意外と簡単?好きな人をデートに誘う3つのコツ

ハートを握っている女性

ひとりではちょっと…付き合ってもらうことを口実にする

気になるお店があるけど、ひとりじゃ入りにくい雰囲気なんだといった口実を準備することで、デートに誘うというがメインではないと男性に伝えることができます。正義感の強い男性であれば、女性が困っていれば助けたくなるもの。好きな人が真面目な場合には、ぜひ、興味がある場所があるけど付き合ってという表現がベターです。

軽いタッチも好印象!LINEで気軽に誘う

好きな人の連絡先を入手しているのであれば、LINEなどを駆使して話さずに誘うのもひとつのコツです。これは、断られる可能性も高い方法ではありますが、面と向かってデートに誘えない女性にとっては、使える手段。また、好きな人がコミュニケーションを苦手にしているタイプであれば、男性の心理的な負担を軽減できるというメリットも。

友達アピール!異性として意識していないニュアンスで誘う

異性として意識しているということが全面に出ている女性は避けられてしまいがちですので、少しニュアンスを変えてあげることが重要。具体的な方法としては、突然電話をして、なんの前置きもなしに誘ってしまうことです。電話で話し始めてからの時間が長ければ長いほど言い出しにくい雰囲気になってしまいがちですので、さらっと声をかけることがコツです。

伏線を張っておこう!デートを実現するための3つの下準備

楽しそうにスマホを見ている女性

絶対条件!連絡先はなんとしてでも入手しておく

好きな人との連絡手段は、をデートに誘う手段としても非常に有効ですが、仮に関係が発展していく中でもマストです。もし、合コンなどで出会い、少し気になった男性がいた場合には、時間をおかずに友達伝いにでも入手しましょう。LINEの交換ができてしまえば、その後のリサーチもでき、なんでも話せるような関係性を築きやすくなります。

それとなくリサーチ!好きな人の空いている時間を把握する

男性が女性からの誘いを断る理由は大きくふたつ。ひとつ目は、女性に興味がないこと。そして、もうひとつが、デートに行く余裕がないことです。このような事実がありますので、デートに誘う前のなんとなくとっているコミュニケーションの中で、空いている時間を抑えてしまえば、断られる理由のひとつは簡単に消してしまうことができます。

気を遣わせない!お互いに好きなものを見つけておく

そして、最後にできる下準備として、お互いの好きなものを見つけておくことがあります。男性はプライドが高いので、自分が好きなものに付き合ってもらうことに否定的なこともあります。また、自分の興味のないことには時間を割かないという男性もいますので、好きな人がどちらのタイプであっても、お互い好きなものを見つけておけば気を使わずに済みます。

段取り勝負!忙しい男性をデートに誘うテクニック3選

楽しそうにスマホにみるカップル

連絡の頻度が決め手!愚痴れる女友達になる

もし、好きな人との関係が、気軽に連絡を取り合えるまでになっていた場合には、男性の言葉を否定的に捉えないことが重要になります。男性が女性に求めることとして、もっとも大切なのが分かってくれているという安心感です。連絡を取り合っている中で、頑張っている好きな人の1番の理解者になり、愚痴も聞ける女友達になりましょう。

いつでもポジティブ!エネルギーあふれる女友達になる

忙しい男性が女性とのデートに時間を割く気になるタイミングは、パワーチャージしたい時であることも少なくありません。そして、仕事の悩みなどをなんてことはない!と思わせてくれるような女友達に頼る傾向にあります。そんな時に、好きな人の頭にすぐに浮かぶ女友だちであるために、日頃からポジティブ物事を捉える練習をしておきましょう。

追いかけてくる?あえて連絡をパッタリ断つ

意外に思われる方も多いと思いますが、好きな人が忙しい男性の場合には、あえて連絡パッタリと断つことも有効です。この方法は多少リスキーな面もありますが、もともとある程度の頻度で連絡をとっていた場合には、パッタリと連絡が絶たれた男性を空いた時間が手持ち無沙汰という状況に立たせることができます。少しずつ減らすのではなく、断ってしまうことが重要です。

印象が大切!初デートを成功させる3つのコツ

モテ男に対してアタックする女性

清楚な印象に!白を基調としたコーディネートがおすすめ

やはり人の印象はコーディネートに左右されがちです。ましてや初デートでは、男性に明るい女性のイメージを抱かせることで、緊張を和らげることもできます。また、印象は2回以降のデートにも大きな影響を与えてしまいます。ずっと残る第一印象を爽やかで、明るいものにするために、白を基調としてコーディネートすることがコツです。

