シルバーのライオンの特徴は?

「シルバーのライオン」こと「傷つきやすいライオン」。動物占いでライオンのカラーは4種類あり、他には「我が道を行くライオン」「統率力のあるライオン」「感情的なライオン」があります。この中だと何だか一番ネガティブなイメージに見えますが、実際はどうでしょうか? 実は良い意味でも悪い意味でも、ライオンらしくない性格だったりします…。こちらでは、「シルバーのライオン」こと「傷つきやすいライオン」について、徹底的に解説致します!

名前通り「傷つきやすい」!

非常にナイーブで、すぐに傷つきます。ライオンのカラーの中では変わっていて、反論を言われたりすると怒る代わりに傷つきます。何かとすぐに落ち込んでしまうでしょう。 しかし、「傷つきやすい」ということは「相手の痛みが分かる」ということでもあるため、決して悪い意味だけではありません。相手の痛みがわかるため、相手の気持ちに立って考えることが出来るのです。

リーダーシップ性が低い

「傷つきやすい」という特性のため、指導者としての立場にはやや不向きです。動物占いでのライオンの性質で「リーダーシップ性が高い」というものがありますが、「シルバーのライオン」だけは例外的に指導者にはあまり向いていません。 どちらかというと、サブリーダーや参謀のような立場のほうが向いているかもしれません。

ライオンらしい特徴が少ない

ライオンの特徴として「主導権を握りたがる」「大雑把」「自分の意見を最優先する」「頭の切り替えが早い」という部分がありますが、「シルバーのライオン」の場合、この要素が少ないです。 共通する部分は合理的なところと、プライドが高いという部分くらいでしょうか?「本当にライオンか?」と思うほどライオンらしくない、おとなしい雰囲気を持つ性格です。

【女性】愛想が良い高貴な女性

何事も慎重に慎重に対応する堅実性の高い性格です。周囲からは非常に良いイメージを持たれることでしょう。プライドも高いですが、表に出さないため嫌味を感じさせません。その上明るく社交性も高い、素晴らしい性格です。 また、辛い時にも愚痴をこぼすこともなく、内面的にも非常に強いです。しかし「シルバーのライオン」は「傷つきやすいライオン」。周りからは「素敵な人物」に見えても影では必死な努力をしています。

【長所】強く優しい女性

愛想が良く、それでいてサバサバとした女性です。社交性が高く相手とはちょうどいいバランスの、適切な距離の関係でいれます。 また、「石橋を叩き過ぎて壊す」ほど慎重な性格です。動物占いのライオンとしては珍しく、感情のコントロールを得意とし、いつでも慎重な判断を下せます。精神的にも強く、弱い面を見せようとはしません。 反面、恋人や特に親しい人物と居ると甘えん坊な面も見せます。

【短所】傷つきやすい…

実は短所という短所はありません。常に冷静な判断を下しますが、愛想の良い性格なため周囲からの評価は良いです。男性と違い、感情のコントロールも上手です。 強いて悪いところを言えば、名前通り少しだけ「傷つきやすい」ことでしょうか。しかし後を引きずる様な性格ではないため、それほど悪い部分では無いでしょう。

【男性】痛みのわかる優しい人

「傷つきやすいライオン」という名前通り傷つきやすいですが、その分相手の痛みもわかる、思いやりの強い人物です。他のカラーのライオンは、どれも高いリーダーシップ性を持ちますが「シルバーのライオン」はそれを持っていません。そのせいか、特に強引な性格でもありません。 色々と性格にクセはありますが「百獣の王ライオン」ではあるので、根っこには強いパワーと強運を秘めています。何かと紆余曲折はあるでしょうが、乗り越えていく力は持っています。

【長所】自分に厳しい!

全く甘えが無く、失敗を恥だと考えています。ライオンらしくない性格が目立つ「シルバーのライオン」ですが、「自分に厳しい」という面だけはどのカラーのライオンよりも強いです。弱音は吐きません。その分内面では傷ついてしまうようですが… また、野性のカンには全く頼らずデータ重視の思考です。物事を考える時は、データなどを集めれるだけ集めて判断します。

【短所】周囲からは冷酷な人物と見られてしまう

自分に厳しいということは、自分に近しい人物にも厳しいという事です。身内ほど非常に厳しい性格です。その態度が「冷たい人物だ」と周りから勘違いされることもありかもしれません。情に流されない判断力も、悪くとられてしまうかもしれません。 また、長所の「データ重視の思考」ですが、逆に言うとデータが集まらない新しい物事に関しては、非常に消極的です。

シルバーのライオンの恋愛は?

ライオンらしくない「シルバーのライオン」の恋愛はどうでしょうか?「傷つきやすいライオン」は、恋をすると相手のことを中心に考えます。相手のために何が何でも、それこそ自らを傷付つけてでも相手に尽くします。 また、女性と男性とで理想のタイプが違います。

シルバーのライオンの理想のタイプは?

男性の場合は芸術的なセンスのある、愛想の良い女性がタイプです。自分には持っていない要素がある異性に惹かれる傾向があります。ちなみに「愛想の良い」という特徴を持つ同じ「シルバーのライオン」同士でも、相性はそこそこ良いです。 女性の場合は堅実的な思考を持っている男性がタイプです。女性の場合は考え方が似た人物に魅力を感じます。地に足が着いた考えを持った人物ですね。現実的な考えの中でも多少の独自性を持っている人なら更に良いでしょう。

シルバーのライオンとの付き合い方は?

何かと傷つきやすい性格です。恋愛感情が絡むとさらにそれが加速します。何気ない一言で傷つけてしまうかもしれません。 といっても、そこまで簡単に傷つくような性格でもありません。しかし、「シルバーのライオン」もあなたを気遣ってくれることが多いので、誠意のある対応をしたほうが良いでしょう。

【相性良】感情豊かな黒ヒョウ

名前通り「感情豊かな黒ヒョウ」は、器用で努力家です。気分にムラがあり飽きっぽい部分もありますが、おせっかいな面もある「シルバーのライオン」がフォローしていくと良いでしょう。そもそも黒ヒョウ自体がライオンとの相性が非常に良いです。 しかし束縛されることを嫌うため、仕事上でのパートナーとしては少し付き合い辛いかもしれません。それ以外での友人としての付き合いや、結婚相手としてなら概ね相性は良いです。

【相性悪】無邪気なヒツジ

目立つのを嫌って本音を言わない「無邪気なヒツジ」は、警戒心が強く本音を言わない「シルバーのライオン」とは相性が悪いです。 仕事上、友人、結婚相手としての相性は最悪です。しかし、ライオンの男性とヒツジの女性の場合のみ恋人関係の相性は良いです。その場合、自立心の高い「シルバーのライオン」に自立心の低い「無邪気なヒツジ」が依存する関係になりそうです。 ライオンの女性とヒツジの男性の場合は、ヒツジの男性のほうが束縛を嫌うため上手くいくことは無いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?「シルバーのライオン」こと「傷つきやすいライオン」について解説致しました。ライオンらしくない、少しクセのある性格ですよね。 ちなみに有名人では小泉純一郎元首相、いとうあさこさんが居ます。もしあなたが「シルバーのライオン」なら、周囲に何かを言われてもあまり気にしないようにした方が精神的にも良いでしょう。

記事が気に入ったらシェアしてね!