Middle %e5%b7%b1%e4%b8%91

目次

四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に⽣まれた陰陽思想と五⾏思想が発展した「陰陽五⾏説」を ベースとした⼈間の恋愛や仕事や財産といった命運を占いになります。⼈が⽣まれた年、⽉、⽇、時を それぞれ「年柱」「⽉柱」「⽇柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った 占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

⼲⽀・⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀)とは?

陰陽思想と五⾏思想が結びついたことにより、⼗⼲と⼗⼆⽀が組み合わさって⼗⼲⼗⼆⽀(六⼗⼲⽀、 天⼲地⽀)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に⼗⼲⼗⼆⽀があると思っていただけ たらと思います。⼗⼲は甲から始まり癸の計10個で終わり、⼗⼆⽀は⼦から始まり亥の計12個で終わ ります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥が⼲⽀の終わりとなり、10と12の最⼩公倍数である60 が⼲⽀の数になります。

十干の「己(つちのと)」の意味

「己」は十干の六番目、陰陽五行説では土性の陰に当てはまります。三本の横線が整然と並んでいる形から植物が充分に成長し、整然と並んでいる状態を表しています。 「己」という字は大地や畑をイメージしています。つまり、「己」の人は世の中の様々な出来事に対して献身的に尽くすことができる気持ちを持っているということを意味しています。  

十干支の「丑(うし)」の意味

丑は、干支の中では2番目の位置にあります。丑は牛(うし)を意味し、陰暦の12月に当たり、陰陽五行説では土性の陰で、季節は冬、月は12月、時刻は1時~3時、方角は北東微北を表します。 丑の人はじっくりと粘り強く、誠実に行動することができます。計画性をもち、辛抱強くじっくりと丁寧に取り組むので時間はかかりますが仕事などの仕上がりは正確です。自分の意思をしっかりと持って物事に折り組むため、時に頑固になってしまい、自分の考えや意見を押し通してしまうこともあります。

己丑女性の性格は?

見た目はおっとりさん

己丑の女性は物腰が柔らかで人当たりがよいので、第1印象はおっとりとしていると思われることが多いです。せかせかと行動することもあまりないので、ドンと構えていて安心感があります。

プライドを持っている

見た目がおっとりとしているのでのんびりしている人なのだろうと思って付き合ってみると、実は強い信念を持っている人だということに気づくでしょう。見た目とのギャップにびっくりしてしまうかもしれません。

現実主義

常に現実をしっかりと見据えています。今何が起こっていて、自分は何をするべきかということを的確に判断し行動を起こしています。見た目はゆったりとしているので「夢見る夢子さん」のような印象なのですが、性格はまるで真逆。現実をしっかりと見つめているしっかり者です。

戊子男性の性格は?

見た目は近寄りがたい存在

とてもまじめで実直な人です。自分から積極的に行動を起こすタイプではないので、最初は近寄りがたい存在に思われてしまうかもしれません。

実はとっても心優しい人

近寄りがたい存在と思われてしまうけれど、話してみると実はとっても心優しくて思いやりのある存在だということに気づくでしょう。裏表のない性格なので、信用できる人なのです。

決断力にかけることがある

物事をじっくりと考えて行動を起こすので、いざという時の決断力にかけることがあります。じっくりと時間をかけて考えることももちろん大切なのですが、いざという時に決断できないとチャンスを逃してしまうこともあります。考える力をしっかりと持っているので、即断できる相談相手がいると、己丑の人の良い部分をより引き出してくれるでしょう。

己丑の恋愛傾向は?

己丑女性の恋愛傾向

プライドを持ち、現実をしっかりと見据えている己丑の女性は相手にもしっかりと自分を持っている人を求めます。個性的で、自分から行動できる男性が己丑の女性にとって魅力的な存在です。 ただ、見た目がガツガツとしている人はあまり好みません。見た目はゆったりとしているけれど芯はしっかりと自分を持っている、つまり己丑の女性と似たような性格の男性と出会えると、よい恋愛関係に発展できるでしょう。

己丑男性の恋愛傾向

優しく温かい雰囲気でとても穏やかな性格なので、相手にも同じものを求めます。ものすごく積極的な人はあまり相性が合いません. また、己丑の男性は内に強い信念を持ち、自分の考えをしっかり持っているのでそれを否定されたりするのは苦手です。 己丑の男性にとって一番相性がいいのは自分の考えを認めて受け入れてくれる心の広い女性です。

己丑の相性は?

恋愛・結婚の相性が最高なのは甲子(きのえね)の人

甲子の人は我が道を行くタイプ。自分で決めたことに対してまっすぐまじめに取り組みます。一見するとしっかり者のイメージがありますが、内心はとっても寂しがり屋。ふと心に寂しさが募ったときに己丑の人の包容力がとても助けになります。自然な恋愛関係を築くには最高の相性と言えるでしょう。

相性が良いのは丁酉(ひのととり)の人

社交的で誰とでもよい関係を保つことができる丁酉の人ですが、実は自分の考えをしっかりと持っていて他人の意見に流されない頑固さも持ちわせています。その頑固さが時にトラブルに発展してしまうこともありますが、人の好さがトラブルを解消してくれることもしばしばです。己丑の人はそんな丁酉の人の性格を自分のことのように感じ、認めることができるでしょう。

相性が悪いのは甲戌(きのえいぬ)の人

甲戌の人はとても合理的でテキパキと物事をこなします。周囲を見据えて行動をするというよりは、自分がリーダーシップをとるというタイプなので、時間がかかってもじっくりと物事に取り組む己丑の人からすると甲戌の人は相性が合いません。

己丑の2017年運勢は?

総合運

社会的な地位が向上する兆しがあります。生活においても仕事においても積極的に取り組みましょう。ボランティア活動などもいいでしょう。自分磨きのための習い事やファッションやヘアスタイルなどのイメージチェンジもおススメです。 ただし、自分のことばかりに気を取られて周囲の人への配慮を怠ってしまうと運気が下がってしまいます。特に年上の人への配慮は忘れないように心がけましょう。

金運

可もなく不可もなくといった運気です。だからと言って入ってきたお金を使わずに貯蓄してしまうのもよくありません。自分磨きのための勉強などに投資するのが一番良いお金の使い方と言えるでしょう。浪費をせず計画的なお金の使い方を考えていくと、金運が低迷することはないでしょう。

恋愛運

あまりよくありません。その原因は決断力にかけるところかもしれません。よい関係になりかけている人がいても、そのチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。今年はいざという時の決断力を磨くことが恋愛運アップのカギと言えるでしょう。

仕事運

大きな失敗はありません。じっくりと物事を進めていく性格なのでスピーディーな人からは何か言われてしまうこともあるかもしれませんが、言われたことを真正面から受けて傷ついたりしていると前進することができません。仕事だけに打ち込むのではなく、仕事以外の時間に趣味などでリフレッシュをしましょう。うまく気分転換をすることで、仕事がうまくいくこともあります。

己丑のまとめ

優しくて流されない性格の己丑の人は、いつも落ち着いて行動をすることができます。競争社会には向かないかもしれませんが、じっくりと人間性を磨くことのできる人です。そんな己丑の人のことを悪く言う人はいません。信頼も得ることができるので、自分自身を信じていけば素敵な日々を送ることができるでしょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。