明るい時間に2〜3時間程度!時間はあらかじめ決めておく

意外と見落とされがちですが、初デートは絶対に日中にすることもコツのひとつ。そして、2〜3時間程度にすることが大切です。先ほど紹介したコーディネートも印象に大きく影響しますが、会っている時間が明るいか暗いかも印象を左右します。さらに、初デートは時間が長すぎてしまうと、間を埋めることに苦労することになります。好きな人と会いたいという気持ちを少し抑えることも大切です。

準備が大切!ある程度のプランを決めておこう

最後のコツは、大まかにで構わないのでプランを決めておくことです。初デートの曜日や時間によって、入れるお店や街の混み具合も異なります。リサーチ不足は、混んでいてなにもできなかったというストレスだけ残るという結果にもなりかねません。行きたいお店が混んでいる時間帯を調べるだけでも、初デートの成功率は変わってきます。

最初が肝心!2回目以降のデートに繋げる3つの方法

仕事のできる男性とキスする女性

数で勝負!次に行きたい場所をいくつか提示する

もちろん初デートでしっかりと男性の心を掴むことが大切ですが、2回目のデートに繋げるための方法もあります。そのひとつが、好きな人が行きたいと言うであろう場所を、初デートの時にいくつか提示することです。あまり自分は興味がなくても、男性に影響を受けたから一緒に行きたいと言えば、嫌な顔する男性はいません。

本がおすすめ!面白いからと好きな人に貸す

ふたつ目の方法は何かを貸して、返してもらうことを口実に2回めのデートの約束をする方法です。この方法は、もっともデートに誘っているというイメージを与えずに、さりげなく誘える方法ですので、女性としても実践しやすいはず。まして、本などのおすすめのものを拒否する男性も限りなく0に近いはずですので、有効な方法でもあります。

イニシアチブを握ってしまう!会う予定と行き先を決めてしまう

そして、最後は多少勇気が必要という女性も多い方法ですが、実は男性ウケの良いやり方です。それは、半ばに次のデートの予定と行き先を決めてしまうというものです。好きな人の予定と興味のある場所を聞いた上で実践するという点がコツになりますが、「じゃあ、次は◯日に◯◯◯に行こうね!」と笑顔で言われたなら、男性はイチコロです。

また会いたい!男性をそんな気持ちにさせる3つの要素

キスしているカップル

興味を持ってくれてる!話を聞いてくれる姿勢

好きな人との関係が発展していくどの段階でも必要ですが、特に初デートでアピールすることができれば、非常に有効な要素です。意識してなければ、ついつい自分のことばかりを話してしまいがち。話を聞く姿勢で、あなたに興味がありますよということをアピールすることができますので、相手に話す主導権を渡す心づもりでいましょう。

胸キュン!照れを隠しながら強がる姿

先ほど2回目のデートに繋げるための方法で紹介した、半ば強引に次のデートの約束をしてしまうという行動によって、好きな人は間違いなくキュンとするはずです。女性が少し照れながらも、そして、実は予定も自分の興味あることにも配慮してくれた上で、提案してくれているという行為に、嫌な印象をもつ男性はまずいないでしょう。

気を遣ってくれてる!心に染みる優しい言葉

そして、最後の要素は日常の生活の中では、なかなか言われることのない優しい言葉をかけられることです。男性は意外と、ありがとうやお疲れ様という言葉のニュアンスに繊細です。職場でかけられることはあっても事務的なものばかりですので、心を込めたお疲れ様というワードには意外なほどのパワーが含まれています。

忘れてはいけない!関係が変化しても意識したい3つのこと

キスしそうなカップル

ドキドキ感を感じる!新しいことを見つける探究心

何度かデートを繰り返し、関係性が発展し、好きな人が彼氏になったとしても色んなところに遊びに行く、気になるスポットにアンテナを張っておくことは意識しておきましょう。お互いの家を行き来するようになると、なかなか新しい場所に足を運ぶことも少なくなりがち。お互いの関係を新鮮なまま保つためには、探究心を持ち続けることが大切です。

相手のため!好きな人に喜んでもらうこと

お互いの関係が変わったとしても、好きな人がいてくれているから楽しい時間を過ごすことができているということは、常に意識しておきましょう。相手の話を興味を持って聞く姿勢などは、関係が進むに連れて、継続することが難しくなります。しかし、そのアピールこそが、良好な関係を継続するためには必要不可欠です。

おろそかにしがち!しっかりと気持ちを言葉で表現する

最後の意識しておきたいことは、言葉にして表現するということです。相手のことを知っていくうちに、もう分かってくれているでしょと、コミュニケーションをとることをサボってしまうようになります。初デートの頃のようなワクワクする気持ちをキープし続けるためには、ありがとうという言葉や好きといった言葉を事あるごとに使うことをおすすめします。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!