キスにはどんな効果があるの?

キスするカップル 恋人とキスをすることにより、様々な心理的効果が得られることを皆さんはご存じですか?上手なキスと下手なキスの違いを紹介する前に、まずはキスが私達にどんな影響をもたらすのか見ていきましょう。

愛情が高まる

見つめ合っているカップル キスをすると、「オキシトシン」という脳内物質が分泌されます。オキシトシンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、親近感や愛着、心の安らぎ、信頼感に作用する物質です。 また、スキンシップにより分泌されるオキシトシンには浮気防止効果があるとされているので、浮気に対して不安を感じている人はパートナーの方とたくさんスキンシップを取りましょうね!

ストレスが解消される

片思いを卒業すると決心している女性 前述で説明したオキシトシンと一緒に、「エンドルフィン」という物質も分泌されます。このエンドルフィンが、免疫力の低下や老化を早めるとされるストレスホルモン「コルチゾール」の濃度を急激に下げるため、ストレスが緩和されるのです。いつまでも健康でラブラブな二人でいるためにも、キスは必要不可欠な行為ですね。

ダイエット効果

体重計とメジャー キスにはダイエット効果があるというのは有名な話ですので、知ってる方も多いのではないでしょうか? キスの消費カロリーは、1時間で360kcal程度といわれています。これは、激しいダンスやボート・カヌー、卓球と同程度の消費カロリーです。ちなみに、ウォーキングの消費カロリーが1時間で約200kcalですので、キスをするだけでかなりのカロリーを消費することがわかりますね。

キスの消費カロリーが高いのはなぜ?

キスをすると、興奮物質である「アドレナリン」が分泌されます。このアドレナリンには、心臓がドキドキする、息が荒くなる、手が汗ばむ、といった身体的反応を引き起こす効果があり、そのおかげで血流が良くなり、脂肪燃焼効果が得られるのです。

上手なキスと下手なキスの違い5つ

1)唇が柔らかい⇔唇に力が入っている

接吻 唇にはたくさんの神経が通っているため、唇に触れた物の感触を細かく感じ取ることができます。そのため、「相手の唇の感触」というのはキスをする上でかなり重要になってきます。 好きな人とキスをする時、緊張して体に力が入っていませんか?体だけならいいのですが、唇にもぎゅっと力を入れてしまうと、キスをした時に「あれ?なんだかかたい…」「あまり気持ちよくないな」と思われてしまいます。

唇の力を抜く練習方法

「キスをしている時の自分の唇の柔らかさなんてわからない!」という人は、自分の人差し指と中指で「疑似唇」を作ってキスしてみてください。唇に力を入れた時と抜いた時、どちらが「またキスしたい!」と思われる唇なのかわかりますね。また、実際にキスをする時、自分がどのように唇を動かしているか、指で試してみるとわかりやすいですよ。

2)ぷるぷるな唇⇔カサカサな唇

プルプルの唇 皮が剥けてカサカサしている唇より、艶のある、ふっくらとした唇のほうが魅力的ですよね?見た目もそうですが、きちんと保湿されている柔らかな唇のほうがキスをしていて気持ちがいいはずです。 一度荒れてしまうと治るのに時間がかかるため、そうなる前に、きちんとケアをして彼とのキスに備えましょう!また、グロスで艶を出しても乾燥は隠せません。悪化する原因にもなるので、荒れてる人はしばらく口紅やグロスは使用しないようにしましょう。

おすすめは簡単唇パック

この唇パックをした後は、本当にぷるぷるでしっとりとした唇になります。また、ながら作業で出来るので時間がない人にもおすすめですよ。 まず、サランラップとリップクリームを用意します。唇パックに必要なのはこの二つだけです。唇の縦方向にリップクリームを塗ったら、唇を充分覆えるくらいの大きさにサランラップを切り、唇に密着させます。あとは10分ほど待つだけです。 この唇パックの目的は「保湿」なので、適度な湿度が必要です。湯船に浸かる際や、お風呂上がりに行ってください。私はお風呂上がりに、唇のついでに化粧水と乳液をつけた顔にもサランラップを乗せてパックをしています。唇も肌も保湿が出来て一石二鳥ですので、ぜひお試しください。

2)パターンがある⇔淡泊

口でクッキーを渡すカップル キスが上手な人は、キスにパターンがあります。キスをする相手との関係性やその場の雰囲気を考え、さらに自分の想像力でキスのパターンを作れるかどうかが大事なポイントです。 付き合いたての彼氏とのファーストキス、深い関係の彼と前戯を含めた熱いキス、はたまた、二人でじゃれ合いながらするキス。シーンによって、どんなキスをするかは変わりますよね。キス下手さんは、どのシーンでもワンパターンになりがちです。 「前戯の時はディープ」「普段キスする時はライトキス」など、毎回キスのパターンが決まっているため、彼もどんな展開になるのか予想ができてしまいます。その結果、関係がマンネリ化してしまうのです。 それでは、「パターンってなに!?どうやって作るの?」「メジャーなキス以外知らない…」という方のために、私がおすすめしたいキスの種類を紹介します。名前だけは聞いたことがある!という方も多いのではないでしょうか。

①バードキス(ついばむようなキス)

