今と元彼を比較しちゃう女性の心理

愛が足りないと感じてしまう

恋愛の始まりはいつだって熱いもの。ですが、時間が経つとどんどんマンネリになって行くのがまた恋愛でもあります。 女性はいつも一途に自分を愛してくれる彼氏を望んでいるのに、それに比べて男性は自分の態度が変わったということに気付いていない部分がまさに問題じゃないでしょうか? いつも愛を渇望する女性に比べて消極的な態度を見せる彼氏を見ると、いつのまにか元彼を思い浮かべるようになりますし、元彼がどのように自分を愛してくれていたのかについて考えるようになります。 でもこのような考えは単純な考えだけで終わるわけではなく、今彼と元彼を比較することになって憂鬱になる段階まで達します。

ないものねだりをしている

恋人ならどんな時も自分に優しい姿を見せて欲しいと思うのがまた女心。「元彼に比べて今彼はそれほど優しくない」とか、「元彼はあれもやってくれたのに今彼は全然やってくれない!」など。 今の彼氏が自分が望んでいる通りに動いてくれなかったり、聞いてくれないと結局満足することなどできず、元彼と今の彼氏を比較してしまうことになります。

今彼にイライラしている

健康な恋人関係だからこそケンカもするという話があるんですが、それでもやり過ぎるとさすがに二人の関係は悪化してしまいますよね。 今彼とのケンカ、もしくはいつも彼に対する不満が溜まっている時は、どこかに発散することもできず、ある瞬間元彼を思い浮かびながら元彼と今彼を比較してしまうようになります。

思わず比較してしまうポイントは?

ケンカしちゃった時

恋愛をし始めた頃は何をともにしても全て幸せなもの。しかし、交際期間が長ければ長くなるほどケンカすることになる回数も自然に増えてしまいます。 特に現在同棲中ならなおさらその回数は多くなるでしょう。しかも大したことでもないことで大きなケンカをしたら「元彼はこんなことも全部理解してくれたのに」あるいは「あの人は本当に器が小さい」と思うようになって元彼と今彼を比較することになるのです。 こういう小さな揉め事から発見できる彼の短所が比較のポイントになってしまいます。

デートで満足できなかった時

付き合う前は好きな人とのデートならなんでも楽しそうだと思うかも知れません。ですが、恋愛というものは結局現実でいくら恋人とのデートだとしてもプランやスポットが気に入らないと、その日のムードが台無しになるものです。 もしあなたの彼氏がデートの時、プランを作るのを面倒くさがってたり、何もかも適当な人だったら一緒にいること事態に疲れてしまうでしょう。 そうなると元彼とのデートを思い出してしまい、あの頃楽しかったことを考えながら今彼と比べてしまうことになります。こういう今彼のまめではない部分が比較のポイントになってしまうのでしょう。

体の相性を確認した時

最近のカップルの間では冗談でも体の相性が合わないと付き合えないという言葉が出てきます。それほど性格の相性と同様に体の相性も大事ということですが、実際性格の相性がいいのに体の相性が悪くて別れたというカップルさんもかなり多いです。 せっかく今の彼氏と共に夜を過ごしたのにまったく満足できなかったというなら、これは間違いなく元彼と比較してしまうポイントになるでしょう。 男性ほど女性もこの部分はかなり気にしている方が多いので、このような関係を長く持つにはやはり努力するしかないですね。

普段の行動や性格を知った時

付き合い始めたばかりの段階では、お互いが大好きで短所などは目に見えなくなります。しかし時間が経ち、お互いの本質を知るようになった時は自分が思った姿と違う彼を見てがっかりすることになります。 特に、前は見えなかった短所が一つずつ目に入るようになると、またまたその短所が浮き彫りされがちです。 なので今の彼氏のこのような姿に失望したときに元彼と比較するようになるんです。このような場合にはやはり、その短所まで理解しようと努力する姿を見せることが大事です。

学力や職業について知った時

恋愛を始めるとき、愛さえあればなんでも大丈夫だろうと思う時期があります。ですが、時間がたっていざ結婚を考えることになると、今の彼氏の職業や収入、さらには学力まで気になるものです。 ここでもし、彼の収入が自分が望んでいるものと違ったり、学力が自分より低いなど。自分の理想の条件と遙かに離れていると逆に引いてしまうことになります。しかももし元彼の方が収入がよかったりすると、この点が比較ポイントになるでしょう。 人をこういうもので判断するのは良くないと頭ではわかっていても、現実を考えるとそうはいかないのがまた女心です。

揺れ動く気持ちを抑える方法

元彼との別れの原因を思い出してみる

誰だって元彼と別れてかなり時間がたつようになると、自然的に元彼との思い出を美化させてしまう傾向があります。特に今の彼氏に不満がある時はなおさらそうです。 こういう時に元彼の話が出てくると、いくら酷い別れ方をしたとしても反射的に彼をかばうようになります。ですが、長く付き合えない理由があるから別れたという事実を忘れてはいけません! もし比べるような出来事が起きたとしても、思い出を比べるのではなく、事実を比較するようにしましょう。

こうして欲しいという部分を今彼にちゃんと伝える

付き合う過程の中でトラブルが起きる回数は予測できないほど多いです。しかし彼に申し訳ないと思って自分の本音を隠すのは、自分にもこれからの関係にもまったくよくない流れになってしまいます。 もし不満ができた時は我慢せずに、なんと言われようと自分の素直な気持ちをちゃんと伝えることが大事です。そうすることで心の奥の不満はなくなるし、彼との関係ももっと深く発展するようになります。

今彼と少しだけ距離を置くことにする

どうしても今の関係を守る自身がないなら、少しだけでもいいので距離を置いてみるのも良いです。 「それならもう別れた方がいいんじゃない?」と思う方もいらっしゃると思いますが、実際離れてみてやっぱり自分は彼が好きなんだなということに気付いたと言う方もかなり多いんです。 なので、今一緒にいることが辛いと思うようになったら少し距離を置いてみることにしましょう。あなたもまた、今の彼への新しい気持ちに気付くかも知れません。

まとめ

いかがだったでしょうか? やっぱり恋愛というものは気持ちよさと辛さが絶妙に混ざっていて時に複雑になったりしますよね? 今の彼と付き合っていく過程の中で揉めたり、このように元彼と比較してしまう出来事もたくさんできると思いますが、そういう時はこちらの記事を参考にして賢明に解決していくことをお祈ります!

記事が気に入ったらシェアしてね!