辛い..疲れた..好きな人をスパッと忘れて失恋から立ち直る方法12個

2017/04/24
辛い失恋を経験したことがある人は多くいることでしょう。「どうしてこんな思いをしなければいけないの」と思うくらい、胸が痛むときもありますよね。

失恋をするとたいていの人は、大切な人を失った悲しみから絶望感や失望感を生み、苦しむのですね。ひどいときにはどん底までいって、なかなか立ち直れないということも起こります。

そうならないために、できることはないのでしょうか。今回は、辛い失恋をスパッと忘れられる方法をご紹介していきます。

失恋から立ち直る方法~行動編~

誰かに話を聞いてもらう

この辛い気持ち、どうにかしたい!そう感じたときに一番手っ取り早い方法は「話を聞いてもらう」ことです。

辛い感情というのは吐き出されることなく溜めておくと、どんどん溜まっていき、あなたを苦しめます。ネガティブな感情は本来、外に吐き出されなければいけないものなのです。

ですから、誰か信頼できる人に思い切り気持ちを聞いてもらいましょう。信頼できる人ならば誰でもいいですが、できるなら何も言わず受け入れてくれる人がおすすめです。

何を言っても「うんうん。そうだったんだ」と言ってくれる人がベストです。なぜなら、あなたは下手なアドバイスを求めているわけではないからです。

あなたが求めているのは、ただただ話を聞いてくれ、受け入れてくれる人なのです。ただ聞いてくれる人を相手に選ぶと心がスッキリしますよ。

思いきり泣く

この際、思い切り泣くのもおすすめです。泣くことで、副交感神経が優位な状態になり、泣いた後にスッキリできるのです。昔から「泣いてはいけない。笑ってろ」とよく言われました。しかし、それは大間違い。

泣きたいときは、泣いた方が良いのです。そうしたほうが、すぐに悲しい気持ちをリセットして前を向くことができるからです。

無理をして笑おうとせず、涙とともに流してしまってくださいね

大好きなお店に行く

行くだけでワクワクするような大好きなお店はありますか?例えば、雑貨が好きならばかわいい雑貨屋さんに行くのもいいでしょう。大好きなピンクの雑貨が悩んでいるのを見れば、悲しい気分も吹っ飛びます。読書が好きな人なら、大きめの本屋さんに行って、思い切り読書をするのもおすすめですね。

行っただけでウキウキワクワクしてくる場所がおすすめです。

鼻歌を歌う

鼻歌を歌うのも意外におすすめですよ。「そんな気分になれないよ」と思うのも分かりますが、試しにやってみてください。そのときに思い出してほしい大切なコツがあります。それは「できるだけへたくそに歌うこと」です。へたくそに歌うと「自分、へったくそだなーあはは」と笑えてくるからです。そうやって笑っているうちに、どんどん元気になってきますよ。

また、選曲ですが、選曲もできれば今流行の曲よりも小さいころ聞いた童話の曲などを歌ってみてください。例えば「森のくまさん」や「犬のおまわりさん」などです。ディズニーの「ミッキーマウスマーチ」なども歌っていて楽しい気分になりますよ。

趣味に没頭する

趣味に没頭することも、スパッと忘れる方法の一つです。例えば手芸が好きなら、手芸を寝ずにやってみるというのもいいですし、歌うことが好きならカラオケに行って歌を丁寧に歌ってみるのもいいでしょう。

趣味にただ没頭するだけでなく、「丁寧に」やってみたりすることを心がけてやっていると、頭の中から失恋のことが離れていきやすいです。

一つ一つのことを丁寧にやることを心がけてみてくださいね。

思いきりなにもしない

失恋して絶望感を感じ、もうなにもしたくないと感じたなら、なにもしないでください。「そんなことできるわけないじゃない。仕事にも行かないといけないし」という声が聞こえそうですね。

しかし、こう考えてみてください。あなたの心を守るために、仕事を数日休むことはそんなに悪いことでしょうか?確かに、周りの迷惑になると考えるならばそれはよくないことかもしれません。

しかし、一番大切なのは「あなたの心」を守ること、なのですよ。むしろ、それ以上に大切なことなどないと言っても過言ではありません。

仕事など、数日休んだくらいではどうにもなりません。数日休んで、元気になった方があとあとを考えても、いいはずですよ。

失恋から立ち直る方法~思考編~

自分をねぎらう

自分自身をねぎらうのも効果があります。「よく頑張ったね」や「偉かったね」などと言ってみるのです。そうすると不思議と気持ちが楽になっていけますよ。

自分を褒める

頑張った自分を褒める、これも大切です。そう言うと「頑張ってないよー」と言いたくなるかもしれません。

しかし、あなたは頑張っていたのです。頑張っていたからこそ、失恋が辛いのです。彼との関係を続けるために頑張っていたから、そんなにも心が痛むのですよね。ですから、頑張っていた自分を褒めてあげてください。「よく頑張ったね。えらいね。辛かったでしょ。ほんとにがんばったー!」と、誰よりも自分が自分を褒めてあげるのです。

