Middle shutterstock 351379211

目次

好きな人への電話…気を遣う?

好きな人と楽しく電話する女性 好きな人に好きな時に電話したい!いつだって好きな人と話したり、声を聞いたり、出来るならば24時間いつでも電話してたいのが本音ですよね。でも、好きな人に電話するとなると、それだけでもちょっと気を遣う部分もあります。

忙しかったらどうしよう…

同じ職場であれば仕事が終わった時間などもわかっていると思いますが、同じ職場でない場合は相手がいつ何時に仕事しているかわかりません。 また、仕事を家に持ち帰って作業している場合も考えられます。もし仕事や作業しているタイミングに電話してしまったら仕事の邪魔なってしまって申し訳ないですよね。

誰かと一緒にいたら邪魔かな…

会話を楽しむ男女 男友達と遊んでいたり、飲み会に出席している時に電話をかけてしまうのも、せっかく楽しんでいる所なのに邪魔してしまう事になりますよね。そうなってしまうと、その場の雰囲気を壊す事にもなってしまいますし、もし電話をかけてもすぐに切らなければいけません。

寝てる所を起こしちゃったら…

夜や朝方に電話したいと思った場合、彼が何時に寝て何時に起きているのかという事を把握してなければ彼の睡眠を妨げてしまう可能性があります。 夜まだ起きていたとしても、今まさに寝ようとしているタイミングかもしれませんし、朝ならギリギリに起きて用意に忙しい時間かもしれません。また、休日の場合はお昼過ぎまで寝ている可能性もあります。そう考えると何時頃に電話をかけていいのか難しい所です。

そもそも電話嫌いだったら…

男性はメールやLINEなどが苦手な人もいますが、電話をするのが嫌いという場合もあります。また、電話は時間をとられてしまうから、用件だけをメールなどで伝えてくれた方が良いという男性もいます。 もし好きな人がそういう男性だったとしたら、電話する事で嫌われてしまう不安があります。

こんな女に思われたくない!

男性に嫌われている女性 ただただ好きな人と電話したいというだけではあるのですが、色々な事を気にしすぎてしまい、電話をする事で嫌われてしまうんじゃないか…?悪い印象を持たれてしまうんじゃないかという不安もあります。電話をする事でこんな風には思われたくないですよね。

しつこい女

あまりにも電話をかけすぎてしまう事で、しつこい女に思われてしまう可能性があります。特にLINEなどをしていて、LINEの返事が返ってこないにも関わらず電話をしてしまうとしつこい女だと思われてしまうかもしれません。 女性としてはLINEなどの返事が返ってこないからこそ電話してしまうという心理もあるのですが、あまりにもそれが頻繁にありすぎるとしつこい女に思われてしまうかもしれません…。

おしゃべり好きな女

あくまで好きな人だからこそ、好きだから話したい、好きだから電話したいと思って電話をかけているのに、もしかしたら相手からすればただただおしゃべり好きな女として見られてしまう事もあります。 好きな人だから沢山話したい事もあるし、聞いてほしい事もあるのですが、相手がもし自分に対して好意を持っていなければ、ただのおしゃべり好きな女として見られてしまうのも仕方ない事かもしれませんが、やはりちょっと寂しいですよね。

構ってちゃんな女

好きな人の前で緊張している女性 相手が好意を持たれているという事に気付いていなければ、構ってちゃんな女と思われてしまう可能性もあります。彼の中では、自分だからこんなに連絡をくれるのではなく、話さえ出来れば誰でも良いのでは?と思っているのかもしれません。 しかし、付き合っていなければ好きだから電話してるなんて言えず、ついつい照れくささから「暇だから電話した」なんて言葉を言ってしまう時もありますよね。でもその言葉を言ってしまえば、相手してくれるなら誰でも良いのかと勘違いされてしまう可能性は高くなります。

暇な女

例えば毎日電話をかけてしまった場合、彼にとってあなたは暇な女と思われてしまうかもしれません。もちろん実際暇かどうかというのは関係ありませんし、むしろ好きな人に電話する為に時間を作っている事もあるでしょう。 しかし、相手からすればいつでも電話をかけてこれる程自由な時間が多い女性になってしまうんです。いつでも声を聞きたくて必死で電話しているのにただ暇だから電話をかけてきていると思われるのは心外ですが、そう勘違いしてしまう男性がいるのも事実です。

理想的な頻度・内容・タイミングは!?

電話を持っている男女 本来なら、電話したいと思った時に躊躇せずに電話出来る関係が理想ですが、不安点や心配点も多くある上であまり自分の好きなタイミングで電話をする事は難しいでしょう。また、電話をした所で話題やどの位の時間話してていいのかという部分も悩みどころの一つですね。

頻度はどの位がベスト?

電話をしている女性 電話をする頻度は実際相手の仕事や生活環境、また、二人の仲がどの位進展しているかという部分にも寄って変わってきますが、まだそこまで進展していないうちは一週間に一回位から始めるのがベストでしょう。 一週間に一回から始めて、仲が良くなるにつれて縮めていけばいいだけです。最初のうちから毎日電話をしてしまえば、しつこい女だと思われてしまう可能性もあります。頻度を少なめにしておけば、相手の生活リズムを把握する事も出来る様になってくるでしょう。

話す話題はどんな話?

ベットの上で楽しそうに通話する女性 話す話題はあまり考えない方が良いでしょう。電話をする前に話す内容をメモっておくなどという方法もありますが、メモってしまえば逆にそのメモの内容がなくなってしまった時に無言になってしまったり、会話に詰まってしまう事があります。 あくまで自然体で今日あった事などの雑談をいつも通りの雰囲気で話せばいいだけなので、あまり意識しすぎない様にしましょう。

電話をするタイミングは?

暗闇で携帯を操作する女性 電話をするタイミングは夜の21時~22時あたりがベストでしょう。夜勤などの特殊な時間に働いているなどの例外を除けば、そのあたりの時間は比較的誰でも電話しやすい時間です。 このタイミングに関しては相手の仕事内容などによっても大きく変わってくるので、まずはしっかり相手の仕事がどんな仕事なのか?何時頃に働いているのかというのを前もって調べておきましょう。 電話をするタイミングをこちらで計算して電話するよりもLINEなどで相手に電話していいか聞いてしまうというのも手です。 前もって何時に電話かけていいか、何時頃空いているかという時間を聞いてから電話する方が相手にとっても一番負担のない時間に電話する事が出来るでしょう。

話す長さはどの位?

時計を持っている男女 出来れば長い時間電話したいというのが本音だと思いますが、実際電話が好きではない人からすると10分や20分でも長いと思われてしまう事もあります。 しかし、1時間や2時間話す事が好きな男性もいるので、一概にこの位がベストとは言い切れませんが、単純に相手の様子を見ながら話すのが良いでしょう。 相手が楽しそうにしていればもちろん長く話して良いですし、相手が忙しそうにしていたり淡白な対応であれば短めで終わらせた方が良いでしょう。 ある程度こまめに電話する様になれば、相手も気を遣わなくなってきて「今忙しいから長く話せない」と言ってきてくれる様になるでしょう。

まとめ

笑顔で見つめ合っているカップル 好きな人への電話だからこそ色々と考えてしまいますが、あまり考えすぎずに自然体でいるのが一番です。あまりにも色々考えすぎてしまっても空回りしてしまい、その空回りが相手にとって「つまらない電話」と思われてしまう事もあります。 だからと言って好きな時に好きなだけ電話できるというわけではありません。電話したい気持ちと、相手を思いやる気持ち、そのバランスをしっかりと持っていれば深く考えすぎる必要もないでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。