元カレへの気持ちが続く理由

元彼を思い続けている女性

何もかも本気で好きだったから(外見、内面、匂いなど)

元彼のすべてが好きだったということが理由の一つに挙げられます。外見、内面だけでなく、声や仕草、匂いまですべてが好きで仕方なかったということです。 嫌いなところなんて、なかったんじゃないかと思えるくらい、好きで好きでどうしようもなかったのではないでしょうか。そんな覚えはありませんか? 「まさにそうだった」という人もいるでしょう。「何も考えられなくなるくらい、すべてが好きだった」と思うかもしれませんね。それくらい、元彼のすべてが好きでたまらなかったのですね。

やり残したことがあったから

元彼と付き合っていたときにやり残したことがあるという理由も考えられます。 「もっと一緒にでかけたかった」や「○○に行きたかった」など一緒にしたかったけれど、できなかったことが思い出されます。そうすると、それが「後悔」として残るのです。 「後悔」の思いはとても強くあなたの心に残ります。その強さは想像以上のもので、なかなか心から離れてはくれません。ふと気づくと「あれをしておけばよかったな」と思い出してしまうのです。 しかし、後悔をいくら続けても何も解決にはなりませんね。苦しい思いがよみがえるだけでしょう。一通り、後悔の気持ちを味わったなら、次に進む準備をすることをおすすめします。 例えば「次に付き合う人とは必ずこれをしよう!」と決めるのもいいでしょう。次に付き合う人とは悔いのないように付き合える方法を紙に書きだしてみるのもおすすめですよ。

一方的に振られたから

一方的に振られた女性 元彼のことが大好きだったのに、元彼の方から一方的に振られた場合も忘れられない理由になりますね。 あなたにはまだ気持ちがたくさんあったのにもかかわらず、相手の方から切られてしまい、あなたの気持ちは行くところをなくしてしまったのです。とても苦しい思いをしたことでしょう。 振られたときに「どうして?」と聞くこともできなかった場合には余計に忘れられなくなるでしょう。いつまでも「どうして?」の気持ちが残るのです。納得できていない、ということですね。 納できていないのに、忘れることなどできるはずがありません。 もし、機会があるのなら元彼に別れの理由を聞いてみることをおすすめします。そうしないと、あなたの気持ちは成仏せず、いつまでも「どうして?」とさまようからです。 「いまさらな」と思わずに、勇気を出して聞いてみるとスッキリするかもしれませんよ。

元彼よりもいい人を見つけられないから

元彼よりも好きになれる人が見つからないという理由もあります。元彼があまりに良かったため、他の男性を見てもピンとこないのですね。これはよくありがちなことです。 やはり、なにもかもすべてが好きだった元彼に比べれば、他の男性など到底魅力的に思えないのも仕方ないかもしれません。それは当然のこととも言えるでしょう。 しかし、いつまでも元彼の残像を追っていても前には進めません。少しずつでもいいので、他の男性に目を向ける意識を持つようにしてみてはどうでしょうか。 もしかすると、あなたのことをしっかり見ていてくれている人もいるかもしれないのです。元彼が忘れられないからといって、可能性を捨てずにいることが大切ですよ。

元彼との将来を夢見すぎていたから

元彼との結婚を抱いていた女性 元彼と結婚することを夢のように見ていた場合もそう簡単には忘れられませんよね。 「結婚しようね」などと約束をしていたなら、なおさらです。元彼と結婚して、元彼の子供を産んで幸せな家庭を築きたいと願っていたのですから、忘れられませんね。 「大好きな人との結婚」というのは女性の夢であり憧れです。これを夢見ない女性はいないのではと言ってもいいくらいです。それくらい女性にとって大好きな人との結婚は大切なものなのですね。 それなのに、別れてしまっては「結婚したかったのに・・・」と未練が残ってしまいます。いつまでも元彼との結婚の夢を忘れられず、心の奥にしまっているのです。これでは忘れられるものも、忘れられないですよね。

気持ちに気付く瞬間

彼の気持ちに気づいた女性

元彼と一緒に聞いた音楽が流れたとき

元彼と一緒にいたときに流れていた音楽を聴いたときには元彼への気持ちに気づくことでしょう。 例えば元彼の車の中でよく一緒に聞いた曲がたまたま入ったカフェで流れていたりすることもありますよね。そうしたときには「車の中で聞いたな」と思いだし、胸が苦しくなるでしょう。 この曲は元彼の曲!と決めている人もいるかもしれませんね。「これを聞くと元彼を思い出せるの」という人もいることでしょう。 元彼との曲を思い出して、胸が苦しくなるときはまさに元彼への気持ちに気づく瞬間です。

元彼と同じ匂いがしたとき

元彼と同じ香水をつけている女性 元彼と同じ匂いを感じたときには気持ちに気づくことでしょう。 例えば元彼が使っていた香水と同じ匂いがしたとき。「ああ、まだ忘れられていないな」と再確認するのです。彼はまだ私の中にいるんだな、と感じます。 また、元彼が吸っていたタバコと同じ匂いが香ってきても、胸は切なくなるものですよね。「このタバコの匂い・・・彼のと同じだ」と思い、元彼への気持ちに気づくのです。 同じ匂いがしただけでも、胸はキュンとして切なくなりますよね。ときには涙がこみ上げてくることもあるでしょう。 大好きだった元彼の匂い。それと同じものをかいだときには気持ちに気づかずにはいられません。

元彼が乗っていた車と同じものを見たとき

元彼の車でよく一緒にドライブしていたなら、元彼と同じ車を見れば思い出すことでしょう。「また、乗せてくれないかな」と思わずにはいられないかもしれません。 もう今は他の女性が乗っているかもしれないと考えれば、心の中は乱れずにはいられないかもしれません。「あの車は私が乗っていたのに!」と思いたくなりますね。 車というのは、二人だけの特別な空間です。そのため、思い出として残りやすくなります。同じ車を見ると元彼のことを思いだして気持ちに気づくことは当然のことかもしれませんね。

元彼が忘れられなくて辛い時の対処法

元彼を忘れずに辛い女性

無理に忘れようとしない

元彼が忘れられなくて辛い時は、無理に忘れようとするから辛いときもあります。「こんな思いが残っていてはだめだ」と思うからこそ、辛くなるのです。 ですから、「無理に忘れなくてもいいんだ」と思ってみてください。そうすると、不思議と心が楽になることがありますよ。自分の「忘れられない気持ち」を許してあげてくださいね。

自分の感情を受け入れる

元彼を忘れられない感情すべてを受け入れてあげてみてください。辛いなら辛い感情を、切ないなら切ない感情をただただ受け入れるのです。 「あ~今こういう感情を感じているのだな」とその感情に気づいて受け入れてあげてください。感情は気づいてもらうだけでも、浄化していきます。スーッと楽になっていくことでしょう。

まとめ

晴れ晴れとした女性 いかがでしたでしょうか。元彼への忘れられない気持ちの理由と気持ちに気づく瞬間について書いてきました。「そのとおり」と共感するところもあったのではないでしょうか。 本当に大好きだった元彼を忘れることは簡単ではないかもしれません。ふとした瞬間に、気持ちに気づいてしまうことも何度もあることでしょう。そのたびに胸が苦しくなってしまうかもしれませんね。 元彼のことを思いだすのもいいことです。気持ちをすぐに消そうとする必要はありません。しかし、あまり後ろ向きにならず、前を向くようにすると少しずつ元彼への思いが消えて、楽になっていけるかもしれません。 無理に消そうとはせずに、自然に楽になっていけるといいですね。

記事が気に入ったらシェアしてね!