Big shutterstock 530611048

目次

既読無視は相手の性格が出る

自宅で怠けている男性

メッセージがあったことを忘れた

既読無視、あるいは既読スルーは、メッセージを送った側の気にしすぎが良くあります。その典型的な例が、受け取った方が失念しているパターンです。通知が来たのでとりあえず読んでは見たものの、結局忘れてそのままになってしまいます。 相手が思い出さない限り送り手の不安が続くので、好きな人と言えども怒りたくなってしまう理由でしょう。

既読=了解のサインだと思っている

OKサインを出す女性 無視なんて言われていますが、読んだことが相手に伝わるのが本来の機能です。具体的な質問でもない限り、既読こそが返事のつもりでいる人もいます。特に男性に多く見られる対応で、「読んでいるんだからスルーしてないんだよ」と本人は思っているわけです。 こちらにとって会話が完結していなくても、相手にとっては終わった話なので、返信を続ける理由がありません。

スマホ操作が億劫

スマホは誰しもが毎日のように使っているツールですが、あなたの好きな人もそうだとは限りません。こちらも男性に多いのですが、指の大きさとスマホの画面の相性が悪く、操作がしづらいと考えています。もともと面倒くさがりの性格であれば、スマホゲームなど好きなことは積極的でも、ラインのメッセージは気が向いた時だけという可能性も。

返事を考えていて時間が経ってしまう

反対に几帳面な人は、しっかりした返事をしなくてはいけないと思っています。自分が気に入らない文章は即修正。結果としていつまでも送信できない状態になってしまうのです。友達や仕事関係のメールでも丁寧、凝っている人にありがちなので、機会があるなら確かめてみましょう。

すぐに返すと恋愛アピールみたいで嫌

相手も好意を抱いている場合、すぐに返信して軽い人と思われることを恐れます。送信の準備は万端ですが、手堅さや真面目さを演出したいのです。向こうにとっての連絡相手、つまりこちらが既読無視に対してどんな反応をするのか、試そうとする駆け引きパターンもあります。

どうしようもない理由だってある

仕事で忙しくている男性

仕事が大変!

既読無視の典型的な理由が仕事の多忙さですね。スマホを点けて文章を確認するだけなら1分もかからずできるでしょうが、返信となるとそうは行きません。特に上で挙げた几帳面タイプならなおさらです。返信に費やす時間があるなら仕事に回したい程なので、既読無視の状況に陥ってしまいます。

スマホに何かあった

メッセージを読んだ直後にスマホが故障し、修理や買い替えで時間がかかってしまうこともあります。毎回起こるようなことではありませんが、多忙と同じくどうしようもないパターンです。しかも相手にとっては不幸なのですから、理由を聞いたときは励ましてあげましょう。 反対に、何度も壊れたと言ってきたら、別の理由の言い訳と見たほうが良いです。

未読には未読なりの理由がある

パソコンばかりをいじっている男性

通知に気づいていない

未読無視の理由も多忙さや面倒くささなど、既読と共通するものがあります。未読だけで起こりうるとすれば、まずメッセージが新たに届いたことを知らない可能性です。スマホやラインの設定で、そもそも通知を設定しない人もいるかもしれません。

既読無視すら面倒な相手

既読無視を経て未読無視となっている人は、好意がマイナスになっていると思ってください。後述の既読無視対策ができていないので、相手からすると読むことすら苦痛なのです。このまま行くとブロックや、ほかの手段ですら応じてもらえない可能性が出てきますので、早めに対処しましょう。 とっくにブロックされているパターンも覚悟しておきましょう。ラインの場合、ブロック相手には「ブロックされました」のような通知が届きません。ゆえに送信を続けていても、未読無視はずっと続きます。

既読スルーには待ちの一手

相手からの連絡を待ってる女性

再度の送信は期間をあけて

相手の既読無視は、どうしようもない理由がある以上、最低でも1日は様子を見てください。極端な話、相手からの連絡が来るまでは何もしないのがベストです。我慢できない人は、とりあえず1週間を限度としましょう。好きな人なら男女問わず連絡はしたいもの。週1の連絡でも既読無視が続く場合、脈なしの可能性が高いです。 そんな時は一旦連絡を止め、自分の魅力を高めておくのが吉。美容でも性格でも能力でも良いので、久しぶりに連絡を取った際に、以前とは違う印象を持たせましょう。

ライン以外のツールが好きなのかも

電話番号やメールアドレスを知っているなら、それらで連絡を取ってみるのも有効です。ただこちらも頻繁に行うのではなく、ラインを送信しない代わりに送ってみる程度にしましょう。ラインは便利ですが、扱いにくい人だって0ではありません。相手のことを想うなら、利用しやすいツールに変更してあげてください。

問題は頻度ではなく中身にある可能性も

相手の謝罪を受け入れない女性

返信を促さない文面にする

こちらから再度連絡する場合、話題も軽いものを選びます。思いつかなければスタンプ1個でも構いません。催促する内容はもちろん、心配したり、返信がないことを怒る内容はNGです。

相手が楽しい内容かを考える

これからラインを始める場合、再びやり取りが続くようになった場合、改めて自分の文章を確認しましょう。自己紹介であっても、度が過ぎればうざいメッセージになります。好きな人に積極的になるのは良いですが、ラインで長々と想いを語るのはもってのほかです。 最初は相手の好物を聞いて、関連したお得情報をネタにするのがおすすめ。ジャンルは食べ物に限らず、興味のあるものにしましょう。

質問は具体的に

無視させない方法なら、文章に必ず「?」付きのものを添えるのも良いです。送信を面倒に感じている人でも、疑問文なら回答しなければと思ってくれます。できれば「はい」で回答できるものではなく、答えが具体的なものを選びましゅ。「はい」で答えられる質問は既読無視に代えられてしまうので、気をつけてください。

未読スルーでも既読の場合と同じ

友人のスマホを眺めている女性

まずは様子見から

人によっては既読無視ではなく、いきなり未読無視になるパターンもあります。しかし理由は同じ。忙しいならスマホチェックをする時間がないのは納得できますし、面倒くさいならスマホを起動することも億劫かもと推測できますよね。未読でも対処は同じで、まずは相手からの連絡を待ちましょう。

ブロックは修復時間も長い

未読の場合は万が一ブロックの可能性もあるので、その確認も大事です。直接尋ねると気まずい場合は、共通の友人にお願いしましょう。もしブロックになっていて、それでも諦めきれないなら、より長い冷却期間を置くべきです。相手はあなたと連絡することすら嫌という気分なのですから、同じアプローチをするだけでは意味がありません。 ただ、あなたのラインでの表現が嫌かもしれないので、改めて連絡を取り合う際は、別の手段で開始することも考えましょう。自分が仮に、電話では恥ずかしいと思っていても、相手にとってみればそんな奥ゆかしさが魅力かもしれません。

積極的なのは良いけど限度をわきまえて!

相手のスマホを眺めているカップル ラインはいつでもどこでもできる印象がありますが、使い方は人それぞれです。自分のペースが相手と同じとは限りません。よって頻度、中身共に相手のやりやすさを第一に考えてください。好きな人との距離をラインで縮めたいと思うのなら、相手にとって心地よいタイミングと文面を常に考え続けるのがコツですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。