四柱推命とは?

四柱推命とは、古代中国の春秋戦国時代に生まれた陰陽思想と五行思想が発展した「陰陽五行説」をベースとした人間の恋愛や仕事や財産といった命運の占いになります。人が生まれた年、月、日、時をそれぞれ「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」と呼び、この四つの柱からなる「命式」という表を使った占術のため四柱推命と呼ばれるようになりました。

千支・十千十二支(六十千支)とは?

陰陽思想と五行思想が結びついたことにより、十千と十二支が組み合わさって十千十二支(六十干支、天千地支)ができました。詳しくは割愛しますが、四柱推命の元に十千十二支があると思っていただけたらと思います。十千は甲から始まり癸の計10個で終わり、十二支は子(ね)から始まり亥(い)の計12個で終わります。この最後の癸と亥が組み合わさる癸亥(きがい)が干支の終わりとなり、10と12の最小公倍数である60が干支の数になります。

干支の「庚」の意味

庚戌は、金性の陽の「庚(かのえ)」と、秋の土性の陽の干支である「戌(いぬ)」が重なってできている47番目の干支です。庚は十干の7番目で、庚の字は同じ音の「更」とつながり、草木の成長が終わって新たな形に変化する状態を表します。本来、金性の陽の庚は鋭い刃(やいば)のようなイメージで、正義感が強く強固な意志をもつ性格です。行動的でエネルギッシュな性質を表します。

十二支の「戌」の意味

戌は十二支では11番目に当たり、陰陽五行説では土性の陽になります。季節は秋、月は9月、時刻は19時~21時、方角は北西微南を表します。戌は「滅(ほろぶ)」につながり、草木が枯れていく状態を表します。また、戌の人物像は、どっしりとそびえ立つ山のような安定感があります。世話焼きで、面倒見が良くて周囲が思わず頼ってしまうほどの安定感の持ち主です。戌の干支の動物は「犬」に当てられ、犬はお産が軽いため安産のための帯祝いは戌の日が吉日とされています。

庚戌女性の性格は?

目立ちたがり屋

庚戌女性は、プライドが高くて何事もトップクラスでないと気が済まない性格です。スポーツでも負けず嫌いで、必死に戦います。2番手では納得しないので、常に1番を目指すのです。トップを走り続けることで目立ちたがる性格です。

チャレンジ精神が旺盛

トップを走ることによって、いろんなことにチャレンジすることを覚えるのです。同じことの繰り返しでは、新しいことに対応できないからです。そして、新しい事にも積極的に挑戦するのです。チャレンジ精神が旺盛なのです。

自己中心

庚戌女性は、人がやらないことにも挑戦するので、マイペースでゆっくりしている仲間から浮いてしまうことも起こります。そんな時でも、プライドが高いので挑戦する意欲は衰えず、自己中心的な性格になることもあります。しかし、そういった経験が積み重なって信頼を得て、責任あるポストに抜擢されて能力を発揮できるようになるのです。

庚戌男性の性格は?

内気でおとなしい

庚戌男性は、生真面目な性格で派手さはありませんが、仕事も恋愛もそつなく行動します。 目標を決めると真剣に取り組むのですが、性格的にゆとりがなく遊びがありません。そのため、社交性は良いとは言えず気難しいと思われるのです。このように、庚戌の男性は内気でおとなしい性格なのです。

頭が固い

庚戌男性は、性格的にゆとりがないので、自分のすべき仕事に心を奪われてしまい、周りが見えなくなるのです。環境が変わったり、何かの事情で方針が変更されても、臨機応変に対応することが下手なのです。庚戌男性は、頭が固いと言われて活躍する場所が狭くなってくるのです。

好きなことには熱心

活躍の舞台が狭くなっても、自分の得意とする分野であれば能力があるので、十分に実力を発揮することができます。みんなで協力して作り上げる仕事でなく、個人の責任で行う仕事では、人並み以上の結果を残すのです。庚戌男性は、好きなことには熱心で、思いがけない成果を達成するのです。

庚戌男性&女性の恋愛傾向は?

