Middle shutterstock 143674978

目次

好きなのに何故冷たい態度なの?

疑問を彼氏にぶつける女性

好きすぎて上手く話せないから

特に日本人男性はシャイな人が多く、好きな人を目の前にすると普段通りに話すことができないという人もいます。 恋愛経験が少ない男性は、たとえ好きではなくても女性と何を話して良いのかわからなく、ついつい冷たい態度になってしまうのです。

好きだとバレるのが嫌だから

シャイな割には女性よりも優位な立場にいたいというのが男性の潜在的心理です。自分が好きだということがバレてしまったら、自分の立場が下になってしまうと思うのでしょう。 しかし「お前なんて好きじゃない」と面と向かって言う勇気もなく、そのジレンマから好き避け行動に導かれるわけです。と言うか、好き避けするしか方法がないとも言えますね。

嫌われるのが怖いから

自分に自信がない男性は、好きな女性と仲良くしたいと思っていても「嫌われたらどうしよう…」という不安が頭から離れません。 フランクに話し掛けたところで冷たくあしらわれるのが怖くて、なかなか素直に好意を表せないのでしょう。

嫉妬しているから

彼女に嫉妬している男性 急に冷たい態度になった場合は、あなたが他の男性と仲良く話している姿を見て嫉妬している場合もあります。 全く見に覚えのないことで嫉妬されても困りますが…男性からすればそんなヤキモキした気分をどこにぶつければ良いのかわからず、好き避け行動にでるというわけです。 世の中には付き合ってもいないのに妄想だけでストーカーになってしまう男性もいるので、嫉妬をして好き避け行動に出るくらいは「可愛いヤキモチ」と捉えてあげましょう。

駆け引き上手はモテると思っているから

こちらは少数派ですが、自分を恋愛上級者だと思っている男性の好き避け心理です。 「女性は男性のギャップに弱い」「ツンデレ男子はモテる」といった恋愛マニュアルの見過ぎなのか、駆け引きをすれば女性を落とせると信じているタイプですね。

好き避けか?本当に嫌いなのか?の違い

シャイな男性

よく目が合う

冷たい態度であるにもかかわらず、ちょくちょく目が合うなら、好き避け行動の可能性が高いです。 女性だって好きでもない男性のことが気になってついつい見てしまうなんてこと無いですよね。 ちなみに人は自分のことを守ろうとする時には下に視線を落とすという本能があるので、目が合うとうつむいてしまう時は、好きだということを悟られたくない時と言えます。

メールやLINEには必ず返信

会って話す時は冷たいのに、メールやLINEはすぐに返信が来たり、やり取りが何回も続くといった場合は好き避けしている証拠です。 シャイな男性は面と向かって話すのが苦手ですが、顔が見えないメールやLINEなら自分の気持ちに素直になれます。 さらに普段は「好き」という気持ちが上手く表現できない反動で、より積極的にアピールをする男性もいます。 嫌いな場合は既読無視や「了解しました」など事務的な返信で済ませるはずです。

気が付くと近くにいる

女性に近寄る男性 特に話し掛けてくるわけでもなく、たとえこちらから話し掛けたとしても素っ気ない答えしか返ってこないけれど、何故かいつも距離が近いというのは、男性特有の好き避け心理です。 女性は好きな人のことを遠くから見つめていたい心理が強いですが、逆に男性はできる限り近くで見つめたいのです。 好意があることを気付かれるのは恥ずかしいけれど…でも少しは気付いてほしいという、男性の面倒臭い心理を理解してあげましょう。 本当に嫌いな場合は自分から近づくことはなく、もしこちらから話し掛けても「ごめん。今忙しいんだ」とあからさまに避けるでしょう。

2人きりになると態度が変わる

こちらも男性によく見られる好き避け行動です。2人でいる時と、第三者が一緒にいる時では彼氏の態度が違うというのは恋愛あるあるですが、それと同じですね。 つまり男女関係において自分が優位に立ちたいので、自分が好意を持っていることを周りに悟られたくないのでしょう。 この場合は他に人がいる時は冷たく、2人になると意外に優しくなるというわかりやすい好き避けです。 嫌いな場合は、まず2人きりになるシチュエーションを避けるので、態度の違いも感じることはありません。

