Middle shutterstock 304744727

目次

倦怠期中にやってはいけないこと!

感情的になって相手を攻撃する

倦怠期中はお互いの気持ちが分からなくなり、イライラしやすいこともありますよね。一人で考えていると余計に辛くなってきます。 そんなとき、相手に感情的になることは避けられるだけ避けましょう。毎回感情的になっていては相手も嫌気がさしてしまい、別れを呼ぶことになりかねません。 人は感情的になると、感情任せで言いたいことをいいます。感情の渦の中にいる間は、自分でも何を言っているか分からなかったり、相手を傷つけていると気づかないこともあるのです。 ですから、できるだけ冷静でいてください。それが、倦怠期を乗り越える大切なコツなのですよ。

一人で考え込む

一人で考え込んでいても、いい答えは浮かびません。それどころか、どんどんマイナス思考になっていってしまう場合もあります。そうなると、歯止めがきかなくなるのです。 「あの人はどう思っているのだろう」「このまま別れることになるのかな」「どうしよう」などと考えが止まらなくなるのですね。 このように一人で考えこんでいても、どんどん分からなくなっていって、気持ちも沈んでしまいます。 相手に「どうせ私のことなんて、もう好きじゃないんでしょ」などと言ってしまうことになるかもしれません。相手からすると「ちょっと待ってよ」と言いたくなるようなセリフですよね。 一人で考えることは相手に衝動的なセリフを投げかけたりする原因になる可能性があるので、注意をしてくださいね。

 一方的に別れを切り出す

「もうこんな状態はいや。別れてしまおう」などと勝手に一人で決め込まないようにしてください。相手にしてみれば「え?いきなりどうして?」と思わずにいられない内容ですよね。 その状態が嫌なのは分かります。相手が自分を好きかも、自分が相手を好きかもハッキリせず、もやもや状態。そんな状態に嫌気がさして、すべて終わらせようと思う気持ちも分かります。 しかし、そこで少し待ったをかけてみてほしいのです。もう一度冷静になって自分に問いかけてみてください。 一方的に別れを切り出す前に、相手と話し合うのがとても大切です。自分一人で決め込まないようにしましょうね。

 倦怠期をうまく乗り越えるには?

 お互い一人になる時間をつくる

倦怠期をうまく乗り越えるにはまず、お互いが一人になれる時間を作りましょう。二人でいてもうまくいかないなら、離れてみるのが一番なのです。 離れてみて初めて相手の存在の大きさに気づくこともあるでしょう。やはり、その人なしでは無理だと感じることもあるかもしれません。 距離が近すぎるから、相手が見えないのです。少し離れてみてみると、大切な何かを思い出すきっかけになりますよ。

趣味の時間を持つ

自分の趣味を楽しむ時間を持つようにしましょう。それまでは恋人とばかり過ごしてきたかもしれません。それを一旦中止して、自分の好きなことに集中をするのです。 久々にする大好きな手芸。それに没頭する時間。それは最高な時間ではないでしょうか。恋人とのもやもやする時間のかわりに、自分の好きなことをして心に新たなエネルギーを蓄えるのです。 そうして、心に新鮮なエネルギーが入ってくると、不思議と相手との関係もすーっとよくなっていくことがありますよ。

 お互いの良さを再確認する

一人の時間は、お互いの良さを再確認できる時間です。ゆっくり、相手のことを思いだしてみてください。 最近は相手の嫌なところばかりが目にうつったかもしれません。しかし、よく考えてみると相手にはいいところもたくさんあるのですね。それを思い出すのです。 一人の時間に、冷静に考えてみると「やっぱり好きだな」と気づくことができます。相手への思いを再確認する瞬間ですね。

 手紙を書きあう(思いを伝え合う)

手紙を書きあうのもおすすめの方法です。普段は手紙など書かないかもしれません。 しかし、倦怠期だからこそ、やってみるのです。相手に対してどんなことを思っているのか、どんなところが好きで、どんな不満があるのかを洗いざらい書き出します。 そうやって思いを込めた手紙を渡しあえば、お互いの気持ちが伝わります。そしてそこに新しい風が吹いて、二人の関係をより良いものにしていってくれますよ。

 新鮮さを取り戻すためには?

 今まで行ったことのない場所にいってみる

「出会ったころの新鮮さを取り戻したい!」と思うこともありますよね。そんなときには今まで行ったことのない場所にいってみることをおすすめします。 普段は買い物や映画ばかりというカップルはたまには大自然の中でピクニックをしてみるなどしてみてはどうでしょうか。自然の中で気分も癒され、優しい気持ちになれることでしょう。そうなればお互いに思いやりを持つこともできるはずです。

 今まで言ったことのないセリフを言ってみる

今までは恥ずかしくて言えなかったことを口に出して言ってみるのもいいでしょう。 「あなたなしでは生きられない」や「心から愛してる」など、今までは言えなかったセリフを言ってみるのです。そうすると相手はドキッとしてあなたのことをまた意識し始めるかもしれませんよ。

 自分と向き合うことでさらに良いカップルに!

 魅力的になる努力をする

相手とよりよい関係になりたいなら、魅力的になる努力をしてみてはどうでしょうか。例えば今まではTシャツにジーンズといったカジュアルな格好だったけれど、思い切って花柄のワンピースを着てみるというのもいいでしょう。 メイクを変えてみる、髪形を変えてみるというのもいいですね。きれいになれば相手もますますあなたのことを好きになるかもしれませんね。

 自分のメンタルを強める

自分のメンタルを強めることもとても大切ですよ。些細な喧嘩をしたときなどに感情的になったりせず、冷静に対処できるようになるなど、メリットがたくさんあります。メンタルを強めるには時間がかかることもありますし、なかなか簡単なことではありません。 しかし、一度身につけてしまえば、自分にとってメリットになることをもたらしてくれます。まずは、考え方を変えてみるというところから始めてはどうでしょうか。 例えば「~しなければいけない」とルールを作っていたけれど、「~してもいい」という考え方に変えてみると気持ちも緩んで楽になれますよ。それがメンタルを強める一歩になります。ぜひ、試してみてくださいね。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。倦怠期を上手に乗り越えるコツをご紹介してきました。絶対別れたくないと思うならば、行動に移してみましょう。どの方法から試してみてもかまいませんよ。 一人になって自分を見つめることもとても大切ですし、二人の思いを伝えあうことも重要なのです。 上手に乗り越えて倦怠期をふっとばしてくださいね。きっとよりよい関係が築けることでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。