Middle shutterstock 536718820

目次

倦怠期はいつやってくる?

拗ねている彼女

付き合って3ヶ月くらい

倦怠期というものは付き合ってから三ヶ月になる頃にやってくるのが一般的です。 普通初めて恋に落ちた時はその人の良いとこばかりが目に入り、短所は見ないようにする性向が強いので、ほかほかの3ヵ月はただ顔をあわせるだけでも気分が良くなる時期です。ですが3ヵ月が経つと少しずつ恋人の短所が見え始め、お互いに対する緊張感もなくなり、各自が自分の悪い癖や本音をはばかることなく見せるようになる段階でもあります。 このような段階に入るようになると、本当にこの人は私のことが好きなのかどうか疑うようになって、全体的に不安定な関係になってしまい、二人の仲がギクシャクなりやすい時期でもあります。でもこのような段階を乗り越えると、今後も長く付き合うことになる確率が高まるということ!まだ付き合ったばかりの時はお互いに対する幻想が壊れる瞬間が訪れますが、その分その姿を理解して受け入れるようになったら初めて以上に お互いに強い恋心を感じるようになるはずです。

付き合って1年くらい

つきあって1年くらい経った時期には、すでにお互いの好みや性向についてよく知っている状態なので、お互いがかなり似てしまっている状態ともいえます。他の人から見ると非常にいい関係のように見えるかもしれませんね。 お互いがお互いに対してよく知っているなら、それだけ気楽で安定感を感じることができるのですが、それとともに相手に異性としてのときめきを感じられなくなる場合もあります。恋人関係が常に新鮮な必要はありませんが、それだけ刺激が必要な関係でもあります。恋人との関係を改善するためには新たな刺激を探してみなければならない時期ということ!

付き合って2~3年くらい

付き合ってから2~3年ぐらいになったカップルはお互いに慣れているのが当たり前で、新鮮味もなくなっている状態であり、すでに結婚を目的に同棲をしている可能性もあります。普通同棲の段階に入ると熱い恋人関係を想像する方が多いですが、現実はそうでもないそうです。 同棲生活をすることになれば一緒に過ごす時間が増えるほど、お互いに対する刺激が明らかに減少し、十分に安定している関係だと安心するようになり、相手を面倒がる瞬間が多くなる時期でもあります。なので、こんな時だからこそお互いとの時間を大切にする必要があるのでしょう。

倦怠期によくある症状とは?

落ち込んでいる女性

彼氏とのデートより自分の時間が大事になる

付き合ったばかりの熱いカップルは、どんなことでも後回しにして、恋人とのデートを優先するようになります。しかし、倦怠期を迎えることになると先のとは逆に彼氏との約束が面倒に感じられるようになって、友達もしくはほかの人との約束を優先視するようになってしまいます。 また、ひどい場合は彼氏からのデートの誘いがあるにもかかわらず、嘘をついてまでその誘いを拒絶することになるなど。このような時期には恋人より一人だけの時間を過ごしたくなるようになります。

彼氏といてもまったくドキドキしない

関係が終わりそうなカップル 愛し合う恋人の間にとってドキメキは必須条件ともいえるでしょう。でも倦怠期が来るようになれば、むしろ彼がそばにいても全然ドキドキしなかったり、あるいは何の期待もしないようになります。そう、まるで古い友達のように!以前は一緒にいることだけでも幸せだと思っていたのに、今はもう何も感じない自分を見ながら、この関係について悩むようになるはずです。

彼からのLINEを無視するようになる

付き合ったばかりの恋人は数秒数分単位でLINEのやり取りをし、お互いについて語り合ったり、甘い内容をやり取りしながら幸せな時間を過ごします。でも倦怠期が来るようになると、あんなに待っていた彼のLINEが面倒に感じられるようになり、次第に無視するようになるはずです。 LINEを無視するのは倦怠期の典型的な症状なんですが、だんだん連絡の頻度が減るようになると、今の関係が危険だという意味でもあります。

倦怠期を乗り越える方法とは?

自分の時間を大切にする

だれかの付き合うことになると、遅かれ早かれ結局倦怠期は訪れるようになります。だからこそ、このような倦怠期を乗り越えるためには、倦怠期を素直に受け入れて一人だけの時間を楽しんで見ることです。 基本的に女性は寂しければ寂しいほど精神的に窮地に追い込まれがちですが、こういうときは恋人に執着しないで自分自身について新たに考えながら、一人でできる新しいことに挑戦して見るのもいいです。

いつもと違うことをする

バイクに乗っているラブラブカップル 恋人とデートをしても、映画を見たり食事をするなど似たようなルートが繰り返されれば、誰でもすぐに飽きてしまうものです。そうすればするほど、こういうときは普段やってみなかった独特なデートプランを計画してみてください。かなり距離があって行くのが大変だった観光名所に訪問してみるのも良い方法の一つです。

思い出を振り返ってみる

恋愛期間が長ければ長くなるほど、だんだんドキドキした感覚を忘れてしまうかも知れません。もし長い恋愛期間にわたって倦怠期が来ることになったとするなら、思い出が残っている物や写真を見ながら昔のことを思い浮かべてみてください。「ここに二人で一緒に行ってたよね」あるいは「この時本当に楽しかったよ」と話し合いながら、初心に帰ることができるはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか? 倦怠期というものは人によって来る時期がまた違うので、いつ来る予定だとは言い切れませんが、はっきり言えるのはいつ倦怠期が来てもそれを乗り越えられるかではないのかを決めるのは結局自分自身ということです。この時期がくると大変苦しむ方も多いと思いますが、だからこそこちらの乗り越える方法を参考にして素敵な恋人関係を守り続けてください!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。