうのです。 片思いの彼と両思いになるには、彼にもちゃんと恋愛をしてもらわないといけません。そのためにちゃんと計画を立てましょう。

男性のプライドを壊さない

「あなたってここがダメね」「もっとこうしたら?」そんな言葉を彼にかけていませんか? 女性としては片思いの彼の役に立ちたくておせっかいを焼いてしまうこともあるでしょう。役に立てば、と思って言った言葉も、彼には有難迷惑もいいところかもしれません。 男性は自分の問題は自分の力で解決したいと考えています。それはお付き合いをしてからもそう。彼が何か悩んでいてもあなたは口を出してはいけません。 自分のことをして彼が問題を解決してしゃべってくれるまで待てるのがいい女です。

振り向かせた後の両思いのルール

海辺を歩くカップル

常に相手に気を配るようにしよう

やっと彼と両思いになれた!そんな後にもしっかり男性心理を知って彼といつまでも仲良くしたいですよね。 いつもの電話、いつものメールのときにも、「からだに気をつけてね」「無理しないでね」という相手を気遣うような言葉を忘れないようにしましょう。 そうした優しい心に触れて男性は「ああこの女性と付き合ってよかった」と思うもの。「あなたは特別なのよ」というサインをしっかり出しておきましょう。

ギヴ&テイクをしっかりしよう

すべての人間関係がそうであるように、恋愛の関係ではギヴ&テイクが非常に大事です。それはご飯をおごるとかそういう細かいことではありません。 相手が自分にくれる分だけの愛情や手間ひまをあなたも相手にかけなくてはなりません。 女友だちでは一方が甘えてばっかり、叱ってばっかりというのはよくありますが、恋愛の場合はそれでは成り立ちません。 「なにかを任せる」「なにかをしてもらう」これが与えることにもなるのです。両思いになってから学ぶことは大変多いといえるでしょう。

相手の話をしっかり聞こう

聞き上手は基本的に人間関係すべてがうまい人です。男性でも聞き上手の人は友人も多く、仕事などでもコミュニケーション能力が高い人が多いです。 せっかく両思いになってお付き合いをするなら相手の話をしっかり聞けるような女性になりましょう。 男性の話を最後までしっかり聞ける女性はそれだけで男性を癒します。愚痴を言うことが男性の甘えでもあるのです。 大事なのはここから、と肝に銘じておきましょう。

まとめ

片思いの彼を振り向かせて幸せそうなカップル ここまで、男性心理を知って片思いの彼を振り向かせるための秘策をいくつかご紹介してきました。 これまでの女性から見た考えとはかなり違う、「ええ?そんなこと思ってるの?」なんていうこともあったのではないでしょうか。 女性と男性は基本的に違う生き物。お互いの理解は人類の課題です。 あなたもこの男性心理を知って、片思いの彼とぜひ両思いになって楽しい関係を掴んでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!