そうすることで、失恋の辛い気持ちも成仏していきますよ。

自分を責めない

失恋したときは「私がいけなかったんだ」と思いがちです。「私がもっとこうしていれば・・・」という思いでいっぱいのはずです。しかし、そうやって自分を責めているとどんどん苦しくなっていきます。心はもうひん死状態です。それ以上、自分を責めないであげてくださいね。自分に優しくしてあげましょう。

「もう、いいんだよ」と声をかけてあげてください。

自分を甘やかす

失恋で辛いなら、自分を甘やかしましょう。「え、いいの?」という声が聞こえてきそうです。それは私たちが「甘えはよくない」とずっと言われ続けていたからなのです。

しかし「今辛いから・・・お菓子多めに食べちゃおう」や「欲しい洋服買っちゃおう」などと甘やかしてみてください。失恋したときくらい、いいとは思いませんか?

もちろん、やりすぎは注意ですが、少しくらいなら大丈夫なのです。失恋して辛い自分をいたわってあげてくださいね。

諦める

諦める、というのも一つの方法です。諦めるというのは「ギブアップ!もう無理」と力を抜くことです。失恋直後は「どうして別れてしまったのだろう」「私があのときこうしていれば」などという後悔の気持ちが渦を巻いていますよね。

そのときに「あ~もう無理!しーらない!」とすべてを諦めて、手放してみるのです。そうすると、スーッと楽になっていきますよ。これは「どうして」という後悔の気持ちに執着している状態から、解放されるテクニックです。ぜひ、試してみてくださいね。

人のせいにしてみる

たまには人のせいにしてみてもいいのです。「別れたのはあいつのせいだ!」と思いっきり元彼のせいにしてみてください。そうすると、ふっと心が楽になるのではないでしょうか。それは自分で無意識に「自分が悪かったから別れてしまった」と思い込んでいるからなのですね。

ですから、「あいつのせいだ!」と人のせいにすることによって、自責の念から解放されて楽になれるのです。

とことん元彼のせいにしてみてはどうでしょうか。

どうしても忘れられないときは

それでもどうしても忘れられないときには、無理に忘れようとしないこと、これが大切です。無理して忘れようとしても無理なものは無理なのですよね。そんなときは自分を受け入れてあげてください。「OK。まだ、忘れられないよね。それでいいんだよ」と言ってあげてくださいね。

きっと、心は安心して少しずつ癒されていくことでしょう。早く忘れないと!と焦ることは禁物なのですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。辛い失恋をしたときにスパッと忘れられる方法をご紹介してきました。

失恋というのは本当につらいものです。心が張り裂けそうになりますよね。できればそんな気持ちにはなりたくないけれど、避けて通れないのも失恋です。そんな辛い失恋にぶち当たったときは、これらの方法をご参考にしてみてください。きっとあなたの役に立つことでしょう。

Pick Up

スタイリスト・樋口かほりさんが教える! 「絶対買い!」なコスパアイテム6選

...

普通のボブにはもう飽きた! 今旬なのは ふんわりかわいいワンカールボブ♡

くるっと巻いた毛先で女性らしさと大人かわいさが出るワンカールボブ。軽やかな雰囲気は、暑くなってくるこれからの季節にもぴったりですよね。いつものヘアスタイルにひと手間プラスしてできる、ふんわり大人かわい...

黒髪でも軽やか&おしゃれにきまるコーデの小技 初デートのおすすめモテコーデ♡

就活や学校、お仕事の関係で、明るいヘアカラーができないという人もいると思います。 黒髪ってすてきだけど、どうしても真面目に見えたり、重たく見えがちで、納得のいくコーデができずに悩んでいる……という方も...

甘すぎない上品モテコーデにはストライプ柄が大活躍♡

この春大活躍のトレンドトップスは、甘めシルエットのアイテムが多く、華やかでウキウキしちゃいますよね♡ でもうっかりすると“こってり系甘め女子”になってしまう可能性も……! ...

彼ウケ抜群♡ 仕事帰りのキレイ目デート服スタイル

人気ブランドでつくる“彼ウケ”コーデ。今回はRoomy's(ルーミィーズ)池袋PARCO店のショップスタッフ金光まさえ(かねみつまさえ)さんの提案。今日は仕事帰りに彼とデート♡ そんな日のベストなスタイルは?...

こなれ感たっぷりの着こなし♡イエローをスカートに投入しよう

今季の注目カラーといえば、ピンク&イエロー♡ なかでもイエローは、爽やかで春らしいカラーですよね。今回は、オシャレさん達が魅せる素敵なイエロースカートの着こなしをご紹介します。...