バードキスは、相手の唇の動きに合わせてついばむように軽くキスをします。私がこのキスをおすすめしたい一番の理由は、テクニックが不要な上に、カジュアルなキスから濃厚なキスまで様々なキスシーンに向いているからです。 ムード作りのキスならば、始めは唇、少し位置をずらして頬、耳、首筋、いろんなところに愛撫としてバードキスが使えます。また、あなたから軽くバードキスをしつつ、濃厚なキスへと誘導させることも可能です。 少しかまってほしい時、いってらっしゃいやおやすみのキスも、軽く済ませられるバードキスが最適でしょう。リップ音を出す練習にもなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

②鼻と鼻でキス(スメルキス)

鼻先でキスをするカップル 名前の通り、唇ではなくお互いの鼻先を触れさせ合うキスのことです。このスメルキスは、愛情表現の一種として使われることが多いのですが、私は焦らす時にこのスメルキスを使います。 相手がキスを求めてきた時に、まず鼻先を触れさせ、唇が触れるか触れないかの距離を保ちながら顔の角度を変えたり、相手の鼻先を擦ります。キスができそうでできない絶妙な距離感に、彼も「早くキスがしたい!」と思わずにはいられないでしょう。ただ、やりすぎると飽きられてしまうので、基本的には愛情表現として使うようにしましょう。

4)積極的⇔受け身

キスしそうなカップル 普段、キスするキッカケを作るのはあなたですか?それとも彼ですか?キス下手さんは、キスに対していつも受け身です。ここでいう受け身はキスのきっかけを作ることだけでなく、キスの最中に彼の体を触ったり、手を繋ぐ、などのアクションを何も起こさないことを言います。 反対に、キスが上手な人は積極的です。ただ攻めるのではなく、雰囲気を見て自分から舌を絡めてみる、彼の首に手をまわして抱きつく、など、彼に「もっとキスがしたいんだな」と思われるような行動を取ります。また、そういった積極的な女性に興奮する男性も少なくないでしょう。

音を出す⇔無言

深くキスをするカップル キス下手さんは、「呼吸の仕方がわからない」「キスで声を出すなんて恥ずかしい」と思っているため、終始無言でキスをしてしまいます。ですが、キスをする時に目を閉じない男性が多いのを知っていますか? 男性は視覚で興奮を覚えるため、キスをしている時の女性の表情を見たがる傾向にあります。また、男性は聴覚でもキスを楽しみます。女性の吐息や、キスの音。彼を楽しませるためにも、吐息を漏らしつつ、少し声を出してみてください。喘ぎ声を出すのは不自然なので、出し過ぎには注意してくださいね。 次に、キスをする時の音の出し方をお教えします。私がキスをした男性の中には、「どうやって音なんて出せるの?」と言ってる方もいましたので、口の形や歯並びによって音を出せない方がいるかもしれません。

①唇で音を出す

キスをする時の音の出し方は二つあります。一つは唇だけで音を出す方法です。前提として、唇の力が抜けていないと音は出ません。唇を離す時に「少し吸いながら」、ゆっくりと離します。この時、口の中の上あごと下あごの間に舌を挟んで吸うようにすると、離した時に音が出しやすいです。

②舌と唇で音を出す

これは①の応用編です。少しねっとりとした音が出ますので、フレンチキス(ディープキス)の手前で使うとムードが出ます。①では舌を上あごと下あごで挟むようにしていましたが、今回は舌を歯より少し前に突き出して、相手の唇に触れさせながら唇を離します。この時、空気を吸うのではなく含ませるようにしてください。 少し難しいとは思いますが、実践あるのみです!「やっぱり俺の彼女はキスが上手だな…」「彼女とのキスが好き。手放したくない!」と彼に思ってもらうためも、自分の指で練習したり、彼とのキスの時にこっそり挑戦してみてくださいね。

キスがうまくなるためには?

動画を見る

パソコンを見る女性 キスのテクニックを上達させるには経験するのが一番なのですが、文章で見ただけでは具体的に想像しづらいですよね。まずはどのようにキスをするのか、見ることから始めてみましょう。 おすすめなのは、昔の恋愛ドラマです。最近の恋愛ドラマは、キスをしても触れる程度のキスだったり、シンプルなキスシーンが多いように感じます。動画サイトで検索すると、キスシーンだけを集めたキスシーン集など、見やすく編集されたものが投稿されていますので検索してみてください。

経験を積む

キスするカップル キスが未経験の時は、唇がどれだけ柔らかいのか、どのようにしたら音が出るのか、そもそもどうやってキスをするのか、わからないことだらけでしたよね。ですが、キスを経験した今は、一通りのキスの仕方がわかるはずです。 ということは、今以上にキスが上手になるためには、経験を積むことが大事になってくるのです。何度も何度も繰り返しキスをしていくうちに、「今の動きをするとちゃんと音が出た」「こうしたらもっと気持ちよくなるのかな…」と、少しずつコツが掴めてきたり、想像力が豊かになっていくはずです。料理や運動と一緒で、キスも繰り返すうちに自然と上手になっていきますよ。

大事なのは好きな気持ち

幸せそうに笑い合うカップル 大切なのは、大好きな彼とのキスに気持ちがこもっているかどうかです。彼を好きな気持ちと、「大好きな彼に惚れ直されたい」「もっと気持ちよくなってほしい」という向上心があれば大丈夫です。すぐにキス下手さんから脱出できるでしょう。 また、上達することに意識を向け過ぎないよう、たまには純粋に彼とのキスを楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。

記事が気に入ったらシェアしてね!