庚戌女性の恋愛傾向

庚戌女性は、恋愛に対しては生真面目でおっとりした性格です。目立ちたがり屋なのですが、好きな男性には急いでアプローチするのではなくて、じっくりと判断してから接触して行くのです。相手の男性は、イケメンにこだわらず、その人の人間性や能力に惹かれるタイプです。遊び半分の恋愛は、全くできません。庚戌女性の恋愛運は強いので、最高の男性が現れるまで、じっくりと腰を据えて待ってください。

庚戌男性の恋愛傾向

庚戌男子は、見た目は優しそうでおとなしく、社交性は少ないようです。口数も少なく声も小さいので、異性と話をするのは苦手な感じです。しかし、仕事と同じで、好きなことにはたいへん熱心で努力するように、気に入った女性が見つかると、彼女のことを熱心に調べます。周りの人に気付かれないうちに、きっちり交際を申し込むような得意技を持っているのです。人情家でもあるので、意外と成功率も高いようです。

庚戌の相性は?

理想の恋人&結婚相手は「己卯(きぼう)」

己卯は、土性の陰の「己(つちのと)」と、春の十二支の「卯(う)」が重なってできている16番目の干支です。種まきを待つ春の田畑のイメージで、これから物事が始まるという直前の状態なのです。新しい事にもチャレンジできる状態なのです。これは、庚戌のチャレンジ精神と合致するので、庚戌と己卯は相性が良いのです。

「乙卯(いつぼう)」が相性抜群!

乙卯は、木性の陰の「乙(きのと)」と、春の十二支の「卯(う)」が重なってできている52番目の干支です。卯は陰陽五行説では木性の陰で、乙と同じくどちらも木性の陰が揃っているのです。陰が揃うと頑固な性格であることを意味しています。庚戌は金性の陽が強いので正義感が強く頑固な性格であり、乙巳と庚戌は性質が似ていることから相性が良いのです。

「戌辰(ぼしん)」は相性最悪!

戌辰は、土性の陽の「戊(つちのえ)」と、春の十二支の「辰(たつ)」が重なってできている5番目の干支です。戊は土性で大きな山を表し、辰の季節は春なので、戌辰とは春の山に草花が咲き乱れ、これから大木が大きく育つのです。戌辰の性格は大器晩成の運勢であり裏方の努力を好みます。これに対して、庚戌は表立って先頭を走るのが好きな性格で、スローペースな戌辰と庚戌とは性格が異なります。相性は悪いようです。

庚戌の2017年運勢&総合運は?

庚戌の総合運

庚戌の人の2017年の総合運は、仕事も恋愛も良い方向に進んでいる状態です。地道な努力とチャレンジ精神で仕事の幅を広げて人脈も増えてきています。庚戌の人をバックアップする協力者も現れて、後はアナタが決断をする時期を待つだけです。そのためには、課題の本質からズレている作業や行動を取り除き、簡素化を進めることにより決断しやすくなるのです。

庚戌の金運

庚戌の2017年の金運は、収入は増えますが出費も増えるので、差引はあまり変わらない1年になります。地道な努力の評価を受けて昇進しますが、交際の幅が広がって出費が増えるのです。それと、親しい友人や知人とのお金の貸し借りや新規事業などへの投機は注意が必要です。ギャンブルも今年は控えるようにします。まずは、着実な仕事を続けて蓄財に励んでください。

庚戌の恋愛運

庚戌の2017年の恋愛運は、好調に推移するでしょう。責任感が強く約束事はきちんと守るので、恋愛の相手から信頼されるようです。ただ、気持ちを相手にうまく伝えることができないので、内心は悶々としながら過ごす1年です。これを打破するには、照れずに積極的に愛を告白するのが良いでしょう。

庚戌の仕事運

2017年は、様々な仕事を経験する年になります。庚戌の人は、忍耐強いので辛い仕事でも耐えることができます。熱心に継続することで、実績も評価も上がって責任ある地位に就く運気があります。しかし、その時の雰囲気で軽はずみに仕事を変えると、後で後悔することになります。与えられた仕事を、臨機応変に対応して着実に処理をしてください。

庚戌のまとめ

庚戌の人は、2017年は仕事も恋愛も多忙な1年になりそうです。庚は金性の陽で鋭い刃のイメージですが、同じ音の「更」の漢字とつながっていて、植物の成長が止まり新しい形に変化する時期でもあります。仕事も恋愛も新しいステージに移り、飛躍する年であることを暗示しています。期待できる1年でもあります。

記事が気に入ったらシェアしてね!