やたらと謝る

好き避けする男性にとって、好きな女性は憧れの存在です。憧れの女性に対しては「好かれたい」というより「嫌われたくない」という感情の方が強いので、ついつい些細なことでも謝ってしまいます。 視線も合わせてくれないし態度も冷たいのに、何故か「ごめんね」「すみません」と謝ってくれるようなら、あなたに嫌われたくないという心理です。 嫌いな女性に対しては、謝ることが必要なシチュエーションになりませんし、もし謝らなければいけないようなことがあったとしてもお詫びの言葉1つもないというパターンも考えられます。

好き避けされやすい女性とは?

モテる女性

男性にモテる女性に対して「アプローチをしたところでどうせ振られるにきまってる…」と勝手に思い込んでいます。 しかし他の男性とは違うアプローチの仕方をすればもしかしたら振り向いてもらえるかも!という心理から、あえて好き避けすることで存在感をアピールする場合もあります。

自分に好意があるのかどうかわからない女性

男性に限らず女性にもシャイな人は沢山います。恋愛経験が少なく男性慣れしていない女性は、男性から話しかけられても特に嬉しそうなリアクションをするわけではないので、自分に興味があるかどうか判断できないのでしょう。 脈ありかどうかわからない女性に対して男性はガンガン攻めることもできず、ついつい好き避けしてしまいます。

誰にでも優しい女性

いわゆる「八方美人」タイプの女性と接していると男性は勘違いしてしまうモノです。 しかしその女性に特別な感情を抱いている男性の場合は「どうせ皆にそうやって優しくしてるくせに!」と拗ねてしまい、冷たい態度になるのでしょう。

好き避け対処法

ベットの上で男性にキスされる女性

好意があると意思表示する

冷たいからといって何もしなければ2人の距離はそのままです。しかしあなたの方から「好きです」アピールをすることで、距離がグンと縮まります。 好き避けをするのはシャイな男性が多いので、相手が自分のことを好きだという確信が持てた時点で好き避けをする必要がなくなり、素直に好意を示してくれるようになるでしょう。

こっちも冷たくしてみる

「目には目を、歯には歯を」作戦です。好きな人が冷たいなら、こちらも少しだけ冷たくして彼がどう出るかを待つのです。 脈ありであれば焦って冷たい態度を改める可能性が高いので、その時は気持ち良く受け入れてあげてください。 ただしあまり冷たくし過ぎて男性が立ち直れなくなってしまうと困るので、あくまでも少しだけに留めておきましょう。

メールやLINEを活用する

面と向かって話せないシャイな好き避け男性には、メールやLINEでコミュニケーションを取るのが効果的です。 特に用事がなくても積極的にメッセージを送って他愛もない会話のキャッチボールを続ければ、お互いのことをよく知ることができるので、そのうち面と向かっての会話も自然にできるようになります。

悲しい表情で見つめる

好きな人に冷たくされるのは悲しいですよね。それを素直に表現すると、彼は嫌われたくない一心で態度を改めます。 冗談っぽく受け流していたらいつまでたっても好き避けが続くので、明らかに悲しくて落ち込んでいる姿を見せて「これ以上冷たくすると嫌いになるかも…」という無言の警告をしましょう。

男性の好き避け心理を理解する

女性の場合は恋愛テクニックの1つとして好き避けを取り入れる余裕がありますが、男性の場合それができるのはごく一部に限られます。 好き避けをする男性のほとんどは自分に自信がなく、女性に引かれてしまえばそこで関係が終わってしまう可能性もあるので、広い心で好き避けを受け止めてあげましょう。

まとめ

好きな人に冷たくされたら、まずはそれが好き避けかどうか確認してみてください。 好き避け行動であることがわかったら、女性ならではの対処法を試して「好き避け」の「避け」を取り除いてしまいましょう!  

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。